「ほっ」と。キャンペーン

意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

f0134769_1261465.jpg

葛きりって食べたことありますか?
かのん実は「これが葛きりだよ」って食べたのは
ここが初めてです。

大体ところてんとか実は苦手だし、
マロニーとかもうネーミングからして何かわからないし、
しらたきとこんにゃくなんて
何が違うのかさっぱり分からないし!

とにかくもう「透明でくにゃくにゃしたもの」は
かのんのなかで大体イコール
「得体の知れないもの」って位置付けですよ。
昨今はこんにゃくゼリーだのナタデココだの、
得たいの知れなさ加減に
拍車がかかって来た感じしません!?

そう「葛きり」。
またもやマイナス印象からのスタートですが、
この「さくら」の葛きりはかのんのなかで
「こんなに美味しいものが世の中にあったなんて!」級の
驚きでした。
世界はまだまだ広いね!

お店は近鉄奈良駅が最寄。
「東向き」「もちいど」の商店街を抜けて、
そのまま通りを渡って、まっすぐにもうちょっと。
『café&bar 界』を通り過ぎて5軒向こうぐらいに、
『吉野葛 佐久良』があります。

町屋に溶け込むお店構えはとっても小さいので気をつけて。
一見販売のみのように見えますが、
知る人ぞ知るといった感じで、実は奥で喫茶をされてます。

葛を買い求める人の後ろをすすいっと通してもらって、
「奥で食べられますか?」って声をかけてあげてください。
すぐに「どうぞ~!」とお返事いただけると思います。
実はこの奥座敷がすっごくかわいいの!!
「純和風」というよりは「昭和風」。
決して広くはないんだけど、中庭の見える
とっても落ち着ける空間が広がってるんです。

メインはもちろん「葛餅」(¥650)と「葛きり」(¥800)。
他にも「葛しるこ」「葛コーヒー」なんてのもあります。
この日は暑かったのでもちろん「葛きり」をお願いしました。

ここのすごいところは葛を「注文を受けてから練り始める」こと。
もちろん葛はまじりっけなしの「本葛」。
作りたてじゃないとあの透き通った葛にはならないんだそうです。
お待たせしました、と持って来て下さった葛きりには
「黒蜜」がついています。

氷を浮かべた涼しげな葛をひとすくい、黒蜜につけてつるり。
くにくに、つぷつぷ、このなんともいえない食感が楽しい!
蜜がまたホントに美味いの!
たまになんだか分からない「酸味」のある黒蜜がありますが、
かのんあれはすごく苦手なんです。
ここのはどんなに薄まっても酸味がなくって、
澄んだ甘味だけ!
冷や冷や、つるつる、う~ん、もういつまでも食べてタイ!!

食べ終われば黒蜜の器にお水を少し移して
「黒蜜水」が楽しめます。
(お水こぼさないようにネ!)

葛は昔から漢方にも用いられてて、胃腸にもとってもいいんですよ。
風邪をひいたり、お腹を壊したり、
夏ばてしたりした時なんかにも食べるといいそうです。
美味しくて体にもいい、いい事ずくめの「葛」、
是非食べに行ってみてください。


『吉野葛 佐久良』
TEL:0742-26-3888
住所:奈良市高御門町2番地
定休日:木曜日
営業時間:AM10:00~PM6:00頃
       (甘味処はPM5:00まで)
HPもとってもかわいいです。ネットから「本葛」購入可能!
地図も同ページにあり。
[PR]
by caferepo | 2007-05-31 13:50 | ならまちカフェ
f0134769_1145565.jpg

すばらしく素敵に晴れ渡った遠足日和の日曜日!
『豆パン屋アポロ』のパンを手に、総勢10名で『MASUTEI』にお邪魔しました。
以前行った時には「ちょっとしたお店の事情」でチャッピーちゃんと二人、
ごはんを食べる事が出来なかったので
今回はそのリベンジです!!
過去の記事はこちら

今回は!ちゃんと予約してから行きましたよ!!
もちろん10人で路頭に迷うわけにはいかないのでね!!

