意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

こちらも再訪です。以前の記事はこちら

長くお休みしておられました「プリン80」さん、
通りかかったらなんと開いてる!!
しかもまだあんまり人が入ってない!!
もうこれは行かなきゃでしょ!

「叙友舎」に行きたいのにー、とぶぅぶぅの友達を
「ここすっごく美味しいから!!」と引っ張って
小さな階段を上がります。

いらっしゃいませ、と笑顔でお迎えくださったのは
なつかしのご店主さん。
うれしい~~~!!お久しぶりです~~~!!
(おいおい、2回しか来てないでしょ;)
長く体調を悪くされてるとうわさには聞いていたので、
お会いできてホントに嬉しかったです。

f0134769_10502687.jpg


チャッピーちゃんはかのんお勧めの「バナナチーズケーキ」、
かのんは「ベリーのフレンチトースト」。
これずっと食べたかったの!!

待ってる間に店内を見渡すと…ん?あれ?
ずらっと並んでるのは「フミさんのコンフィチュール(ジャム)」
じゃないですか!!しかもこれは新作~~~!!

「青梅」、「アップルとラズベリー」、「にんじんとマンゴー」
そしてうわさの「トマト」!!もちろん一個ずつお買い上げ。


おしゃべりしてる間に「どうぞ~、」と
持ってきて下さった「フレンチトースト」、
見た瞬間に全員「わぁ~~~w」って。
たくさんのベリーと、アイスクリームと、
ふかふかのフレンチトースト。

f0134769_10511925.jpg


と、ご店主さんが「あのー、以前にも来て下さいましたよね?」
ええっ!?まえには旦那さんと一緒に来たんですけど…。
「やっぱりー。彼氏さんかと思ってました~w」

なんと覚えてくださってたんです!
そりゃ「俺ミルクレープ初めて食べた」発言には
二人でびっくりしましたからね…。
うれしかったです。
さっきぶうぶう言ってたチャッピーちゃんも
「バナナチーズケーキ」にご機嫌です。
かのんのフレンチトーストも友達のチョコパフェも、
どれも美味しくって感激しきりでしたw

小さな小さなカフェだけど、
ここにしかない、空気とか、笑顔とか、ケーキとか。
そういったものが合わさって「プリン80」なんですなぁ…。

買って帰ったコンフィチュールはやっぱりどれも美味しくって、また感動。
特にトマトは、以前に『南果』さんで頂いた
「プチトマトの梅酒漬け」によく似た味がしました。


フミコさ~ん!!おいしかったよ~~~!!

f0134769_1051582.jpg


『プリン80』


〒630-8371 奈良市光明院町10 2F
もちいどの通り
電話&FAX:0742-24-8003
営業時間:11:00~20:00

定休日:火曜 (臨時休業日あり)
[PR]
by caferepo | 2007-06-30 10:52 | ならまちカフェ
『らんる』を出てまたもひと気の少ない街を歩きます。
なんだろうこの世界、鈴木清順とか河瀬直美の映画の中みたい。

小さなギャラリーに入ったり、
物凄く小さいお茶屋(茶葉を売ってるやつね)を
見つけてびっくりしたりしながら、
目指すは「古書喫茶ちちろ」。

f0134769_23531023.jpg


うーん、迷っちゃったかなあ…?あ、あれかな?
開け放しの店内から聞こえる沖縄民謡。

すみませ~ん、と入ると
お店の人がちゃぶ台で伝票整理。
入っていいですか?とお聞きしたら
「ええけど、ご飯ものはでけへんのですがええですか?」

ええですええです。
ちなみに雪ころちゃんの食べた
「アーサー(岩のり)うどん」550円は今も健在。
(定食もあり。アサリの炊き込み御飯650円。)
ちょっと食べたかったなあ…。

靴を脱いで畳の部屋にあがると、
縦にながい町屋そのままの店内。
一番奥にはやはり中庭があって、いいかんじ。
売り物なのか読んでもいいのか、
とにかく多彩なジャンルの本が部屋を埋めるイキオイで並んでます。

