意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

最近旦那様は職場に行くのに、
水筒にカフェオレを詰めて行ってます。
毎朝お弁当のついでにコーヒーを沸かして、
(もちろんコーヒーメーカですけど)
淹れたてのやつを。
やっすい豆でも淹れてすぐに飲むので十分美味しい!
かのんもご相伴に預かってます。

コーヒー豆が切れたので、
じゃあ「ちょっといい豆」でも買いに行く?

ってなわけで、ならやま大通りの「押熊」の交差点西側、
「サーティーワン」の向こうにある、
コーヒー豆の専門店『MCG珈琲』に行ってきました。

余談ですが向かいにも小さなコーヒー豆専門店、
ホームローストの『O-mar』があります。
かのんの贔屓は実はこちら。
今回は…うーん、ちょっと浮気?w
いやいや、敵状視察です!


駐車場はお店の西側、サークルKとの間に
小さな入り口があるので、見落とさないよう気をつけて。
多分結構広いと思う…。
かのんは入るの失敗してサークルKに停めましたけど;;

明るくて広い店内、ずらりと並んだコーヒー豆と、

意外にも紅茶葉!!

しかも水出し紅茶の「asum Tea」です。
この他にも買い付けの紅茶葉、
有機栽培のもの、たくさんのスタンダードティー!!

すごい。
フレーバーだったらこんなに置いてあるとこあるけど、
紅茶専門のカフェ以外でスタンダードの豊富なお店ははじめてかも。

コーヒー豆はホントにかのん、こんなに沢山の種類のコーヒー
見たこと無い、ってくらい。
これまたオリジナル、グルメ、有機栽培の3ブースにわかれて、
個々に「酸味」、「苦味」、「甘味(旨み)」、「香り」などの
グラフと解説つき!

ありすぎて迷っちゃったら、
いかにも「コーヒー好きなお父さん」といった感じの店長さんが、
懇切丁寧に「好みのコーヒー」を探してくださいます。
もちろん自家焙煎。
コーヒー器具もたくさん販売してましたよ!
店内でコーヒーを楽しむ事は出来ないのが残念ですが。

店長さん曰く「ハイクオリティなコーヒーを安価で提供」が
モットーのお店だそうです。
「ハイクオリティ」だけあって
スーパーのように安価なわけではありませんが、
ちょっといいコーヒーを飲みたい人は必見です。

かのんみたいにコーヒーより紅茶のほうが好き、な人も
ホントに是非。

帰りに「僕の先輩がオープンした喫茶店なんです。」と、
チラシを頂きました。
『渡邊珈琲店』、しかもワッフルサービス券つき!!
これは是非とも行ってみないとね!!
次のレポの場所は決まりだなっ。


買って帰ったのは挽いてもらった「ブレンド」と
豆のままの「エクアドル」。
これらがもう家に置いてあるだけでいい匂い。
食後に豆をゴリゴリ挽いて、
理科の実験みたいなやつで珈琲を淹れたら、
お家じゅうに珈琲の香りが広がりました。すごーい。

『MCG珈琲』
〒631-0011 奈良市押熊町1104-1
0742-44-7170

地図です。HPはまだない模様。
[PR]
by caferepo | 2007-04-28 13:08 | ならやま大通りカフェ
大忙しの土曜日!
カーテンを付替えてお掃除をして、
大阪まで用事に行って、
西大寺でコンタクトレンズ購入!

はぁはぁ。

ここまでやったらちょっと位自分にご褒美あげても良いよね!?


ってわけで、駅前にある三和ビル地下1階、
イタリアンレストラン、『piano(ピアーノ)』に行ってみました!
f0134769_1351036.jpg

実はカフェや食事が目的ではなく、
「フミさんのコンフィチュール」を買いに行ったんですw
(あ、いま奈良ファミリーは2時間まで駐車料金無料ですよ。)
一見ジャムのようですが、ジャムとは少し違って、
最低限の火と水しか使わない彼女のコンフィは
甘さも控えめでとってもフルーティ。
まるでフルーツソースみたいで
かのんは大好きになっちゃったんです。

なーさんから「pianoで売ってますよ!」との情報頂いたので、
早速行ってみる事にしました!