お店までアポロから歩いていったので複雑怪奇な道ですが、
実は24号線から車だとすぐです。
「近鉄郡山駅」って書いてある道路看板を見て曲がって、
高架を登ってJRを越えて降りたら一個目の信号を右折。
古い町並みの道をちょっと行くとすぐにお店です。
お店の前の駐車場は4台くらいは置けるかな?

「こんにちは、予約してたかのんです。」と入ると、
すぐに大きなテーブルが10人分すでに用意済み!
どうやら10人以上で「貸切」になる模様。
ありがとうございます、マステイさん。
白木のシンプルなつくりの店内は、あとちょっとで満員御礼。
穴場的レストランといえるんじゃないでしょうか。

ランチは2200円のコースのみ!プラス400円でスープが付きます。
(ちょっと飲んでみたかったなぁ…。)
前菜、メイン(お肉か魚)、自家製パン、デザート、ドリンク。
夜は3600円のこれまたコースのみ。
オットコマエ設定、とは冊子「大和郡山」の「飯田マサヲ」さん談。
確かに!

f0134769_115932.jpg


この日の前菜は「カツオのカルパッチョ、アボカドサラダ」、
メインは「イサキのグリル」か「ローストビーフ」。
お魚のほうがちょっとボリューム多かったかも…?
自家製の全粒紛パンは食べ放題です。
(でもお代わりは早めにお願いしないと時間がかかりますが。)
食後にはイチゴのチーズケーキ!!濃厚で、うまし!

お店はご夫婦でされておられるのか、
お料理を出すのは奥様、作るのは旦那様、といった感じ。
程よくお腹いっぱいになって、この後お茶には丁度良かったかな。

f0134769_1152190.jpg


普段着で旬の食材をつかったコースが楽しめる『MASUTEI』、
今度は是非ディナーに来てみたいと思います。

お店のマークはもちろん「鱒(マス)」。
あ、お店の名前の由来、聞いとけばよかったなぁ…。
(玄関で泳いでたのは金魚だけどね!) 

『MASUTEI』
奈良県大和郡山市西観音寺町8-2
電話 0743-54-2248
営業時間 11:30~14:00、17:30~21:00(予約制)
定休日 水曜
座席 T16席
パーティ、宴会 10~16名(貸切のみ)、予算応相談
yahooグルメより。地図もあります。
[PR]
by caferepo | 2007-05-31 01:16 | 奈良北部カフェ
MIXIの方で運営してますコミュニティ版、「カフェレポ!」のオフ会として、
近鉄郡山→アポロ→マステイに「全行程歩き」で行って来ました!

AM11:00駅を出発。
すばらしくいいお天気、お出かけ日よりの日曜日です。
行き方とか、詳しく書いた以前の記事はこちら

ぞろぞろりと大所帯で郡山のちょっととぼけた町を、
思い思いの速度で歩きます。
それにしても郡山は町並みがイイなぁ。
その、きちんと整備された美しさではなくって、
昔のものが昔のままに、素朴にそこにある感じ。

おばあちゃんが玄関先の鉢植えに水をやり、
おっちゃんはステテコパッチで自転車修理です。

そんな郡山を「いいな」と思うのはきっとヨソモノの感傷。
みんなきっと、便利で、新しくって、楽なのがいいに決まってる。
大きなスーパーが建って、広い道が通って、
人も物もたくさん流れ込んで。
こんな町が変わってしまうのなんて一瞬だ。

「そのままの郡山の町」を愛してるアポロの店主、
アキブチアキエさんが手作りされた「大和郡山」は
定価¥700で『アポロ』にて絶賛発売中!

ちょいレトロな町並みを歩いて歩いて『アポロ』に到着。
10人いっぺんにパンを買えるはずなど無いので、
かのんは先に2階で開催中の「空想エアメール展」を見に
2階へ上がらせて頂きました。


とんとんとレジの横から2階に上がるとそこは別世界のようです。

まるでこれを説明する言葉が見当たりません。
さらさらと乾いた部屋に流れ込む、
緑を含んだ5月の風と、写真と、散りばめられたことば。
どうしていいかわからなくって、ドキドキしながら椅子に腰掛けると、
不思議に全部が調和していて。