中庭を見ながらみんなでラムネを飲んでおしゃべり。
扇風機も何もないのに、お店をいいかんじで風が抜けていきます。

涼し~い。

f0134769_23534938.jpg


時折ぽちゃんと金魚のはねる音、
ラジオからは相変わらず小さく沖縄民謡。
まるで沖縄にいるみたい。

ちなみにラムネ一本150円。学生割引は無し。
なんと他のメニューだと「学生割引」という名前で
飲み物が50円オフだそうです!

f0134769_23543254.jpg


そうそう、「ちちろ」さんといえばご店主の宇多滋樹さんが、
河瀬直美さんの映画「殯(もがり)の森」に主演されましたね。
最近は監督がカンヌで賞をとられたこともあって、
ひっきりなしにお電話が掛かってきたり、
少々お忙しげでした。
まるで「ほっといてくれ」的な仏頂面のおかあさん。
あはは、わかるわかる。
そんなのどうでもいいじゃないのねぇ。

150円でかなりのんびりさせて頂いて、
ごちそう様とお外に出ると
白い日差しにやっぱりかすかに沖縄民謡。

うんやっぱ沖縄だ、ここ。

f0134769_2355517.jpg



お店では文学講座を開いています。
[読む講座]毎月第3土曜日に参加者が同じ文芸作品を読み
意見を出し合う。助言者は読む講座は文芸評論家の嘉瀬井整夫さん。
[書く講座]毎月第1土曜日に参加者が書いた作品を読み合って
批評しあう。助言者は同店経営者の宇多滋樹さん。

参加費 読む講座:全6回6000円 書く講座:1回1000円。

ならまち文庫.古書喫茶「ちちろ」   
営業時間 11:30~18:30 
定休日 月曜 他不定休 
住所 奈良市南半田西町18-2 
電話 0742-27-3130
[PR]
by caferepo | 2007-06-28 15:31 | 奈良北部カフェ
f0134769_2251571.jpg


チャッピーちゃんから「『らんる』行かへん~?」と
これまたユル~っとしたメッセージを頂いて、
「行く行くv」とこれまたユル~っとお約束。

以前からすご~~~っく気になっていた
『らんる』に行ってきました!!

これまで「ならまち」の方ばかり歩いていたのですが、
この「きたまち」、実は「イイニオイ」のお店が
たくさんあるんですよ~w

というのも、メンバーのgoutさん主催の
コミュニティ「きたまちそぞろ歩き」を、
楽しく拝見させて頂いたのがきっかけです。
近鉄奈良駅から道路を渡った北側一帯を総称して「きたまち」…?かな?

晴天過ぎるほどの土曜日!お昼に集合して、
強い日差しの中日ぞろりぞろりと歩きます。
ふと路地を覗けば小さなパン屋、曲がり角にカフェ、
振り返れば小さなアトリエがあったりと、
ホントに楽しい界隈です!

それにしても人がいない…。
小さくラジオが聞こえてきたり、人の話し声は聞こえるのに…。
まるでここは幻の世界?

不思議な雰囲気の街を歩いて歩いて『らんる』に到着。
町屋を自分たちで改装されたという店内、
「こんにちは」と入ると、ひんやり土間の空間。
すでにご家族が一組お食事中でした。
靴を脱いで一段上がったお座敷のお席に座ると、
いかにも奈良らしい中庭。

f0134769_2261880.jpg


テーブルにおいてあるメニューもかわいい!
この日は前菜、パン、パスタの「パスタセット」(1050円)を
お願いしました。
ちなみに生パスタ、出来あがりまでに
少々お時間が掛かりますのでご了承ください。