スタバを通り過ぎて、エスカレーターを降りて。
『piano』に到着。








「結婚披露パーティのため貸切とさせて頂きます」。



f0134769_1353567.jpg




……はい、いまかのんはかの大リーガー、
「イチロー」の打率を超えましたよ。
3割バッターが何ぼのモンじゃ~い!!

お店の前でまたも独りじたばたするかのん、
完全に挙動不審です。
そんなかのんを見兼ねた救いの手が。

「あの、ジャムだけだったらお買い求めいただけますから…。」

と、声をかけてくださったのはお店のスタッフさん。
ホントデスカ!アリガトウゴザイマス!!
きっとすごく悲しそうな顔してたんですねワタシ…。

お店のカウンターにはストロベリー、ブルーベリー、
バナナ、アップル、マンゴー、色とりどりのコンフィが。
忙しい店内、散々迷って(迷惑;)、
ストロベリーと、大好きなマンゴーを買って帰りました。
一個400円。お忙しいところありがとうございました。

今度来た時には必ずやステキレポを!書きたいなと思います。


f0134769_13646.jpg



それにしても…我ながら悲しくなるくらい…スゴイネ。
[PR]
by caferepo | 2007-04-26 13:02 | 奈良北部カフェ
f0134769_1304272.jpg

『ならファミリー』から「押熊」に向かって
川沿いの道を北上すると、
右手に競輪場がみえます。

「競輪」とはいいながら、
周囲には「競馬場」のような気忙しさは無く、
なんだかのんびりしてるあたりが奈良っぽい…。
ラーメン屋やらガソスタやらが出張ってきて
最近はそうも言えないかな?

とにかくその競輪場を越えたあたりに、
なにやら「いい匂い」のするお店を見つけました!
ちなみに「イイニオイ」とはかのんの「勘」であります。
「ステキなカフェ」、「ステキなお店」は
「いい匂い」がする気がしませんか…?


一度通り過ぎて、あわてて「秋篠の森」に
車を突っ込んでUターン。
かわいい『Buff』の赤い看板が、
青いトタンの壁にきれいに映える小さなお店です。

お店の前に車を停めて、からん、とドアを開けると
途端にぷんと「森の香り」!

胸いっぱいに吸い込んでお店を見渡すと、
ステキな「一枚板のテーブル」がずらり。
そう、ここはカフェではなく
「北欧デザインも手がけるテーブル(家具)屋さん」
だったのです。

f0134769_131510.jpg

「いらっしゃい」、と気さくに声をかけてくださったのは
お店のご主人さん。

へぇ~、すごいですね!失礼ながら
カフェと間違えて入ってきちゃいました。
見ていっても良いですか?

「ええ、そんなお客様も時々おられますよ、
どうぞごゆっくり。」

ほんわか、ええかんじのお父さんであります。
足元には黒い犬が寝そべってます。
店内はホントにカフェみたい。
歩くたびに「木のいい匂い」がして、
まるで深い森の中を歩いてる気分!

間違えて入ってきただけなのに
こんなに楽しくっていいのかしら。
もちろん椅子や長いす、テレビ台など、
これまたステキな家具もたくさん!
少しだけど雑貨も置いてありましたよ!

f0134769_1312395.jpg

カフェじゃないけど、
みんなに是非一度来てみて欲しい
ステキ家具屋さんでした。
北欧デザインに興味のある人は必見。
お隣は工房になってます。

駐車場から出る時には、
ご主人さんが誘導してくださったので安心でしたw。


春の宵、森の匂いに癒されて、
「piano」に入れなかったことも忘れ、
すっかり幸せな気分で家路に着いたかのんなのでした。


『Buff table&chair』
〒631-0811
奈良市秋篠町1405-3
Tel&Fax  0742-51-7615

営業時間10:30~18:30
定休日 火曜日
[PR]
by caferepo | 2007-04-26 12:57 | 奈良北部カフェ
さてさて、心配していた雨もどこへやら、
あったかな春の遠足日よりとなりました日曜日、
『カフェレポ春のランチオフ』に行ってきました!

