「ほっ」と。キャンペーン

意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

珈琲豆蔵(まめくら)』

奈良っこぐるめより
TEL / 0742-20-2666
住所 / 奈良市法蓮町972-1
営業時間 / 9:00~19:00
休日 / 水曜
駐車場 / 2台

f0134769_172834.jpg


珈琲には何かと思い出の多いかのんです。
そう、こちらのカフェ・・・、大好きだったアノ人が大好きだったカフェ・・・w
なんて書くと一気にロマンチスターかのんですが
現実そんな事はミジンコぐらいには

・・・あるな、ちょっとは。(ヲイ)

まま、珈琲の香りの似合う、年上の男性なんて
シチュエーションにね、憧れちゃったりするわけですよ
主婦は!!

あ、事実はミジンコ程も無いのでご安心を。


なんだか久しぶりに「ピンクのモヤモヤ」から始まっちゃってるカフェレポですが
ブログを間違えたわけではないので、帰らないでくださ~い;

f0134769_1103765.jpg



さてさて。

珈琲大好きなかのんの、こちらも大好きなお店のひとつです。
『珈琲豆蔵』さんです。


お店はR24を京都方面に。一条高校のある「法華寺東」の交差点を右折。
踏切を渡り、超有名なカフェ「くるみの木」を通り過ぎ、
「佐保小学校」を過ぎてすぐ、左手に「春日野荘」のある交差点を右折。
交差点が小さいので要注意。

曲がるとすぐにこちらのお店が見えると思います。


f0134769_194472.jpg


装飾の少ない、シンプルな店内には珈琲の香り。
珈琲は自家焙煎。もちろん販売もしておられます。

今日のコーヒー 340円
さわやかブレンド 340円
豆蔵ブレンド 400円
ブルーマウンテンNO1 460円
(2008.6月の価格。変わってないといいけど。)


ブレンド類は二杯目からなんと半額。
(これも変わってないといいけど・・・。)
ケーキもまたなかなか美味しいんだよねぇv

f0134769_185731.jpg


みんなでわいわい、というよりは
男性でも女性でも「お一人様」が似合うカフェ。
静かに時間を過ごしたいカップルさんにもいい場所かも。

忙しい毎日を抜け出して、ちょっと一息つきたいときに
わざわざ出掛けるのには丁度いいカフェだと思いますよ~v


2008.6 某日 かのん

お店の前でねこさんに出会いましたw

f0134769_11182.jpg

[PR]
by caferepo | 2009-01-28 01:10 | 奈良北部カフェ
蕎麦人(そばじん)』

営業時間 (昼)11:00~14:00
定 休 日 水曜日
所 在 地 〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台4丁目45-10
電話番号 0774-94-5332
お子様連れ可、駐車場有り

f0134769_1234836.jpg


みなさんはお蕎麦好きですか~?
かのんはといえば実は「うどん派」です。


おいおい、そんな事言っちゃあ話が終わっちゃうじゃないですか。


だってお蕎麦って「お高い」ような気がしませんか~?;;
し、敷居とかお値段とかっ;
おつゆは甘すぎたり辛すぎたり、
薀蓄くさかったり、理屈くさかったりして。
かのんにとって「オソバ」は長年かけてすっかり
「なんかめんどくさい食べ物」に成り果ててしまってました。


そんなかのんですが「おいしい!」と感じるお蕎麦屋さんは
何軒か存在します。

その中の一軒がこちら『蕎麦人』さんです。


お店は木津のお隣の「精華町」。
R163号線を木津から大阪に向かって走ります。
登美が丘イオンの手前、「林産婦人科」と
回転寿司「スシロー」のある交差点を左折。
「光台」の住宅街の中の道を上っていくと
左手に『蕎麦人』の大きな看板が見つけられると思います。
お店の横が駐車場。

f0134769_1243810.jpg


営業時間が11時~14時の3時間だけっていうのがすごい!

お店の感じは白木のモダンな和風作り。
かのんが行ったときには結構たくさんの人で賑わってましたw
おかげさまで平日には20食限定で出しておられる
1200円の「定食(お蕎麦、てんぷら、炊き込みご飯、煮物など一品)」は売り切れ。
残念~。

なので「てんぷらざる蕎麦」1400円を注文。

f0134769_1251535.jpg


お蕎麦は殻付きの「玄そば」か、殻を取った「丸ぬき」から選べます。
お店の人によると「丸抜き」は蕎麦をあまり好きでない人にも食べやすいように
殻を完全に除いたものだそうです。

てんぷらはもちろん熱々のサクサク!