まるでアイスクリームのようにかわいい前菜のポテトサラダw
パンもグリッシーニ、丸パン、ローズマリーのパンなど
素朴なのに噛めばかむほど味わい深い!もちろん手作りパン。

f0134769_227799.jpg


この辺りでお店は満席気味。
だけどお席が適度に離れているせいで全く圧迫感がありません。
待ちかねの生パスタ、この日はトマトとズッキーニのオイルパスタ!
まるで「きしめん」のように平らな麺はモチモチのしこしこです。
う~ん、さっぱりしたお味。
お箸で食べる麺はパスタというより、
まるでおうどんを食べてるような気分??
おいしかったです。ほんとに。また食べたい。

f0134769_2275797.jpg


プラス200円でプチデザート付き。
もう200円で珈琲か紅茶も付けられます。

手作りのケーキやその他カフェメニューもけっこう充実。
今度はカフェに来てみたいです。

お店は予約は基本的に不可とのこと。
あと、営業時間は17:00ぐらいまでだそうです。
レジ横にはパンの販売もありますよ~。

f0134769_2282891.jpg


『生パスタ屋 らんる 』
奈良市東笹鉾町41
0742-23-6494
12:00~17:00
隣に駐車場あり (4台)
月・火が定休日

niftyの地図ガイドです。
[PR]
by caferepo | 2007-06-27 22:09 | 奈良北部カフェ
f0134769_2295752.jpg

暑くなってくるとカレーが食べたくなってきますよね!
ここはかのんちからも結構お近く。
『JANK』の向かい、24号線を木津に入って
マクドナルドの手前にあるカフェ『Ganga(ガンガ)』。

一見かなりのディープ感漂いますが、
お店の人もとっても気さくなので、
勇気を出して入ってみてください。
勇気出す価値ある位ここのカレーは美味しいよ!

お店の前が駐車場。同じ敷地には眼鏡屋さんがあります。

扉を開けるとそこはインドです。
オーナーさんがインドやその他から買い付けてきた雑貨が
店内いっぱいに並んでます。

いんどのにおい~vかのんインドだいすき~。

カレーセットはエッグカレー、チキンカレー、野菜カレーから選択。
サフランライス、サラダ、ドリンク(チャイ可)で1,000円。
カレーはスパイシーで後からじんわり辛いやつ。
ラッシーや手作りケーキなんてのも有り!

f0134769_22103430.jpg


そういえば木津に引っ越してきた時になんだか思い立って、
「そや、ガンガ行ってみよう~w」って1人で行った事がありました。
もちろん近場に友達もおらず、まぁたとえ居たとしても
ちょっと二の足のディープ感。

じゃあいいや、1人で行っちゃえ!ってわけで。

こんにちは!と入るとお客さんはかのんひとり。
すみません、アイスチャイ下さいw
はいはい、と出てきてくださったお父さん、
しばしお話しながら「えーっと、太鼓の人ですか?」

へ?あ?違いますけど…?たっ、太鼓!?

「あっ、そうですか、ごめんなさいね。」

と、今度はお会計の時にお母さん。

「いつも来て頂いてますよねぇ~。ありがとうございます。」

…初めてなんですけども。

なんだかお母さんの笑顔に違いますよ、っていうのも気がひけて、
えへへと笑うかのん。

なんで!?

だけども良く考えてみたらその日は暑かったので
南国ファッションに、職業柄日に焼けてくりくり目玉のかのん、
インド人にインド語(?)で話し掛けられちゃうくらい。
どう考えてもお店の雰囲気にはぴったんこ。

むむむ、何か懐かしい気がすると思ったら…!

f0134769_2211784.jpg


そんな楽しい『Ganga』ですが、残念な事に
この間っから営業が金土日のみとなりました!
え~っと、冬には「冬休み」をされますので、
行こうかな、と思ったらお電話してから行かれるのが
いいかと思いますw
音楽イベントなんかもよく開かれてますよ!
詳しくはイベント覧参照デス。


『アジアカフェGanga(ガンガ)』

住所: 京都府木津川市市坂宮ノ内11-1
電話番号: 0774-72-7912
営業時間: 11:00~20:00(LO)
定休日: 月~木曜
駐車場: 10台
[PR]
by caferepo | 2007-06-27 10:59 | 木津カフェ
f0134769_2225598.jpg