集まったのは総勢11名!
こんなに大勢がのんびりまったり、
ランチできるのはあそこしかないっ!
そう、『ナイヤビンギ』さんです。
f0134769_1237866.jpg

神戸からローバーミニに乗ってきた
かのんの子分(うそうそ)「音丸」を後ろに、
生駒駅前を通り過ぎ、そのまままっすぐ、
車に鞭入れてひたすら山を登ります。
ナビで行く人は「宝山寺駅」を入れるといいでしょう。
ただナビは多分手前で案内を終了してしまうのでお気をつけ。

とにかく登りきったら、
「門前町商店街」のアーチがあって、
その手前が駐車場です。特にゲートもなく、
結構大きなフリースペース。
なのですが、それだけに防犯には少々お気をつけあれ。

お店へはアーチのすぐそばから伸びる階段を降りてください。

この階段がまたいい感じ。
金毘羅さんのように両脇がお店だったり、
旅館だったりするんです。

もはや知る人ぞ知る「宝山寺」、
人通りもさっぱりまばらで、
野良猫はそこいらでひなたぼっこ。
なんともいえぬオトボケ感なのです。


先に着いていたかずさんに案内して頂いて、
ナイヤビンギ到着。お店構えは旅館みたい…
というか、元旅館。

ピンクの看板がすごく不思議カフェを演出しています。
いらっしゃーいと声をかけてくださった店員さん。
またいいかんじのユル感です。
店内にレゲエの流れるなか、
案内していただいたのは10人以上入れる、
すごく景色のいいお部屋!
大きな窓から奈良が一望です。
f0134769_12374775.jpg

ランチはクリームシチューとパンの盛り合わせ(1200円)
早速いただきま~す!

と、フミさんが
「あの、これ…」
と出して下さったのは、なんと手作りジャム!?
ラベルを見ると…え?フミさん?
『コンフィチュール・フミ』の「フミさん」!?

「はい」

ななななんと!!びっくり。
カフェで彼女のジャム(正しくはコンフィチュール)を
見たことがありましたが、
お会いすることがあろうとは!!
頂いたのは「バナナのコンフィ」。

早速目の前のパンに塗って食べます。
果実をそのまま食べてるよりもさっぱりしてるかも!
すごくジューシーでうまうまでした!!
フミさん、ご馳走様でした。

今彼女のコンフィチュールが手に入るのは
桜井の『ボーノ』、『シャトードール』(八木西口駅前)、
『プリン80』の3店舗だそうです!
ぜひチェックしてみてください。

このまま奈良ブラもいいかなと思ったのですが、
岩男さんから

「足湯に行ってラッキーガーデンに行くのはどうですか?」
とのご提案が。

なるほど、移動が少なくて済むし、
何よりかのん『ラッキーガーデン』に行ってみたい!!
『春のランチオフ』はここで一旦解散。
f0134769_123830100.jpg


『ナイヤビンギ』はお昼もほのぼのしてていいけど、
やはり夜景の見える夜がオススメだそうです。
カップルにもいいけど、
かのんがお勧めしたいのは「ママさん」!
それぞれのお席が半個室になってて、
小さいお子様がはしゃいでも大丈夫!

ただお店までが階段なので
バギーを降りられるくらい大きいお子様のほうが楽かな。
ぜひママ友さん同士でいらしてみてください。
玄関はディープ感漂いますが、
このカフェのまったりほっこりムードに
癒されること間違いなしでございます。


あ!店員さんもまったりほっこりなので、
ご飯が出てくるのにはかなりのお時間がかかります。
のんびり待っててあげてくださいね。
複数でランチに行く場合は必ず予約をしてください。


オフレポは
『ラッキーガーデン』奈良生駒坂を登ったら桃源郷カフェ、
に続きます。

『ナイヤビンギ』

住所:奈良県生駒市門前町 12-9 
電話:0743-73-0805
OPEN:10:00~22:00
平日 11:30~21:00 休日(土・日)11:00~21:00
[PR]
by caferepo | 2007-04-21 12:50 | 奈良北部カフェ

f0134769_1249384.jpg
『ナイヤビンギ』を出た春のランチオフの一行、
車に分乗して向かった足湯は残念ながら満員御礼。
そこからカフェに電話を入れると、
「お席は分かれますが、用意できます」とのこと。
さすがは岩男さんです、見習いたいです!
ぬかりはありません。

ランチ後お帰りになった「フミコさん」後10名で
カフェに向かいます。(レストランなんだけど;)

車が悲鳴をあげる坂をどうにか登りきり
(音丸のローバーはオーバーヒート寸前)、
着いたのは見晴らし最高のガーデンカフェ。

眼下には生駒~奈良市内が広がります。
これがまた寒くもなく、暑くもなく、
日差しはポカポカの外カフェ日和!
お庭にはたくさんの桜が植えてあって、
ふわっと風が吹くたびに「桜吹雪」!!