肝心のお蕎麦はほっそりしてるのにコシがあって、
つやつやしてます。

うま~いw


ただあくまで個人の好みをいうと、
かのんはお蕎麦を「じゃぼん」とおダシにつけちゃう野暮天。
こちらのおダシはそれをするにはちょっとからいかも・・・?
江戸人を気取って1/3ほどを「ちょんと」つけて食べるのがよさそうです。

(そういいながら、おダシは毎日ちょっとづつ違うんだとか。
その日に打つおそばに一番合うようにしてるんだって。
これがその日に一番合うおだしだったのかもね。)

もちろん「蕎麦湯」のサービスも。

あ、そういえばお蕎麦の前には「そば粉のお菓子を揚げたもの」を頂きました。

f0134769_1255526.jpg


お蕎麦を好きな人もそうでない人も
こちらのお蕎麦はちょっと唸ると思うなぁ・・・。
最近美味しいお蕎麦、食べてないな~と思ったら
是非精華町まで足を運んでみてください。
その価値はあるお蕎麦だと思いますよw

2008.6.某日 かのん
[PR]
by caferepo | 2009-01-25 01:26 | 精華町カフェ
nya-binghi(ナイヤビンギ)

〒630-0266
奈良県生駒市門前町12-9
電話番号 0743-73-0805

営業時間 12:00頃~21:00頃まで
定休日 毎週火曜日
(昼ごはん、夜ごはんは要予約)

f0134769_13256.jpg


春が待ち遠しい毎日ですね~!
こんな日にはコタツでまったりとテレビ・・・。
といきたいところですが、
かのんったら2008年に行き貯めたカフェレポが
ヤマのように・・・。

こちらの『ナイヤビンギ』、訪れた日にちは2008年5月。
・・・もうすぐいちねんやんけ~っ!

これこれ、口汚ない。めっ。

f0134769_154751.jpg


はい、もうすぐ一年になりますある春の日、
かのんは大好きな『ナイヤビンギ』さんに
念願の夜ごはんを食べに行ったのでしたw

あっ、昼ごはんのレポはこちら
カフェレポがまだ細々と「家庭内工業」だった頃の文章なので
今読むと全くのカフェレポじゃなさ加減に凹みます。

お店は生駒駅の南側から伸びる道を
「宝山寺」に向かってひたすら登ります。
かなりの急坂なのでがんばって。
頂上の有料道路の入り口前にだだ広い無料駐車場があるので
そちらに車を停めて(無人で無料なので十分注意)
「宝山寺」の参道をお寺とは反対方向に歩いて下っていきます。

そうするとちょっとあやしげな電飾がかわいらしい
『ナイヤビンギ』さんにたどり着きます。

f0134769_162634.jpg


そう、こちらは元旅館。
旅館を改装して、そりゃ~もう個性豊かな個室が楽しめる
ユルっとカフェになったのです。

店内を流れるレゲエのビートに固くなったアタマもリラックス。

どうぞ、と案内していただいたお部屋は
前回もお邪魔した「眺めが最高のお部屋」!

夜には奈良のつつましやかな夜景が楽しめます。

f0134769_171452.jpg


そんなステキな空間で頂いた夜ごはん・・・。

「玄米ご飯ともちもち蓮根ハンバーグのお膳」
アボカド豆腐
きんちゃく焼き
にゅうめん
蓮根ハンバーグ
自家製お漬物
お味噌汁
玄米ごはん
デザートとドリンク

f0134769_110536.jpg


この「アボガド豆腐」がすごいの!
なめらかでクリーミーでおいしい!!
お膳はお肉を使わず、地元の食材を使った、
手間と時間をかけて作られた「きちんとごはん」。

f0134769_18251.jpg


食後のスイーツもおいしかったな~w

f0134769_184175.jpg



独特な雰囲気とお店構えにちょこっとびっくりするかもしれないけど、
そのユルっとした空気とおいしいご飯、
長居のできる気兼ねの無さに
きっとお気に入りカフェになると思いますよw

2008.5.某日 かのん


おまけ

「お昼間の参道の猫たち」

f0134769_0541533.jpg


f0134769_05427100.jpg


f0134769_0544690.jpg


f0134769_0552729.jpg


f0134769_0554826.jpg


f0134769_056783.jpg

[PR]
by caferepo | 2009-01-22 01:10 | 奈良北部カフェ
『cafe rhyme(カフェ・ライム)』
奈良県生駒市南田原町1051-23
TEL:0743-71-9222
11:00~19:30 (19:00 LO)
定休日 毎週水曜日、第1・第4火曜日

『relax living』 HP
『スタッフのリラックスブログ』
『cafe☆rhyme』

f0134769_1133159.jpg


寒い寒い冬の日が続いてますね~。
巷ではインフルエンザが流行っているそうですが
皆様の周りは大丈夫ですか??