主観ですかかのんさん?
ええ、主観です。

引っ越してからトンと行けなくなってしまった大好きなカフェ。
お店は24号線を橿原から北上、
運転免許センターのある近鉄「新の口」駅に向かって左折。
橋を渡ってT字路を左折。
ここから道が細くなりますので気をつけて。
すぐに駅に向かって右折、
駅と踏み切りを通り過ぎ、点滅信号まで来たらその向こう、
右手にあるのがカフェ『我留慕(ガルボ)』です。

駐車場は連なるテナントの特に何番とは決まってないみたい。
台数は多いので安心。

こじんまりしたお店の木の扉をからんとを開けると、

ジャズです。

壁にはギター、往年のジャズメンの
ウォールアートが掛かっています。
…と書くととっても入りにくいように思えますが、
入ってしまえば全く排他的な空気なんてありませんのでご安心を。

f0134769_22265143.jpg


不思議に和風の落ち着いた店内に流れるジャズと、
ネルドリップの濃い珈琲!
(もちろんマイルドもあります)
それだけでも魅力的なんですが、それだけではないんです。

ご飯が!ご飯が美味いんです!!

ご主人と奥様のお二人で切り盛りされておられて、
お昼には「昼膳」(¥1,000)、夕ご飯には
「夜膳」(¥1500?しまった!ど忘れ;;)っていう
和食のセットメニューを出されてます。
これが喫茶店で出てくるとは思えないくらいの
「ちゃんとした」ごはん。

もちろんその他にも「ピザ」や「カレー」、「カツ丼」なんて
ものあるんですが、どれも予想を越える美味しさ!
器にもアンティークが使われていたりと、
センスのよさがうかがえます。

この上にさらに!スイーツが充実してるんです!!

もうなんかかのんジャ○ネット状態ですがホントなんですよぅ!

「パイ」がね!
焼きたてサクサクで出してくださるんですよ!!
(もちろん冷たいほうが合うものは冷たいですが)
フルーツのパイ、ジャムのパイ、どちらもお勧めです。
注文を受けてから焼かれるので、
少々お時間が掛かる事はご了承ください。

その他にも季節のフルーツを使ったもの、
カキ氷、和風パフェ、ケーキセットももちろん夜遅くまで。
ああもうホント書ききれないっす!!

f0134769_22272965.jpg


奈良南部には珍しく11:00まで開いてるカフェ。
アルコールのラインナップはビールと
ご飯に合う日本酒ぐらいですが、
(かのんの大好きな『梅の宿』)
逆に「カフェである」矜持を崩さない姿勢が見える気がして
好感が持てます。

是非一度来てみて下さい。
かのんはホントにここの空気と、ごはんと、珈琲が好きです。

『我留慕 (ガルボ)』
 
橿原市新口町267-1-1
0744-29-6565 
月曜日(祝日の場合は翌日) 
9:00~23:00
「食べログ」より。地図もあり。
[PR]
by caferepo | 2007-06-26 15:16 | 奈良南部カフェ
ホタルオフの日!
当日はかのんの読みが甘く車が混んでしまい、
lime-lightさんとは会えず~;
ホントにごめんなさい。とっても残念です;;

夕ごはんにもやっぱカフェでしょう!ということで、
『mellow cafe』に行ってきました。
近鉄奈良駅近くにもあるよね。

f0134769_22404857.jpg


でもこちらのウリはなんと言っても石釜で焼いた「ピザ」!
ふーかふかのナポリ風生地に、
とろとろチーズとちょっと甘めの濃厚トマトソース!
ああもう思い出して涎が。

お店は橿原市の図書館前の通り、明日香に向かって
国道169号線沿いを走ります。
スーパー「オークワ」が角にある、
上を歩道橋が渡っている交差点を東に左折。
するとすぐに外観もかわいいお店が右手に見えます。
駐車場はお店の前に8台くらい?置けますが、
結構狭いので気をつけて。
あとねぇ、「結婚式の2次会のパーティー」なんてのも
結構あるので、「行きたいな」と思ったら
一度お店にお電話入れてみてください。
かのん2回はフラれてますので!