かのんにとって『アポロ』とは、なんて
大げさでちょっと笑っちゃうんだけど、

「ちっちゃいとき迷子になって
半べそかいてる自分を助けてくれた知らないおばちゃん」であり、

「仕事で大失敗してとぼとぼ帰り道に上を向いたら見えた満月」。

そんな気がするんですよね。
ああ今日、来て良かった。


とんとんとまた降りてきてびっくり。
皆パンをトレイに「てんこもり」じゃあないですか!
いきなり小さなお店に10人も押し入られた『アポロ』さんには
「え、今日郡山でなんかイベントありましたっけ…?」って
目をぱちくりされる始末。

ホンマすみません、アポロさん。
[PR]
by caferepo | 2007-05-29 15:58 | 奈良北部カフェ
前回はお昼の、しかも5時くらいというちゅーと半端な時間に、
ここでカフェを楽しんでしまったかのんです。
(以前の記事はこちら参照)

今回は夜に行ってきました。

すいてるかな~?と思いながら行ってみたのですが、
お店はほぼ満席。

だよね~、奈良で遅くまで開いてるとこってないもん。
ちょっと夕ご飯に入ったお店がお腹に足りなかったので、
カクテルとサラダとピザを注文。

f0134769_0474223.jpg


お隣では暑くなり始めたのをきっかけにか、
クーラーの設置工事中。
12時近いのにねぇ、お兄さんビール飲み飲みご苦労様。

ちょっと明かりを落とした店内、陽気なボサノバ。
お客さんは「学生さん」、「クリエイター」、
「お店の人のお友達?」で大賑わい。

「え~、そんなん告白してから考えたらええねん!」なんて、
あらら~、かわいらしい会話も聞こえちゃったり。

こんな辺鄙なところにお店大丈夫かなぁ…、って思ってたのですが、
どうやら杞憂だったようです。

またお酒飲みに来てみたいな。
[PR]
by caferepo | 2007-05-24 15:26 | ならまちカフェ
旦那様と一緒にお友達のライブを見た帰りに、
ご飯を食べて帰る事に。
久しぶりの外ご飯にわくわくです。
とはいえ病み上がりかのんがあんまりうろうろするのも良くないと、
東向き商店街の中のイタリアン『piano』に行ってきました。

f0134769_22374385.jpg


通りから石釜でピザを焼く姿が見えるつくりで、
ずっと行ってみたかったんですよ~w

そもそも「かのんは何が食べたい?」と聞かれて、
「ん~、何でも。」とは絶対言いません!
「パスタ!イタリアンが食べたい~w」と答えるのがかのんの定番です。
(あ、最近は「白いご飯が食べたいです。」とか「カレー。」言うかも。)

西大寺の三和ビルにも『piano』がありますが、
こちらはフランチャイズ店だそうです。
経営者が違うのでお店の趣向もちょっと違うんですよ、とのこと。

1階がカフェ、2階がレストランスペース。
奈良はとにかく、駅前にも関わらずお店が閉まるのが早いので、
12時までやってるお店は貴重!
ちょい遅い時間にも関わらず、店内は女性同士やカポーで賑わってました。

「コース」を頼むほど早い時間でもないので、
適当に単品メニューをオーダー。
モッツァレラチーズとトマトのバジルソース「カプレーゼ」、
生ハムの乗ったトマトソースのピザ、
魚介のトマトソース「ペスカトーレ」。

f0134769_22392567.jpg


パスタはSかLかを選べます。
ピザは「ナポリ風」。
ふかふかのもちもち生地にいい具合に焦げ目がついてて、うまし!
旦那様はこのピザが1位にランクイン。
かのんは…昔『ら・麦』で食べたピザが一番かなぁ…?
(ちょっと前にリニューアルオープンされましたが、ピザは無い模様。)
あ、でもこれはその次ぐらいにくるかも。

f0134769_22412536.jpg


パスタに関してはかのんの中でNo.1『オステリア・バッヴォ』が
不動の位置にあるのですが、これもなかなか!
魚介の濃厚なトマトソースが、
ちょっと扁平なパスタと絡み合って絶妙でした。

(昔『ピアチェーレ』ってイタリアンが
田原本のジャスコの近くにあったのですが、
あれにちょっと似てるかも。あそこも美味しかったなぁ…。
もう無くなっちゃったけど。)