ところでかのん、
冬のカフェが好きです。

温かい飲み物を飲みながら、
暖かい店内から寒そうな外の景色を見るのが
たまらなく好きです。

そんなかのんの2009年実質的な初アップは
『cafe rhyme(カフェ・ライム)』さんです!

f0134769_114133.jpg


え、そんなカフェって生駒にあったっけ?
あるんです、というか2008年の秋にオープンしたばかり!
インテリアや北欧デザインに聡い人なら知っている
あの『リラックスリビング』のなんと2階に!!

マリメッコやイッタラ、ムーミンに囲まれたアノ空間でカフェ・・・w
うわー、まるで夢のようじゃないですかっ。


お店は奈良からだと「阪奈道路」を「生駒」で降りて、
信号を左。「阪奈病院」を通り過ぎ、「ジャパン」を越えたらもうすぐ。
左手に『relaxliving』のステキな看板が見えると思います。
「業務用スーパー」の交差点まで行くと行き過ぎなので注意。

大阪からだとR163で奈良に入り、R168との交差点で南下。
交差点には出光のGSあり。
そのままずっと走って、ローソンを通り過ぎ
軽い山道を越えて「業務用スーパー」のある
5叉路の交差点を越えたらすぐ右手に見えます。

お店の前が駐車場。ちょっと広めで楽駐車。


この日はmixiコミュ『love奈良cafe』の前・管理人さん、
K骨I男君がなんとはるばる転勤先の広島から帰ってくるというので
こりゃーもうかのんの大好きな「あのカフェ」にお連れするしかないでしょう!!

f0134769_1153360.jpg



1階のスタイリッシュな雑貨とカトラリーのお店を
誘惑に負けないように通り抜けて階段を目指します。
2階もまた魅惑の空間!堪能しながら奥に進むと
そこが『カフェ・ライム』です。


スタイリッシュすぎるカフェは味は二の次、なんて思ってるあなたっ!
それは大きな間違いです。
こちらのカフェは空間も本物なら味も本物なんですってば。


f0134769_117872.jpg


かのんがオーダーしたのは
「RODGROD 北欧風赤い果実の赤ワイン煮ともちもち揚げ生麩」480円。



「赤い果実を煮込んだ北欧のお料理(デザート)RODGROD(ロードグロード)を

rhyme風の大人なアレンジにしました。

デンマークでは、元気の出ない時に食べる 「赤い粥」 とも呼ばれています。

ビタミンもミネラルも豊富に摂れて、自然パワーがいっぱいです。

赤い色は、身も心も元気にしてくれます。

ヘルシーでもっちもちの揚げ生麩との相性も絶品。」(ブログより)

f0134769_1175534.jpg


I男君がオーダーした「生麩と桂花陳酒ゼリーの雅なパフェ」850円も
ちゃっかり撮影。


「上等な生麩をつかい、上品なパフェに仕上げました

贅沢なオトナのための「和」パフェです。

生麩は高たんぱく低カロリーで、日本古来の体に良い食材です

濃密な黒蜜ときな粉も加え

楊貴妃が好んだという桂花陳酒の香りとも相性抜群です

甘みの中にもさっぱりとした後味です」(メニューより)

f0134769_1184377.jpg


美味しいコーヒー(カフェラテ)に二人ともすっかりほっこりムード。
(ちなみにドリンクとスイーツ注文で50円引きです)
冬ドリンクの「きいちごとふわふわソイミルク 380円」も飲みたかったなぁ~w

f0134769_1191685.jpg


ちょっと久しぶりだったライムのスタッフ「むっちゃん」に
すっかり話し込んでしまいました。

この益々もってせちがらい世の中に、まるで逆行するように
「本物」だけを提供していくという難しさ。

これからも彼女の熱い気持ちのまま、このカフェがずっとステキでいてくれますように!


f0134769_120166.jpg


ちゃっかりこっそりと試作品?の「チョコレートムース」を頂いたり・・・。
これがもうトロけるってば!!
C&Sもかわいすぎ!!