この日は6人でお邪魔しました。
ここまで来てピザを頼まないなんてウソでしょう!ってことで、
ほうれん草と卵のピザをトマトソースで、
鴨肉とキノコのピザをプレーンでオーダー。
サイズは選べないんですが、
ソースがトマト・クリーム・プレーンから選べます。
パスタは大皿か、1人分かサイズ選択可能!
魚介のトマトソース、ペペロンチーノ(具材忘れた;;)、
をもちろんLサイズで。
この他にデミグラスソースのドリアを頼んだのですが、
これが意外にうまし!
行ったら是非頼んでみてください。

この日はホタルを見に行った後で
「ナイトカフェ」に行きましょう、
っていう予定だったので頼みませんでしたが、
デザートメニューも数種あります。
ドリンクはカフェメニューもアルコールも充実。

何かが飛びぬけてる、というよりは
オールラウンドいけるカフェって感じ。
デートなんかに丁度良いのではないかなw
カフェ使いにもレストラン使いにも可。

あとねぇ、ちょっと立地がステキ。
窓から見えるのはひろーい水田ばかり。
なんだかほっとしますよ。

『PIZZERIA mellow cafe (ピッツェリア メローカフェ )』

住所: 橿原市四分町7
電話番号: 0744-21-0738
営業時間: 11:00~22:00(LO21:00) ランチ~15:00(LO)
金・土曜、祝日前日~23:00(LO22:00)
定休日: 無休
駐車場: 10台

奈良っこグルメより。地図もあり。
[PR]
by caferepo | 2007-06-21 22:41 | 奈良南部カフェ
『イマジン』を出て、混雑する国道を葛城山へと走ります。
おりしもこの日は本当にいいお天気!
最高のドライブ日より!(ちょっと暑かったけど)

「いい景色見ながらアイスクリームなんて良くない?」
「いいねそれ。」
らららら♪

f0134769_1155080.jpg


ってなわけで、一路一行は『ラッテたかまつ』へ。
五條市まで開通した「山麓線」、
カフェ『sora』を横目に(ここも行きたい!)
山側に曲がって車はどんどん登っていきます。
ナビで「ラッテたかまつ」って入れたら
ちゃんとヒットしてびっくり。
でも案内はかなり手前で終了してしまうので(をい;)、
そこからさらにぐいぐい登っていってください。

ラッキーガーデンほど厳しくはないのですが
それでも細い登り道、看板を見ながらやっとお店到着。
手前に第2駐車場、お店の前にも4台ほど車が置けます。

車から降りるとそこはかとな~くウシさんの匂い!
振り返れば上ってきた坂と、奈良盆地が一望!!

すご~い!

f0134769_1163447.jpg


周りは野っ原ってわけではなく意外に住宅街。
だけど、このなんかのんびりした感じはいいねぇ。
お店の中では搾りたて牛乳の試飲とアイスクリーム、
ソフトクリームの販売。

アイスがね!30種類ぐらいあるの!
イチゴ、バニラ、抹茶は言うまでもなく、
「かぼちゃ」、「にんじん」、「黒ゴマ」、「きなこ」!!
「ヨモギ」や「ほうれん草」なんてのも!!
店員さんのお勧めは「大吟醸」。
奈良の銘酒「春鹿」の酒粕を使用しているとか。
アルコール分は0なので
運転手の方が食べても大丈夫ですよ!

試飲の牛乳はすっごく濃い味。
ソフトクリームも
食べたことないくらいのクリーム感です。

f0134769_1172718.jpg


お店の外のウッドデッキで、
景色を見ながらアイスクリーム。
お隣では団体さんが楽しそうにBBQ。
いいなー、かのんもBBQしたい…。
お店のほうでは炭と食材さえ買ってくれば、
施設は借りられますよ、とのこと。
うひょ~いwじゃあ今度はBBQやね!