何でしょうここは、桃源郷?
『ラッキーガーデン』といえばカレーですが、
ここはかのん、涙をのんで我慢です。
(うそうそ、ランチですでにお腹いっぱいですから。
でもいつかカレー食べに来よう)
メニューはカレーだけではなく、カフェも充実!
今はイチゴの季節なので季節限定メニューがイチゴ尽くし。
イチゴのアイス、イチゴのプリン、
イチゴのチョコフォンデュ、ホットイチゴミルク。

悩みどころだなぁ~;といいつつ、
かのんはお店自慢の「マンゴープリン」、
同席のかずさんは「黒胡椒とオレンジのパウンドケーキ」、
なーさんは「イチゴのアイス」を注文。
飲み物はせっかくなのでスリランカのハーブティーを。

これがまた不思議味。
よく味の例えが「ナイス」なかのんですが、
これはなんとも…例えられない…、おいしいけど。薬湯ですね。
かずさんのハーブ茶は「こぶ茶の味」。
なーさんの「フルーツティー」は
ドライフルーツがたくさん入ってました。
さっぱりと甘くって美味しかったです。
(この中でいちばん「?」なチョイスをしたのは
確実かずさんか…。かのんは好きですけど。)


すばらしくいいお天気、うららかな春の日差し、
時折の「花風」、オフはここでもまた、いい感じ。

ちょっとお席の離れちゃったうちもちゃん、
パトラッシュさん、ぴろぴろさんとは
なかなかお話でき無かったのが残念でしたが…。

お店はお世辞にも来易いとは言えないのですが、
お客さんは入れ替わり立ち代り。
かなりの人気店です。

実はランチオフ、ここでしたかったのですが、
ランチが期間限定メニューになってて、
2500円と少々割高だったのと
かのんが案内できるか不安だったのとで、
今回は別所でさせて頂きました。

「期間限定」が終わればランチは通常1600円のようです。
そうなったらもう一度来たいね。

『森のレストラン ラッキーガーデン』
 生駒市鬼取町168番地 
  TEL 0743-77-7936
定休日: 月曜日 (祝日の時は、火曜日)
駐車場: あり
営業時間: 10:00~22:00
[PR]
by caferepo | 2007-04-21 12:45 | 奈良北部カフェ
関係ないけどこのカフェの名前を一発変換したら
「アンディー部」になります。

部活かよ。

部長がアンディーなのね。
毎日部員は部長が満足する「カフェ」を探して東奔西走するの。

「いかがですか!?アンディーさん!」

「ん。いんでない?」

「あざーっす!!」一同、礼!

みたいなね。ふふっ。

ああすみません、かのん本職で
こんな文章ばっかり書いてるのでつい病気が。
カフェレポでは「くだらないことは書かずに、
必要な情報をシンプルに」を心がけてます。
最近長文化してきてるので気を引き締めないとね!!

f0134769_1243993.jpg

さて『春のランチオフ』の前日、
東京に嫁に行った友達が帰ってくるというので、
久しぶりに地元に帰ってお茶に行きました。
ここはかのんが高田に住んでた頃、
「行きまくった」カフェです。
それだけに改めて紹介すると、
辛口になりがちですが…。

カフェは国道24号線沿い。和歌山方面行き、
高田バイパスとの交差点の手前にあります。
題字に書いたとおり「黄色い」カフェ、
とっても目立つのですぐわかりますよ。
広い駐車場もあり。

明るい店内は3階建て。
3階では結婚式の二次会やパーティーができます。
ここの二次会に参加したことがありますが、
お料理も美味しかったです。
1階は「喫煙可」、2階は「禁煙」の設定です。
(1階が「禁煙」だったら子供さん連れにもいいのになぁ)

