意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『cafe du un graine』京都精華町隠れ家のような素敵カフェ

『cafe du un graine(アングレーヌ)』
〒619-0235
京都府精華町東畑南山中2-1
0774-93-1724
10:00~19:00
火曜日定休日
地図です
f0134769_1413224.jpg

今回レポしたいのは、到達困難必至!
だけど、たどり着けた人には
必ずいい時間が過ごせることを約束できるカフェです。

かのんがお店を探すとき。
いつでもそれは気分と偶然です。
行きたいな、と思っててもなかなか行かないカフェもあれば、
何かのついでで近くを通るのに
「ちょっと寄ってみよっかな」って時もあるし、
その日の朝ネットで見て、「ここに行ってみよう!」って
決めちゃう時もあります。

こちらは、京田辺にある素敵カフェ『a table!(ア・ターブル)』の
元スタッフさんが始められたカフェだとか。
村にある古い理髪店の民家を改装して、
アンティークなんかも販売されてるとか。
どうですか!?行きたくなって来たでしょう?

行きかたはとってもシンプル。祝園駅の通りから3回曲がるだけ。
・・・の、はずなんですが。

祝園駅前の道を精華町役場に向かって曲がります。
役場を横目に通り過ぎ、道が細くなってもまだ真っ直ぐ。
突き当たりのT字路を左折。
そのまま真っ直ぐまっすぐ道なりに走って下さい。
この「道なり」がくせ者。
グニャグニャ山道もあれば斜めに曲がった気分にもなる
細かったり広かったり不安な道!
ですが、自分を信じて進んで下さい。
だいたい役場を通り過ぎて13分は走ります。
左手に銀色のかまぼこのような屋根の建物が「東畑の公民館」!
手前にあるのが駐車場やから、この角をシュッと曲がんねん。

少し上り坂を登ればすぐに緑色のかわいい看板と
カフェが左手に見えます。
駐車場はお店の前に二台ほど。
かのんはズルっこして公民館の駐車場に停めちゃいました。
早く閉まるかもしれないからマネしない方がいいかも。

f0134769_1421252.jpg


かのんここに来るまでに迷いに迷いました!
ターブルさんのブログにあったのは

「スタッフのなんとかさんが大体あの辺にカフェをオープンしましたよ」

ぐらいの記述をもとに走り出したのですが、見事行き過ぎ、
生駒市に入る手前で踏みとどまりました。
道は細いし、お店はわからないし、半ベソでUターンのかのん。
このまま美しい紅葉を見た気になって帰るのか…?
ダメ元で立ち話してるおばあちゃんに聞いてみました。

「新しぃできたコーヒィ屋さんのこと?」

そうそう、それです!!

少し足のお悪いおばあちゃん、わざわざかのんと
お店の見える高台まで歩いて下さって、

「あれ、あそこに見えるんがそや思うけど…。」
ありがとうございます!

「公民館のな、駐車場の角をシュッと曲がんねん。気い付けや~。」

あったかいなあ~、おばあちゃん、本当にありがとうさんでした。

f0134769_1425422.jpg

たどり着いたカフェは想像してたのよりずっと素敵!
カラカラ引き戸を開けると
明るくてかわいい女性のご店主さんが「いらっしゃいませ!」。
土間に続く壁は明るい空色、
あちこちに見られるタイルの装飾がとってもレトロポップ。

靴を脱いでお座敷にあがると、
店内は昭和をイメージした家具で統一されています。
それでいてフランス語の絵本が置いてあったり、
照明がプチゴージャスだったり、
理髪店の小物がちらほら残ってたりと、
カフェのご店主のセンスの良さが伺えます。

f0134769_1434497.jpg


かのんはブレンドだけでお願いしましたが、
カフェではランチもありましたよ!
スープ、パスタ、ケーキ、ドリンクのセット、1,300円。

メニューには書いてませんでしたが、
ケーキセットも存在する模様。
(隣の人が頼んでたのを目ざとく見てたのさ。)

この日のケーキは抹茶のシフォンケーキ。
お願いすれば奥の個室でディナーもできる…らしい。
同じくお隣のお母さんが
「クリスマスディナー、ここでお願いしてん~」って
お話しておられたので。

お店の人は二人だけみたい。
少し遅くなっちゃっても堪忍してあげてくださいね。


帰り際、「ターブルさんのブログを見て来ました」ってお伝えしたら
「ええっ、あれって住所しか書いてなかったんじゃ。
よく来られましたね~!」ってびっくりされました。


ええ、おばあちゃんのおかげなんですよ。


お店の名前は「一粒の種」って意味なんだって!w

f0134769_144332.jpg


ファイブスタイル ブログランキング


追加情報です。

えっとかなりかのんの難しい道案内よりすんなり行ける道がありました。
「京阪奈プラザ」の前を通って、「パティシエヤマダ」の手前、
京セラと島津がある交差点を右折。
突き当たりの「T字路」を左折。
少し行くと右手に「un graine」という看板のある空き地があって
そちらが広い駐車場です。
(左手には銀のかまぼこの屋根の公民館が見えるはず!)
2008年9月の「leaf」にも載りましたね~w応援してますv
[PR]
by caferepo | 2007-12-08 01:46 | 精華町カフェ