お店を出て少し上がるとポニーの「ポーちゃん」、
乳牛さんたちの牛舎があります。
牧場といっても広い野原に牛がいる感じを想像すると
ちょっと違うかもね。
牛舎の牛にかのんテンション上がりまくり。

f0134769_1183152.jpg


すげー!うし!!うし~~~!!!
かのん四ツ足大好きなんですよwww

久しぶりに触ったウシはおっきくって温かくって、
目がぱちくりしてて、大感動でした。

予約すれば乳搾り体験もできます。
チチ搾りたいかのんですがここはぐっと我慢!
近くには乗馬場もあったりして、
子供さんと来ても一日遊べちゃうんじゃないかな。
いつかBBQ&チチ搾りに来たいと思います。

f0134769_1191672.jpg


店内では新鮮牛乳を使ったケーキや、
モッツアレラチーズの乗ったピザの販売も!

後悔しないようにクーラーボックスを是非持参してください。
おいしそうだったよ~v


『ラッテたかまつ』

奈良県葛城市山口278-3

営業時間  
4月~11月 AM10:00~PM5:00 無休
12月~3月 AM10:00~PM4;00定休日毎週火・水曜日

(臨時休業もありTELにてお確かめください)
℡:0745-62-3953
FAX:0745-62-4010
[PR]
by caferepo | 2007-06-21 01:19 | 奈良南部カフェ
f0134769_8254216.jpg


この週末はかのん奈良南部で遊んできました!
もともと住んでたのは高田市だし、
こっちのほうがむしろ馴染みだったりします。

土曜日の昼下がり、チャッピーちゃんと皆で
オーガニックカフェ『イマジン』に行ってきました。
ここはずっと行きたいなって思ってたんですよ!
でもかのんは仕事人、平日は無理。
営業日もまた特殊だし;;
(木曜~日曜は普段はお休みだそうです。
必ず電話してから行って下さい。)
ダメ元でお電話すると、「いけますよ」とのお返事が!
ありがとうございます!お伺いしまっすw

お店は生駒線近鉄平群駅から徒歩100歩
(ってHPに書いてある;)。
線路の西側、南にある駐輪・駐車場の南向かいです。
車だと168号線を南下、南都銀行の角を左に曲がって、
細い道をずずいっと入ったところ。
ドン着き右手方向にあります。
ビル?マンション?の1階、3軒ほど並んだお店の一番右端。
小さくて見た目はそんなに目立たないお店なので気をつけて。
駐車場は向かいの1~3番に停めてください。
お店の前は歯医者さんの駐車場だそうです。

f0134769_826341.jpg


こんにちはぁと入ると、
飾り気のない打ちっぱなしの店内に気持ちのいい音楽。
ご店主さんがいらっしゃいませ、と出て来て下さいました。
どうやらお一人で切り盛りされてる模様。

ランチは1500円の1種のみ!(要予約!)
ですがこれがもう!
手間ひまかけた感動の「美味しい菜食ご飯」なんです!!

かのんが行った日は「いんげんの白和え」「ひじきの煮物」
「えんどう豆の炊いたやつ」「昆布と胡瓜の糠漬け」
「お味噌汁」「雑穀ごはん」「冷奴」「雑草のてんぷら」、
「サラダ」と濃厚な「豆乳スープ」。

f0134769_827966.jpg


男の人にはちょっと少ないのかなって思ってたんですが、
これが十分!美味しく、優しく、ヘルシーなものを、
お腹いっぱい食べられるランチでした。
サックサクの「雑草のてんぷら」はちょっと感動ですよ。
特にヨモギが!あっこれ「ハーブ」だ、って感じ。

野菜ってついつい不足しがちなんだけど、
それはやっぱり手間がかかるから、っていうのが
大きいと思うんですよね。
お肉だと早くて簡単で、すぐ美味しいものが出来ちゃう。
かのんは菜食でもないし、マクロビでもない。
ゆっくり素材と向き合う時間なんて作れないし、
どんどん生活は「スロー」でなくなっていく。
「スロー」であるという事はお金がかかることではないんですよね、
あたしたちはお金で「ファスト」を「買って」るんです。
でも立ち止まれない。
これはすごく怖い事。