ここは「ランチメニュー」が充実。
日替わりランチは780円。
その日に入った「良いもの」が食べられます。
他にも「ハンバーグランチ」900円。
890円の「パスタランチ」「コロッケランチ」、
野菜中心の「ヘルシーランチ」、
「ステーキランチ」1200円があります。

一般的なメニューですが、それぞれカフェメシ風で
見た目もかわいいです。
ちょっと男性には量が全体的に少ないかな?
ご飯はおかわり自由。
それぞれにプラス200円でドリンクがつけられます。

カフェメニューも、
注文を受けて表面にカラメルを炙ってくれる「クリームブリュレ」や、
「ミルクレープ」、「カスタードとりんごのタルト」、
「シフォンケーキ」、「たっぷりカボチャプリン」があったりして、
「ちょっとそこでお茶」には大満足です。

夜は…パスタとか食べられるけどあくまで「カフェ」なので、
「ちょっとお腹がすいたのでパスタでも」の要求には十分ですが、
ディナー目的にはちょっと物足りないかな?

あ~;元地元なのでレポしにくい!
行き倒したカフェだけに、「ここはもうちょっと」とか
「このメニュー昔の方が美味しかったなぁ」とか、
余計な情報がありすぎるんですよね!

「このカフェを目的にドライブ」…にはちょっと弱いけど、
あらゆる客層の「ちょっとカフェに」に十分応えてくれる、
「普段使いのカフェ」。
ここはかのんにとってはそういう位置付けです。
通りかかったときには、立ち寄ってみてくださいね。


久しぶりに会った友達はいきなり「妊婦さん」になってた!
隣に座った男の人が中学校の体育の先生だった!!
(先生ごちそう様w)
ええ、かのんにとって、ここはそんなカフェ。

『カフェ・アンディーブ』
奈良県大和高田市東中2-11-20
Tel / 0745-23-6789
Fax / 0745-23-6790

OPEN / 11:30~22:30
ラストオーダー / お食事 21:30
ドリンク・デザート 22:00
定休日 / 火曜日(祝日は除く)
P / 35台

HP上に地図あり。
[PR]
by caferepo | 2007-04-20 12:41 | 奈良南部カフェ
そのカフェに行くために車に乗る。
そんな一日がとっても好きです。

今回ご紹介するのはちょっと遠いところにあるカフェ、
『カントリーカフェ・ハーブクラブ』。
f0134769_1228270.jpg

でもそこに至るまでの風景も、空気も、
もちろんカフェもとっても「いい」んです。

遠いっていっても、奈良公園から
40分も走ると着いちゃうので、
そう遠いところではないかも。

奈良公園の春日大社本殿前の道を、
奈良教育大前に向かって走ります。
教育大の前を通り過ぎて、すぐに
「キリン堂」のあるT字の交差点があるので、そこを左折。

どんどん山になって、ちょっと厳しい峠道をひたすら登ります。
そのまま里を抜け、道なりに走ること20分くらい。
トンネルを抜けてから一個目の信号を「右折」します。
そのまままっすぐで右手に見えるカントリー調のお店です。
(地図はHP上にもありますので、ご参照くださいw)


何にもない山の中に、ぽつんと建っているログハウス調のお店が
カフェ『ハーブクラブ』です。

f0134769_12283712.jpg

カフェのことより先にお伝えしないといけないのが、
このカフェを経営する「あおはに会」についてです。
この社会福祉法人は知的障害を持った方々の
自立支援のための団体です。
全寮制のここで暮らして、畑を耕したり、パンを焼いたり、
陶器を焼いたり、カフェで働いたりされています。
本当に詳しくはHPをご覧になってください。

ハーブクラブのパンも、野菜も、ハーブも、スパイスも、
そしてお皿も、全部「あおはに」のみんなの手作り!
もちろん無農薬。本当の「いちから自給自足」カフェです。

明るい店内で食べられるメニューはとっても多彩!!
ランチは数量限定ですが、野菜を中心とした
ボリュームも十分の「ハーブクラブランチ」\1100、
ボリューム満点の「スペアリブランチ」\1500、
あんまりお腹がすいていない人にはパスタやピラフ、
この他にも「カレー」(!!)が8種類も!!
f0134769_12291638.jpg

しかもどれをとってもマジで美味いんだって!