バゲットを頼んでなかったのが悔やしい!ソースも食べたかったのに~!!

f0134769_22421465.jpg


下のお皿は何気に「奈良絵」だったり、箸置きが「シカ」だったりと、
なかなか細かいところまで楽しいお店でした。

ちょっと気になったのは、店内にちょっとした「段差」があること。
明かりを落とした店内で少し見にくいのか、
ヒールの女性が転びそうになってました。
行かれる時にはお気をつけ下さい。

この日は夜とっても寒かったので買いませんでしたが、
店頭ではジェラートの販売もあります。
ピザはお持ち帰り可能デスヨ!w
今度はランチに来たいな。

商店街の中なので駐車場は無し。
近くのコインパーキングをご利用ください。

『piano』(トラットリア・ピアノ)

住所 奈良県奈良市橋本町15-1
TEL 0742-26-1837

営業時間 9:00 ~24:00(LO23:00)
[ディナータイム]17:30~24:00(LO23:00)
休日 なし

座席 56席(1F16席、2F40席)

駐車場 なし

平均予算 [昼]1200円 [夜]2500円
クレジットカード JCB, VISA, MASTER, AMEX, ダイナース, 他
交通アクセス 近鉄奈良線近鉄奈良駅から東向通を南へ。徒歩3分
予約 ディナーコースは前日までに要予約

グルメウォーカーより。地図もあります。
[PR]
by caferepo | 2007-05-21 15:22 | ならまちカフェ
精華町役場の東側の通りに、ケーキ屋さんを見つけました~!
以前から行ってみたかったので、御用のついでにちょっと大回り。

お店の前が広めの駐車場になってますので、
安心して車で行けます。

f0134769_22335310.jpg


かわいい外観に違わずお店の中もすっごくかわいいですw
オリジナルの焼菓子、ロールケーキ、
フルーツのたくさん乗ったケーキ!あ~ん!迷う迷うw

スポンジが味わいたかったので「フルーツショートケーキ」
(この日のトッピングはイチヂク)と、
あんまりにも美味しそうだったので「マンゴープリン」を選びました。
ケーキは300円台~400円台といったところ。
びっくりするくらい大きな「シェフスペシャル」が450円と例外もありますが。
でもこれはこれでサプライズなお土産にいいかもね!!

f0134769_22343994.jpg


HPを拝見するに他のとこより「チョコレート系」の
ケーキの種類が多い気がします。形や食感にこだわって、
ちょっと変わった素材を使ってみたりと随所にコダワリが発揮されています。

もちろんホールのケーキもあり。
「ブログに載せたいので写真をとってもいいですか?」とのお願いにも
快くOKくださいました。ありがとうございます。

f0134769_22353580.jpg


帰って旦那様と食べたケーキは、
どっちもすっごく美味しくって奪い合い。

「あ~!!ずるいっ、一口って言ったじゃん!!」
「だから一口じゃん。」
「大きすぎるよそれ!!」

え、どっちがどっちかって?はい、どっちもどっちです。

『パティスリー華』

〒619-0240
    京都府相楽郡精華町祝園西1-2-12

【TEL&FAX】0774-94-9292

【営業時間】AM9:30~PM8:00

【定休日】毎週水曜日
[PR]
by caferepo | 2007-05-21 15:15 | 精華町カフェ
最近びっくりした事ってありますか?

かのんの最近びっくりしたことと言えば、
弟の結婚が決まった事と、旦那様に
「かのん、今日付き合った記念日だけど覚えてる?」
って言われた事ぐらいです。

さすが乙女座のA型です。
かのんペガサスだからちっとも記憶にございませんでした。
(それは動物占いでしょ;)

あ、そっか、「気になる」って書いてくれたのって
うちもちゃんだっけ;ごめ~ん!!そうそう、あのカフェ!