かのんの大好きなブログ「une table」のカオリさん、
「手作りの食卓を囲んで」のチャッピーちゃん、
とってもとっても尊敬してます。

f0134769_8275083.jpg


この日5人でランチしたのですが、
みんな何にも言わないのに背筋を伸ばして、
「ゆっくり」「大事に」食べてました。不思議。

ドリンクはプラス200円でオーガニックコーヒーがつけられます。
(残念ながら紅茶は別。)
ケーキやその他のカフェメニューもありましたよ!
ケーキはなんと『樸木』から!!食べたかったなぁ~;;
カフェでは定期的なイベントもあります。

美味しいばっかりでなく、自然と生活について考えさせられるカフェ、
ぜひ行ってみてください。ご店主さんもとってもいいかたですよ。

『オーガニック&ロハスカフェ イマジン』

営業時間
月 火 水 曜日
12時~15時
第2週土曜日
12時~19時ごろまで
定休日
木 金 土 日曜日
住所:奈良県生駒郡平群町下垣内84-7
 へぐり歯科ビル1階

臨時休業・貸切・イベントの場合もありますので、
前もってお電話ください、とのことです。
電話0745-45-8561
[PR]
by caferepo | 2007-06-19 12:17 | 奈良南部カフェ
f0134769_1221016.jpg

 デザートってホントちょっとしかなくって、
「これもうちょっと食べたいなぁ~」っていつも思ってるかのんです。

ですが今回は!すごいよ!
とっても美味しい抹茶スイーツでおなかいっぱいのカフェ!!

ステキ。夢かこれは。

宇治にある『中村~』に行ってきました!
それも「LOVE奈良CAFE」のオフで。
えへへ、今回はかのん完全に「しりうま」でございます。ぶひん。

『南果』から車に分乗して走ること40分くらい。
JR宇治駅の駅前の車通り、その一本南の商店街の通りに
お店があります。もうね、日曜日とあって
狭い通りにお土産を求める人がはみ出してました。大人気です。

人気商品とは…濃ゆ~い緑の、ぷるんぷるんの、
すっごく薫り高い「抹茶ゼリー」!!
カフェに行ってる間に売りきれてました。残念!!
まぁ今回は店内で食べるのを目的に行ってたので、
次回のお楽しみです。

店内のカフェもすごい人待ち!
だけどこういう時誰かと一緒っていいね!
おしゃべりしながら待ってたらすぐでした。

お茶屋さんだけあってメニューは「お茶尽くし」!
「抹茶ゼリー」は言うに及ばず、
「新茶ゼリー」、「抹茶あんみつ」「抹茶しるこ」「抹茶白玉」。
もちろん「お薄」に「濃茶」も。

f0134769_1223747.jpg


岩男さんが「ここの抹茶ゼリーは竹筒に入ってきますよ」って言うから、
なんだぁ~、かわいらしいやつかぁ~、とか思ってたら大間違い!!
竹は竹でもこれはうちの裏にある神社の竹ですよ!!
しかも根元部分!でかっ!
その大きな器に抹茶アイス、美味しい小豆餡、
白玉、抹茶白玉、たっぷりの抹茶ゼリー!!
どれも甘味は本当にあっさりなので、いくらでも食べられます。

たまりまへんな~!!