春にはちょっとしたごはんメニューも登場予定だそうですよv

f0134769_1204415.jpg



お一人様でも、男性でも、年配の方でも、カップルでも。
ちょっと駅から離れてるのが難ですが、
ぜひこの大人のリラックス空間を楽しみに
このカフェに行ってみてください。
きっときっと、お気に入りになる事間違いなしですから!

f0134769_12127100.jpg


このときの模様がカフェライムさんのブログにがっつり載ってて
かのんが一人夜中に変な汗を流した・・・のはあくまで余談です。

2009.1.14 かのん
[PR]
by caferepo | 2009-01-15 01:23 | 奈良北部カフェ
『オステリアバッヴォ(osteria ba'vvo)』
奈良っこぐるめより

住所: 奈良市柏木町422ー1 柏木ビル3F
電話番号: 0742-36-8136
営業時間: 11:30~14:00(LO) 18:00~21:00(LO)
定休日: 火曜

駐車場: 55台(他店共有)
席数: テ20
ランチ時にはクレジットカード不可だそうです

f0134769_0205044.jpg


あけましておめでとうございます!!
本年もブログ『カフェレポ!』をよろしくお願いします

お正月はいかがお過ごしですか?
かのんはといえば・・・毎年の事ながら「食い正月」です。

うがああ;そうさ断れない、避けられない、遠慮できないの
悲しい主婦のお正月さ!!
この三日間でかのんの目方はうなぎのぼりっ。

ソーセージ君のようにソファーに横たわりながら
もりっ、とくびれのなくなったオナカにつぶやいてみるのです。
ぽーにょぽーにょぽにょ さかなのこ~♪
まんまっるおなかっの・・・。 

・・・ふぉ~~~;;

ひねくれて~星をにらんだ~♪(タイガーマ○ク)涙。


あああっ、そうです、新年です!!
新しい一年の幕開けですよw
ぽにょはもうおいといて!

そういいながら新年初アップは
「去年のクリスマス何食べた?」であります。

え、気になりません?他人のクリスマス。

かのんのクリスマスディナーは
『オステリア・バッボ(osteria ba'vvo)』さんでいただきました~w

かのんと旦那様が結婚する遥か以前から
二人で大好きなイタリアンレストランです。
ええとかれこれ7年・・・?
ホントに最初に来たのが旦那様とだったのか冷や汗をかきながら
聞いてみたらどうやらそのようでした。あはは;;

いまではいろんな所に掲載されたり、いろんな雑誌に載っちゃったり
何かといろんなことが書かれてしまうこともあるようですが、

かのんこのお店好きなんです。
味とか雰囲気とか。自分に合うんです。それだけ。


この昨今の不況に逆行すべく・・・というかもう年末から
助走状態に入るべく、とはいえ
「清水の舞台から飛び降りる」キモチでこちらを予約!
25日のクリスマスディナーと相成ったのでした。

f0134769_0225140.jpg


先ずは前菜。自家製ベーコン&ソーセージ、ハムと野菜の盛り合わせ。

f0134769_0242858.jpg


パスタはフォアグラとトリュフの香りを効かせたキノコのオイルパスタ!!
かのんオイルパスタはちょっとニガテだったのですが
これはもうホントに年を越えた今でもはっきりと思い出せるほど
香りが高いの!!

むふぁ~vvv

f0134769_023458.jpg


伊勢海老のトマトソース。
昨年は「手長エビ」だったのですが、もう足の一本も残さず
硬い甲羅までしゃぶりきった記憶があります。

「もう!去年みたいなのだとカッコ悪いよ!かのん!!」

旦那様の心配をよそにむしゃぶりついていたかのんですが、
さすがに伊勢海老の装甲は硬く、
「今日はこれくらいにしといてやるか」ってな感じでかろうじて原形をとどめました。

f0134769_0254282.jpg


いわずと知れた和牛のグリル!

ここで思いがけないサプライズ、というかただの偶然なんですが
「いつか『バッヴォ』で食べたいメニューとか指定して、ディナーとかしてみたいよね~!
あ、そうだ!「リゾット」が食べたいな~w」なんて妄想していたかのん。

リゾット添えじゃないですか!!

おお、リゾット。この時には「添え物」としてのそれでしたが
ぜひ「トマトソースで」、一皿として食べてみたいです。

f0134769_02618100.jpg


自家製デザートの盛り合わせ。
「キャラメルアイス」の下にはさっぱりと「リンゴのシャーベット」。
クレームブリュレはまるで映画『アメリ』の冒頭に出てくる

「ぱりっ」

が楽しめます。(見てない人は是非見て~!!w)


食後にはコーヒー(イリ)か紅茶(マリアージュフレール)かエスプレッソ。

かのんは紅茶、旦那様はエスプレッソをチョイス。
最後の最後まで美味しくってニッコニコのクリスマスディナーでした。

新年に向けて不安な話題は尽きないけど、
これからも美味しいものを食べて、ブログも書いて、
自分自身の体調管理に気をつけながら
家族全員の無病息災を祈りたいと思います。

2009年もよろしくお願いします。

2009.1.3 かのん
[PR]
by caferepo | 2009-01-04 00:27 | 奈良北部カフェ