ドリンクも有機コーヒー、紅茶、チャイ、
ハーブティー、生ジュースなど。

店内では皆が作ったパンや陶器の販売、
地元の方が作った野菜など、
いいものがたくさん売ってます。

お店を出ると、お料理用のおっきな薪ストーブ、
アーティストさんのギャラリー。

夜はジャズライブやコンサートなど、
イベントもたくさん企画されてます。
(予約制なのでお気をつけ)
f0134769_12294580.jpg


じつはかのん、このカフェを
ずーっと紹介したかったんです。
ホントにステキだから。
「かわいい」だけじゃなくって、地域の事とか、
自然の事とか、社会の事にきちんと根を下ろして、
いつ行ってもちゃんとクオリティの高いものを提供する。
これってホント大変な事だと思う。

「そのカフェに行くために車に乗る、
そんな一日はいかがですか?」って言うフレーズも、
実はこのカフェのために考えたんです。

あ、全然肩肘張る必要はないですよ!
皆さんも是非ぜひ、
「どこかドライブに行こうかな。」って思ったら、
このカフェを目指してみてくださいね。


『カントリーカフェ・ハーブクラブ』

営業時間:10:00~18:00年中無休
〒630-2152 奈良市水間町3020-3
TEL/FAX 0742-81-0829

急にお休みになる事間ありますので、
確認が必要。

かのんが行ったときは「臨時休業」でした…。
予約の際はメニューに関してもお尋ねください

『ハーブクラブ』
社会福祉法人あおはに会
モンベルのフレンドショップでもあります。
[PR]
by caferepo | 2007-04-14 12:24 | 奈良北部カフェ
先週末で桜は満開ですね!!

木津はわずかに寒いらしく、
今まだ九部といったかんじです。

満開の桜を楽しもうと、チャッピーちゃんと
郡山は「お城祭り」に行ってきました!

と、いうのは表向き、真の目的はそう!


『豆パン屋アポロ』!!

f0134769_22531314.jpg


いや~、綺麗な桜だね~、なんていいながら
二人の頭は『アポロ』でいっぱい。
雨が強くなってきたのを理由に早々に切り上げて
アポロに向かいます。
今思い出してもおかしいくらい「花団」なふたり。
チャッピーちゃんがHPからダウンロードしてきた
地図を頼りに歩きます。

歩いて、歩いて、歩いて…。

チャッピーちゃん、これなんか縮尺おかしくない!?
ちょっと不安になるころ、やっとお店に到着。

近鉄郡山駅から15分はかかったと思うんですが。
ちなみに車は自信のないひとはやめといたほうがいいです。
ものすごい細い道が交互通行なんで!
しかも通行人は沢山!
そのかわり歩いてみるとちょいととぼけた商店街が
とっても楽しいです。

f0134769_22533872.jpg


お店はお外からパンをこねておられるのが見えるつくり。
看板もすごくかわいい!
店内にはもちろんパンがずらり。
もう全部買いたくなる衝動をおさえつつ、
『アポロ』に行ったらこれを買わなきゃ!ってパンだけを
トレイに乗せます。

それでも天然酵母の山パンと、あんぱん、クリームパン、
豆ときな粉のクロワッサンで800円ちょいと。
主婦は我慢のしどころです。

山パンは切ってもらえるのですが、
カッターから「パリパリパリパリ…」と
パンの外側がはじける音がします。
お店はパンの幸せの匂い。

なんと店内でプチカフェ!
買ったパンを我慢できずにすぐ食べたい人にぴったりです。

お店を紹介したいので、写真を撮っていいですか?
とお聞きしたところ、
「店内はご遠慮ください。その代わり
お外はいくらでも構いませんよ。」とのこと。

カフェには小さな女の子。
あれ?ブログで拝見した娘さんだ~。
ちびまる子ちゃんカットがものすごい可愛かったです。

お店を出て、今度はアポロお勧めの
フレンチレストランに行ってみよう!!と歩きだした二人ですが、
やっぱりぺこりんお腹はパンの誘惑に勝てず!
ベンチに座ってパンを広げます。

f0134769_2254123.jpg


チャッピーちゃんはドーナツ、かのんはクリームパンをオープン!!
いただきま~すとかぶりつくと、もう二人言葉がありません。

ん~!

ん~!!!