土曜日にご近所のお友達が「お茶しよ」って誘ってくださったので、
行ってきましたよ~!!
大阪向きに163号線の「山田川」ICを越えて、
ひとつめの信号を左に曲がってちょっと行くと
右手に結構目立つ感じであるお店が『セレンディピティ』です。

f0134769_23274452.jpg


不思議な響きのお名前ですが、意味はと言われると結構難しくて
「結果よりもそこに至るまでの過程が宝になったこと」、
「思いがけない贈り物」とか、「意図せずに自分の血肉になったもの」
のことだそうです。

…はっきり言って、まさに名前のとおりのカフェです!
行ったらマジでびっくりします。
何がどうびっくりかは…うっ、い、言えませんっ;;
実際行ってみて確かめてください…。

と、いうのではレポになってないので、
「音声のみ」でお伝えしたいと思います。

「あれー、結構普通のカフェ…?ん?な、何であんなところに車が!?」
「ええっ、これ壁一面にっ!?」
「熊でかっ!!」
「うわ~、シャンデリアの下にシャンデリアが…。」
「えっ!こっ、これ売り物なんですか!?」
「うわ~、こんなにたくさん…どうやって掃除してるんだろう…?」
「あ、パン美味い。」

ケーキセット650円。珈琲は1杯づつちゃんと入れておられるようで
おいしかったです。ケーキもシンプルなものが多かったので、
たぶん手作りじゃないかな…?
ラインナップはレモンタルト(久しぶりに食べた~!美味しかったv)、
モンブラン、チョコレートケーキ、チーズケーキ。

パスタなどを中心にしたランチもされておられます。
あ、入口付近で販売されてるパンはマジで美味しいですよ!!
買って帰ってその美味さにびっくりしました。これは手作りだそうです。

f0134769_23281383.jpg


えー、一つだけ申し上げられる事は、男性お一人様は
ちょっとくつろぎにくいかな?ということ。
女性と一緒に行かれることをお勧めします。
「かわいいもの」が大好きな女性ですと大喜びされる事間違いなし!!
そうでない人も必ず第1声は「ええっ!?」です。これホント。
最近びっくりしてないなぁ~。という方はどうぞ行ってみてください。

駐車場はお店の周りに広くあるので心配無しですよw

『セレン・ディピティ』
京都府相楽郡精華町桜ヶ丘2-4-1
TEL 0774-72-7700
火曜日定休
11:00~21:00
ぐるなびより。地図のみです。
[PR]
by caferepo | 2007-05-19 23:30 | 高の原カフェ
f0134769_2154795.jpg

以前レポした『コルマール』、5月7日から『レガル』になって、
州見台で再オープンしました!

お店は新興住宅街を縦断する大通り、
加茂向きの「バーミヤン」を越えたところにあります。
同じ敷地内にはケーキの有名店『meri mero(メリメロ)』が。
(黄色いテントなので分かりやすいかも?)

オープンしたばかりとあって、かのんが行ったのは
夕方にもかかわらず奥様方で大賑わいでした。

この辺ってパン屋さん無いし駐車場も停めやすいし、
繁盛店になりそうです。

コルマールより売り場はちょっと小さいだけあって、
パンの種類は確かに多くないのですが、どれもおいしそうでしたよ!
かのんは天然酵母のクロワッサン、甘夏のデニッシュ、
ベーコンエピ、マロンクリームの入ったプチパン、
豆パン(名前不明)を購入。
f0134769_2161014.jpg


この名前不明の「豆パン」、実は商品札がずれてたみたいで、
かのん「カレーパン」を買ったつもりになってました;
どおりでいつまでたってもカレーが出てこないわけだよ;とほほ。
あ、でもこれはこれでチーズと黒豆?が美味いパンでしたけどw

かのんが行ったころにはどうやら人気パンは売切れだった感じ。
「コルマール」で食べたあのクリームパン、もう一度食べたいなぁ…。
ちょっと落ち着いたころにまた来たいと思います。
f0134769_2162671.jpg


ところで最近のパンってどこも高いんだねぇ~。
100円以下のパンってもうどこにもないんだねぇ~…。
遠い目(それは何年前の話!?)。


『regal+e(レガル)』
京都府州見台5-1-1ライブリー州見103
tel&fax:0774-73-1788
am10:00~pm19:00
火曜日定休
地図です。またもかのんが印をつけただけ。
[PR]
by caferepo | 2007-05-13 21:07 | 木津カフェ
おうどんとお蕎麦ではどちらがお好きですか?
かのん断然うどんのほうが好きです。
しかも好きなのは「カ○キチの冷凍うどん(5食入り)」です!

