意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『そば小舎』奈良大和高田一食の価値あり手打ち蕎麦!!

おうどんとお蕎麦ではどちらがお好きですか?
かのん断然うどんのほうが好きです。
しかも好きなのは「カ○キチの冷凍うどん(5食入り)」です!

そんな事はさておき、蕎麦です。

旦那様が蕎麦好きなので食べる機会は多いのですが、
「美味いと評判の蕎麦屋」に行っては、なんだか蕎麦が口の中で
がさがさボソボソぶつぶつ、つゆは甘いわ辛いわで、
ちっともいい思いのないかのんです。

先だっての長野行きの時も、旦那様のおばあちゃんが
「オレ蕎麦なんかボロ食ってるみてェで好きじゃねェだ。
ラーメンのほうがうンと好きだ。」
と仰っておられて、なるほど!と思いました。

ですが、そんなかのんの目のウロコを
ぺりりと剥がす蕎麦屋が現れましたよ!
f0134769_2113297.jpg


またも地元奈良県は大和高田市『そば小舎』です。
最近地元愛なんじゃないの、かのんさん?
いやいやほんと、かのんだけじゃなく
一緒に行ったチャッピーちゃんもお墨付き。
実は津々浦々「美味い蕎麦」を食べ歩いている彼女が、
「あたしいろんなところで蕎麦食べたけど、地元でこれ
食べられるんなら、他所に行く必要なんて無いと思うわー。」
と賞賛するお店です。

商店街近くの小さなお店、大きなテーブルが一つだけ。
お父さん一人で蕎麦から接客までこなしています。

まだちょっと「ざる」の美味い季節には早い初夏、時間も早かったせいか、
お客はかのんとチャッピーちゃんの二人だけののんびりとした店内です。
ざる蕎麦650円を注文。
大盛りは1,000円(この大盛り、きっちり量が2人前)。
挽きたて、打ちたて、ゆがきたての3たてのお蕎麦、
出てくるまでにはちょっと時間がかかりますが、
そう急く用事も無いのでのんびり待ちます。
f0134769_2115491.jpg


お待たせしました、と持って来て下さったお蕎麦は
つぶつぶがありながらも細くって、なんと半透明です。
ほー、これが~、と「つゆ」をつけずに一口つるり。
すごーい、きりっと締まったお蕎麦はつるつるのしこしこ!
美味しい水と、蕎麦の味がします。

わー、これおいしい!
「蕎麦は口にあわねぇ」と思ってたかのんだけに、
蕎麦を誉める言葉が見当たりません。

こんなにのど越しがいいのに、「つなぎ」はほとんど使っていないのだとか。
つゆもまた美味しい!甘くも無く、
もちろん辛くも無く、口の中に変な味が残りません。
薬味は葱、大根オロシ、山葵。テーブルの「ゴマ」はかけ放題です。
食べ終わった後にあんまり美味しくって、
蕎麦湯も入れずに「つゆ」まで飲んじゃいましたよ!

二人で美味しいおいしいとおおはしゃぎするも、
お父さんは薀蓄を披露する訳でもなく
お店の端っこでニコニコするばかりです。

そうこうしているうちにお客さんが2人1人と入ってきて、
あっというまに大忙しでした。
f0134769_2121852.jpg

奈良に美味い蕎麦は無いと嘆く前に、一度食べに来てみてくださいな。
かのんにとっては目から鱗のお蕎麦屋さんでしたよ。
あっ、写真の蕎麦はかのんがかなり食べてます。
これで一人前じゃないですよ~!!

付近に駐車場はありません。高田サティに停めるか、
近鉄南大阪線「高田市駅」から歩いて5分といったところです。
HPの地図をご参照ください。

『そば小舎』
奈良県大和高田市片塩町14番5号
TEL:0745-52-5755
木曜日定休
AM11:00~PM6:00
[PR]
by caferepo | 2007-05-13 21:03 | 奈良南部カフェ