意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『カフェ・アンディーブ』奈良高田市幸せの黄色いカフェ

関係ないけどこのカフェの名前を一発変換したら
「アンディー部」になります。

部活かよ。

部長がアンディーなのね。
毎日部員は部長が満足する「カフェ」を探して東奔西走するの。

「いかがですか!?アンディーさん!」

「ん。いんでない?」

「あざーっす!!」一同、礼!

みたいなね。ふふっ。

ああすみません、かのん本職で
こんな文章ばっかり書いてるのでつい病気が。
カフェレポでは「くだらないことは書かずに、
必要な情報をシンプルに」を心がけてます。
最近長文化してきてるので気を引き締めないとね!!

f0134769_1243993.jpg

さて『春のランチオフ』の前日、
東京に嫁に行った友達が帰ってくるというので、
久しぶりに地元に帰ってお茶に行きました。
ここはかのんが高田に住んでた頃、
「行きまくった」カフェです。
それだけに改めて紹介すると、
辛口になりがちですが…。

カフェは国道24号線沿い。和歌山方面行き、
高田バイパスとの交差点の手前にあります。
題字に書いたとおり「黄色い」カフェ、
とっても目立つのですぐわかりますよ。
広い駐車場もあり。

明るい店内は3階建て。
3階では結婚式の二次会やパーティーができます。
ここの二次会に参加したことがありますが、
お料理も美味しかったです。
1階は「喫煙可」、2階は「禁煙」の設定です。
(1階が「禁煙」だったら子供さん連れにもいいのになぁ)

ここは「ランチメニュー」が充実。
日替わりランチは780円。
その日に入った「良いもの」が食べられます。
他にも「ハンバーグランチ」900円。
890円の「パスタランチ」「コロッケランチ」、
野菜中心の「ヘルシーランチ」、
「ステーキランチ」1200円があります。

一般的なメニューですが、それぞれカフェメシ風で
見た目もかわいいです。
ちょっと男性には量が全体的に少ないかな?
ご飯はおかわり自由。
それぞれにプラス200円でドリンクがつけられます。

カフェメニューも、
注文を受けて表面にカラメルを炙ってくれる「クリームブリュレ」や、
「ミルクレープ」、「カスタードとりんごのタルト」、
「シフォンケーキ」、「たっぷりカボチャプリン」があったりして、
「ちょっとそこでお茶」には大満足です。

夜は…パスタとか食べられるけどあくまで「カフェ」なので、
「ちょっとお腹がすいたのでパスタでも」の要求には十分ですが、
ディナー目的にはちょっと物足りないかな?

あ~;元地元なのでレポしにくい!
行き倒したカフェだけに、「ここはもうちょっと」とか
「このメニュー昔の方が美味しかったなぁ」とか、
余計な情報がありすぎるんですよね!

「このカフェを目的にドライブ」…にはちょっと弱いけど、
あらゆる客層の「ちょっとカフェに」に十分応えてくれる、
「普段使いのカフェ」。
ここはかのんにとってはそういう位置付けです。
通りかかったときには、立ち寄ってみてくださいね。


久しぶりに会った友達はいきなり「妊婦さん」になってた!
隣に座った男の人が中学校の体育の先生だった!!
(先生ごちそう様w)
ええ、かのんにとって、ここはそんなカフェ。

『カフェ・アンディーブ』
奈良県大和高田市東中2-11-20
Tel / 0745-23-6789
Fax / 0745-23-6790

OPEN / 11:30~22:30
ラストオーダー / お食事 21:30
ドリンク・デザート 22:00
定休日 / 火曜日(祝日は除く)
P / 35台

HP上に地図あり。
[PR]
by caferepo | 2007-04-20 12:41 | 奈良南部カフェ