意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

『field note(フィールド・ノート)』奈良尼ヶ辻雑貨フォンダンショコラとX'mas

『field note(フィールド・ノート)』

tel:0742-36-7227
奈良市四条大路2丁目2-77
営業時間11:00-18:00 

定休日毎週月曜日
HPは未作成の模様。
地図です

f0134769_1153037.jpg


皆様のお家はもうクリスマスの飾り付けはされてますか?
ツリーを飾るお家、お庭のイルミネーションがにぎやかなお家、
みんないろんな形でクリスマスを楽しんでますよね!

え、かのんちですか?何にもありませんとも。(きっぱり)
あ、いやいや、したいことがあるんだけど、
それがもう少し時間がかかるもんだから。
綺麗に出来たら報告しますね。

カフェレポ検索トップ10に必ず入ってくる
『フィールド・ノート』に行ってきました。

大阪からの帰り道、かのんの実家にほど近くにお店があるので、
うきうき寄り道です。
国道24号線京都に向かう高架を上らずに、
大阪方面に向かって側道に入ると、
すぐ「ゴルフのナントカ」のある交差点を左折。
すぐに左手にお店が見えると思います。

五時半を過ぎたばかりだというのにもうとっぷりと日が暮れて、
なんだか寒さに鼻の奥がつんと痛くって。

・・・冬ですねえ。

お店の暖かいオレンジ色のライトアップを見たときには、
なんだか心底ほっとした気分になりました。
ヤマボウシやヒメシャラは
もうすっかり枝だけなのにとってもいい雰囲気。
これってクリスマスプレゼントを探しに行くには
ぴったりの時期じゃない!?

実はこの日、「旦那様のプレゼントを買いに」なんて
かわいらしいことは全く考えておらず、
「ただ寄ってみただけ~」のかのん。

あっ、そういえば『パン・ドゥ・キュイソン』のパン、
ここで食べられるよね!なんて
色気より食い気全開です。

お店にはオープンすぐに来たきり。
遅い時間ともあって人はまばらで、
その時とはうって変わってゆっくり雑貨を眺めることが出来ました。

オープン時と違ったのは一番奥の一角が
カフェスペースからイベントスペースになってたこと。

この日はトルコの伝統的な織物、「キリム」を販売しておられました。
やわらかい光に照らされて見る
たくさんのキリムはそりゃあ美しかったです。
f0134769_1162629.jpg


ため息をついて振り返ると、『キュイソン』のパンが。

仕舞いまえともあって、パンは少なかったのですが、
そこにはなんと、かのんがずっと食べたかった

「フォンダン・ショコラ」が!!


すっ、すいませんっ、これって中のチョコがトロッと温かいやつですよね!?

「そうですよ~、レンジで少し温めるだけで美味しく食べられますよ。」

えっ、あのっ、お家でも美味しく食べられるんですよねっ!?

「こちらでお召し上がりもできますよ。ご用意しましょうか?」

是非ともお願いします!

一緒にオーダーしたのはカフェオレ。
窓際の席に腰掛けて待つことしばし。
店内に静かに流れるクリスマスソング、窓の外には冬の庭。
ああ、やっぱり冬はいいなあ。

程なく持ってきて下さった「フォンダンショコラ」、
かわいい木のプレートにこれまた素敵なカップに入ったカフェオレ。

f0134769_1201998.jpg


かのん、ずっとずっとこの温かいデザートが食べたくって探してたんです!
メニューにあるカフェはあったけど、
かのんの食べたい「ふわっ、トロッ」には遠いものばかり。

期待を込めてひとくち。


…どうしよう、これめちゃくちゃ美味しい!!

ひとりニンマリのかのん。
熱いカフェオレがすごくあう。
このひとくちごとに広がる濃厚なカカオの香りと
甘さをどうお伝えしましょうか!
ああもう、幸せ。

お店のひとに「これスッゴく美味しいです!びっくりしちゃいました」って
お伝えしたら、「でしょう~?私も大好きなんですよ!」と満開の笑顔。
いやほんと、これはわかる~!

こんな美味しいチョコレートのデザートが楽しめるのも冬ならでは。
是非クリスマスプレゼントを選んだら、
雑貨を眺めながらここで食べてみて下さい。

f0134769_1183290.jpg

2007.12.14 かのん


ファイブスタイル ブログランキング

[PR]
by caferepo | 2007-12-15 01:21 | 奈良北部カフェ