食べ終わればお腹はぽんぽこ、
ちょっぴり体は冷え気味だけど、悔い無し!!
帰りには「抹茶のガトーショコラ」をお土産に帰りました。
もちろんお茶屋さんですので
「お抹茶」も「新茶」も「銘茶」も揃い踏みでしたよ。
行く時にはくれぐれもお昼は軽めにね。

f0134769_123789.jpg


『中村藤吉本店』
〒611-0021 京都府宇治市宇治壱番十番地 (JR宇治駅南口前)
電話:0774-22-7800/FAX:0120-15-8000
無休
11:00~18:00(LO17:30)
[PR]
by caferepo | 2007-06-17 12:08 | 京都カフェ
この週末、お隣さんコミュ
「LOVE 奈良 CAFE」さんのオフ会に参加してきました。

f0134769_11482997.jpg


「行きたいけど行けないカフェ」って
それぞれにいろんな要因があるんですが、
かのんにとって『南果』は
「場所がはっきりわからない」のが大きな理由でした。

「高畑」なんて土地勘も無いし、道は細いし、駅から遠い。
素敵なお店がたくさんあるなと思いながら、
足を踏み入れられない場所のひとつでした。
これをきっかけにいろいろ行けるようになるといいな!

場所は東大寺、春日大社に一番近い交差点を
南に向かって降りていきます。
飛火野を右手に見ながら真っ直ぐ行くと、
「高畑」の交差点に出ます。
それを「通りすぎて」すぐに左折。
ほっそい、歩行者用の道をどんどん、どんどん進みます。
「写真美術館」の看板がありますが、
それを通りすぎて更に奥。

f0134769_11461870.jpg


すると長屋があって、
『南果』と書かれた赤いのぼりと小さな木の看板!
その一番奥から2番目が『南果』です。

駐車場はその長屋の角を曲がって、
未舗装の道をずっと入ると右手にあります。
奥に2台、手前に2台停める形。
結構難所なので車の運転に自信の無い人はやめとかれたが吉!!


古い木造の長屋の、なんだか懐かしい引き戸を
カラカラッと開けると、土間に続くかわいい畳のお部屋。
ガラス戸から差す光で明るい店内には、
作家さんの陶器、シルバーや革のアクセサリー、
編みぐるみ、染めのアロハシャツが並んでいます。

f0134769_1147310.jpg


この日はオフ会とあって9人、予約でお邪魔。
お店の机を全部使って満席。
他に来られる方がおられなかったのが幸いです。
お一人で切り盛りされていることもあって、
配膳なんかをちょっとお手伝いしながらの「お昼ご飯」です。

「ふつーのご飯ですよ」と仰られるものの、
ちゃんと手間ひま掛けて作った、「ちゃんとしたご飯」。
胡瓜の黒胡麻和え、茄子の煮浸し、
卵焼き、ひじきと雑穀のご飯、
たまねぎの入った甘めのお味噌汁、
エンドウ豆とブロッコリーのてんぷら。
デザートにプチトマトの梅酒漬け。
これ、すごく美味しかったの!マスカットみたいな味がしました!

f0134769_11474680.jpg


ランチは900円。(前日までに予約が必要!)
プラス200円でコーヒーか紅茶。
その他の飲み物も100円引きで。
かのんは南果さんご自慢のコーヒーを頂きました。
キャラメルミルクやチャイをオーダーされた方は、
すっごく大きな「カフェオレボール」でサーブされてましたよ。

(頂いた「オマケ」、とってもうれしかったですw)

あ、今2階では「Tシャツ展」開催中です!
そろそろ売りきれも多くなってきてますので、
手に入れたい方はお早めに!!
(すみません、アップ前に終了しました。)

今回は大勢で押掛けてしまいましたが、
本来なら多分、1人で来るのがいいんじゃないかな。
沢山で来て楽しくおしゃべりして帰るよりも、
1人で来て、ゆっくりのんびりして帰るのが似合うカフェ。

ぜひここを目指して、地図を広げて、
バスに乗って、てくてく歩いて来てみて下さい。
きっといい時間が過ごせると思いますよ。
写真美術館や新薬師寺に行くのもお勧めです。

『南果』
 
奈良市高畑町1331ー2

TEL&FAX: 0742(24)7466

OPEN 11:00-18:00

火曜定休 臨時休業有り

アクセス方法・・・ 市内循環・中循環
            『破石町』下車徒歩7分
[PR]
by caferepo | 2007-06-15 12:31 | ならまちカフェ