ん~☆

ん~☆☆☆


ええ、いちおう通じてます。
このもち~っとしたパン生地、
中のクリームは口の中で卵の香りが「はじけます」。
これを美味しいと言わずして何でしょう!
パンの好きな人は絶対行ってみて下さい。

電車に乗って、トコトコ歩いて来る価値は十分あると思う!
(ただ売り切れにはご注意を。取り置きとかやってるかなあ…、
なさそうだなあ…。)


この後二人は『マステイ』に旅立つ訳ですが
果たしてはたして…?


『豆パン屋 アポロ』
639-1132 奈良県大和郡山市高田口町40-4
電話 0743-52-8106
営業 8時から18時?
定休日 毎週水曜日と第1・3日曜日
[PR]
by caferepo | 2007-04-11 16:24 | 奈良北部カフェ
f0134769_2256638.jpg


ほろほろと春の冷たい雨が時々降る中、
チャッピーちゃんと二人歩きます。

JR郡山駅を通り過ぎ、地図に描いてあるとおり
どんどん歩きます。

チャッピーちゃん、やっぱりこの地図は縮尺がおかしいよ。
手書きを読み込んだようなかわいい地図は、
おそらく「アポロ」の店長さんのもの。


「お店から歩いて4、5分のところにあるこじんまりしたフレンチ。
これを食べるためにここに住む価値がある位美味しい。」


こんな風に書かれてたら期待も膨らむってもんですよ!
ですがお店を出て15分、まだまだ到着の気配なし。
途中通りすがりのお父さんに道を聞いて
やっとたどり着きました!

町の中とはいえ、ここは車で来たほうが正解かも。
実は大通りから一回曲がっただけで来られます。
お店の前にはちゃんと駐車場もあるので安心。


あのさー、ちゃっぴーちゃん、
あたしお店に行くときには絶対電話して
「開いてますか?」って聞いてから来るんだけど、
…電話した?

「ううん、してないよ。でもちゃんと
定休日も調べてきたし、だいじょうぶだよ!」

そうかなぁ、臨時休業とか、
予約がいっぱいで入れませんとか、いろいろあるよ。

「だいじょうぶだって!」

そうです、かのんは実は病気なんです。
しかもこのコミュには超致命的な。

f0134769_22571133.jpg


「ほら、看板も出てるし!ね!」

見ると確かに『MASUTEI』の看板が。

ですが。





「本日予約のお客様のみとさせて頂きます。」





…この喪失感を何と言ったらいいでしょう。

ああやっぱり、っていうのと、
こんなに歩いたのに!っていうのと
もうごちゃごちゃになって「がっかり」です。

ね、だからいったでしょ。
かのんは「定休日おんな」なんだって。
ちゃっぴーちゃんあまりのことにしばし絶句です。
あまりの悔しさと虚しさにお店の人に
最寄駅を聞く事にしました。
あわよくばこの努力を買って隅っこに入れてもらえないかな、
なんて淡い期待と共に。

「すみません、今日は仕込みが間に合わなくって、
予約のお客様の分しか用意できないんです。」

駅までの道を聞き、すごすごとお店を後にします。


…えーん、こんなのってないよう!!
おなかすいたよう~!!

「かのんちゃん、元気出して、
ならまちに行ってランチしようよ!」

わ~ん、どうせそこも休みなんだ~!!

もうすっかり拗ねモード。
大体火曜日がおやすみのチャッピーちゃんより、
土日がお休みのかのんのほうが定休日率が高いって
どういうことでしょう。

f0134769_22574433.jpg


これまた遠い駅までの道のり、町を抜け、
畑を抜け、金魚の養殖池を渡って。

「なんだか小学校のときの探検気分だね!」
とチャッピーちゃん。
ほんとだねぇ、なんだか楽しいねぇ。
畑仕事のお母さんに「すみませ~ん!!」と道を尋ねて、
ようやっと知ってるところに出ました。

二人とも手には『アポロ』のパンをぶらぶら。

これさー、うちらふたりが絵本になったら、
「このおねーちゃん達、お腹すいてるんだったら
持ってるパンを食べればいいのに。おかしいね!」
ってさ、きっと子供とかに言われるんだよ。あはは。

もう空腹のあまりおかしな事しか出てきません。
駅の待合室でまたもパンをぱくり。
まぁこのパンを食べられただけでも
ここに来た甲斐があったってもんだよ。

いつかは『MASUTEI』リベンジを誓った二人でした。


『MASUTEI (ますてい)』

住所 ● 大和郡山市西観音寺町8-2
TEL ● 0743-54-2248
定休日 ● 毎週水曜日
駐車場 ● あり
営業時間 ● 11:30~14:00
17:30~21:00

HPはありません。KCNのサイトの中で紹介された記事です。


地図はこちら
[PR]
by caferepo | 2007-04-10 16:25 | 奈良北部カフェ
お昼から雨はやむって言ってたじゃん、
気象庁のうそつき~!