そんな事はさておき、蕎麦です。

旦那様が蕎麦好きなので食べる機会は多いのですが、
「美味いと評判の蕎麦屋」に行っては、なんだか蕎麦が口の中で
がさがさボソボソぶつぶつ、つゆは甘いわ辛いわで、
ちっともいい思いのないかのんです。

先だっての長野行きの時も、旦那様のおばあちゃんが
「オレ蕎麦なんかボロ食ってるみてェで好きじゃねェだ。
ラーメンのほうがうンと好きだ。」
と仰っておられて、なるほど!と思いました。

ですが、そんなかのんの目のウロコを
ぺりりと剥がす蕎麦屋が現れましたよ!
f0134769_2113297.jpg


またも地元奈良県は大和高田市『そば小舎』です。
最近地元愛なんじゃないの、かのんさん?
いやいやほんと、かのんだけじゃなく
一緒に行ったチャッピーちゃんもお墨付き。
実は津々浦々「美味い蕎麦」を食べ歩いている彼女が、
「あたしいろんなところで蕎麦食べたけど、地元でこれ
食べられるんなら、他所に行く必要なんて無いと思うわー。」
と賞賛するお店です。

商店街近くの小さなお店、大きなテーブルが一つだけ。
お父さん一人で蕎麦から接客までこなしています。

まだちょっと「ざる」の美味い季節には早い初夏、時間も早かったせいか、
お客はかのんとチャッピーちゃんの二人だけののんびりとした店内です。
ざる蕎麦650円を注文。
大盛りは1,000円(この大盛り、きっちり量が2人前)。
挽きたて、打ちたて、ゆがきたての3たてのお蕎麦、
出てくるまでにはちょっと時間がかかりますが、
そう急く用事も無いのでのんびり待ちます。
f0134769_2115491.jpg


お待たせしました、と持って来て下さったお蕎麦は
つぶつぶがありながらも細くって、なんと半透明です。
ほー、これが~、と「つゆ」をつけずに一口つるり。
すごーい、きりっと締まったお蕎麦はつるつるのしこしこ!
美味しい水と、蕎麦の味がします。

わー、これおいしい!
「蕎麦は口にあわねぇ」と思ってたかのんだけに、
蕎麦を誉める言葉が見当たりません。

こんなにのど越しがいいのに、「つなぎ」はほとんど使っていないのだとか。
つゆもまた美味しい!甘くも無く、
もちろん辛くも無く、口の中に変な味が残りません。
薬味は葱、大根オロシ、山葵。テーブルの「ゴマ」はかけ放題です。
食べ終わった後にあんまり美味しくって、
蕎麦湯も入れずに「つゆ」まで飲んじゃいましたよ!

二人で美味しいおいしいとおおはしゃぎするも、
お父さんは薀蓄を披露する訳でもなく
お店の端っこでニコニコするばかりです。

そうこうしているうちにお客さんが2人1人と入ってきて、
あっというまに大忙しでした。
f0134769_2121852.jpg

奈良に美味い蕎麦は無いと嘆く前に、一度食べに来てみてくださいな。
かのんにとっては目から鱗のお蕎麦屋さんでしたよ。
あっ、写真の蕎麦はかのんがかなり食べてます。
これで一人前じゃないですよ~!!

付近に駐車場はありません。高田サティに停めるか、
近鉄南大阪線「高田市駅」から歩いて5分といったところです。
HPの地図をご参照ください。

『そば小舎』
奈良県大和高田市片塩町14番5号
TEL:0745-52-5755
木曜日定休
AM11:00~PM6:00
[PR]
by caferepo | 2007-05-13 21:03 | 奈良南部カフェ
以前ご紹介した『giallo』が営業を再開されてました!!

経営の方は変わらないのですが、
厨房の方が替わられたとのことです。

フードメニューがかなり充実!!

パスタを中心としたランチなどもあります。

まだかのんは行ってないんですが・・・;;

また今度行ってみたいと思いますw

『giallo』アリヤマ
yahooグルメより。情報は旧店ですが。
住所 奈良県奈良市右京3丁目19-24
電話 0742-70-5072
[PR]
by caferepo | 2007-05-13 14:49 | 高の原カフェ