意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『ロカシカカフェ』ならまち町屋でケーキとバリ布バッグ

『ロカシカカフェ』『sisi』
住所:奈良市川之上突抜町18
OPEN:10:00~18:00
(カフェオーダーストップ:17:30)
水曜定休日です
電話/FAX:0742-24-0116
f0134769_23144224.jpg


ならまち界隈ではもうすでにとっても有名な
ケーキとカフェの『ロカシカ』、
そしてバリの雑貨と布バッグの『sisi』が
一緒になったお店であります。

えっ、ケーキとバッグ屋さんが一緒になってるの?

最初見たときにはちょっとびっくりですが、
入ってみると不思議に違和感がなくて、
ケーキを待つ間に雑貨が見られるのが楽しみだったりします。


お店はならまち界隈でも結構外れの方。
もちいどの商店街を抜けて、カレーの『楽』
(すんごく昔に一度行ったきりだけど、
とっても美味しかったんだよね~、また行きたい!)、
うなぎの『江戸川』を通り過ぎ、通りを渡ったら一本東の路地、
つまりは向かって左にずれた路地に入ると行きやすいかな。

そこからはひたすらまっすぐ!『黄花』、
『カナカナ』の誘惑に負けずに歩いてください。
『まるすらぱん』を通り過ぎて玄米カレーとグルテンフライの『あしゅーら』の隣!
同じく町屋のつくり、かわいい「シカ」の看板があるのが
目指す『ロカシカ』です。

f0134769_23151892.jpg


からからっと引き戸を開けると土間があって、
ケーキのショーケースがあります。

奈良の地酒、「春鹿」を使った「酒粕チーズケーキ」、
「季節の果物のロールケーキ」、「ホワイトチョコのチーズケーキ」。
季節のものを使ったスタンダードなものから、
「柿」なんてのもあったり。
いつ行っても楽しいケーキに飽きることがありません。
この美味しそうな感じは是非ホームページをチェックしてください。

横手の障子の向こうはカフェスペース!
靴を脱いであがると、かわいいバリの座卓が並んでます。
二人席がひとつ、四人席が三つ。
どのお席もちょっと「女の子サイズ」。
男性のお客様には狭く感じるかも…?

f0134769_23155095.jpg


例にもれず、ケーキを注文してから『sisi』にて雑貨拝見です。
バリ島で直接買い付けて来られる雑貨はどれも素敵で、
バティックを使った赤ちゃんのだっこ紐(ベビースリング)、
布だけで作られたお母さんが抱っこしながら持ち歩けるカバンなど。
足元を見ると小さい子の木のおもちゃが転がってたり。

そう、こちらは「お母さん歓迎」の雑貨屋さんなのです。
もちろん『ロカシカ』でもそうなんだと思います。
なかなかないですよね~!こういうのって。


そうしている間にケーキが到着。

かのんがこの日食べたのは「ゆずのロールケーキ」と
「モンブランショコラ」っていう「紅茶」。
紅茶なのにすごく不思議な、「モンブラン」の香りなんですよ!
もちろん丁寧に淹れられてて最後まで美味しい。
珈琲もご自慢だとか。いいなあ。

f0134769_23163166.jpg


一緒に行った雪ころちゃんは「りんごのロールケーキ」
チャッピーちゃんは「チョコレートケーキ」。
みんなグルグルして食べたけど、どれも美味しかったよ!!
雪ちゃんはこちらのケーキがかなりお気に入りの模様。
クリスマスケーキもここで注文したそうです。

美味しいケーキと紅茶、格子戸越しに見える街並みとバリの雑貨に、
なんだかちょっと現在地を混乱気味。

かなり駅からは遠いし、お店の駐車場があるわけでもない。
だけどここまでの道のりも楽しんで来られる『ロカシカ』。
是非この美味しいケーキを食べに来て下さい。

2008.2.10 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-02-09 23:19 | ならまちカフェ