ようやっと近鉄奈良駅に着いたかのんとチャッピーちゃん。
チャッピーちゃんが行きたかった
『あしゅーら』に向かいます。

f0134769_2303862.jpg


それにしても腹減った。

『あしゅーら』はかのんの思い出のお店だったりします。
かのんがまだうら若き乙女だったころ、
町屋カフェのはしりのような感じで、
もうすでに営業されてたように思います。
いつも行ってみたいなあと思いながら、
迷って違うお店に着いて、まあいいかあ
って到着しないのが常でした。

月日は過ぎてかのんも大人になったある日
「今日こそ絶対あしゅーら行こう!
そんでグルテンフライ食べよう!!」
と思い立った事がありました。
その当時好きだった人が案内してくれるというので↑↑ですよ!

ところが。お店に着くことはできたのですが、
お店番の若い男の人が。

「あ、店長さん風邪引いて休みなんす。
カレーとグルテンフライ以外やったら出せますけど~。」



そのグルテンフライを食べに来たんですよワタシは!!


しょうがなくプリンを食べて帰りました…。
今思えばすでにその時「定休日おんな」という
不治の病にかかっていたのかも知れません、
ていうか確実そうでしょう。

f0134769_2312284.jpg


雨の降る中、空きっ腹を抱えて歩く二人。
「開いてる」『あしゅーら』を見たときには
地獄で仏をみる思いでしたよホント。
からからっと町屋の引き戸を開けて、
座敷にあがるとアジアンテイストな店内がお出迎えです。
早速「グルテンフライカレーセット」を注文。

なんだか商売気に欠けた、ゆるっとした感じ。
奥からは「グルテンフライ終わったで~、店閉めよか~?」
なんて会話は筒抜け上等です。
つーか、うちら危なかった…?

f0134769_2315393.jpg


カレーは玄米ご飯にルーがかかった健康カレー。
そのうえにコロコロとポテトフライのように乗ってるのが
グルテンフライです。
サラダもゆで野菜と海藻の取り合わせでヘルシーそのもの!
お値段は1300円。ちょっと高い…かな。

いただきま~す!と、一口たべたかのん、
ん?あれ?これなんか食べたことある…?
何でしょうこのデジャブ感は。
昔これと同じカレーを食べたことある気がします。

f0134769_2322881.jpg


昔外食なんか滅多に連れてってくれなかった母が
「美味しいカレーやさんがあるらしいで。」
と、ちびかのんと兄弟3人を乗せて
奈良県五條市にあった「町屋を改装したインドカレー屋」に
連れてってくれたことがありました。
もう今はないけど。
(なーさんなら知ってるかな?新町辺りだったと思うんだけど)

初めて食べるスパイスいっぱいのカレー。
そこのカレーを一口食べた弟が叫んだのです。

「このカレーエンピツの味がする~!!」

はぁ?なにいってんのアンタ
エンピツの味なんてするわけないじゃん。

「ホンマやって!姉ちゃんも食べてみてって!」

あんたエンピツ食べたことあんの~?
なんて笑いながらスパイスのかたまりを一口。


ほんまや~~~~!!えんぴつや~!!!
これエンピツの味する~~~~!!!



…あ、そうそう「あしゅーら」のカレー?
あの、ホント、ほんとに美味しかったですから!!



『あしゅーら』
住所 奈良県奈良市川之上突抜北方町18-3
電話 0742-24-0890
営業時間 12:00~20:00
定休日 水・木曜(臨時休業あり)

HPはありません。YAHOOグルメより。地図もあり。
[PR]
by caferepo | 2007-04-10 15:33 | ならまちカフェ