意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ぼくらが旅に出る理由

題名は小沢健二より。

それにしてもこの人ってすごいよねぇ。
好き嫌いで言うとちょっと苦手なんですが、
それを超越した唯一無二の存在だと思います。

あ、それは置いといて。

かのん29日から7月3日まで
バリ旅行に行ってきます。

海外旅行はすごく好きです!

私が死ぬその瞬間に「あの旅行楽しかったな」って
思い出してニャリとするような
そんな旅になるといいなと思います。

たまにはこんな私事もいいよね!だってブログなんだもん♪
[PR]
# by caferepo | 2009-06-29 00:52 | 日々の泡
『スリランカカレーの店 サーマヤ』
最寄駅:近鉄山田川駅
    改札を出て南へ徒歩1分。
TEL.0774-29-6561
営業時間:am11:00~pm2:00
定休日:土・日曜日
障がいを持つ方の就労支援に協力するお店です。


f0134769_23345784.jpg


夏がきますよ!


え、知ってるって?

緑がどんどん濃くなって、お日様はきらきらと痛いくらい。
びっくりするくらい景色が「ぱきっ」としてきたな、と思ったら。

夏じゃないですか!

夏といえば!そう、カレー!カレーが食べたいよね!?
しかもじわっとからいやつ。
スパイスがきいてて、目の下にも鼻の下にも汗なんかかいちゃって。
実はこうみえて木津は結構カレー王国です。
ガンガでしょ~、アンナプルナ、HASUHA、
押熊までいけばアジャンタ、シャンティも。

そんな中、最近オープンしたカレー屋さんを見つけたんですよ!!
こちら『サーマヤ』さんです。

f0134769_23364152.jpg


場所は近鉄京都線「山田川」駅のすぐ近く。
駅前と言っても過言ではありません。
駅の改札を出てすぐ、パソコン教室の方に向かって歩きます。
アパマンショップの方に向けばすぐそこに看板が見えるはず。



ランチは日替わりのカレーが二種類とライス、ロティ(スリランカのナンみたいなの)、
まさに「本場の紅茶」がついて650円!(オープン記念価格です)
カレーが無くなり次第終了のランチです。

f0134769_23371788.jpg


なんだか不安な気持ちでそぉっとドアを開けたら、ニコニコした日本人男性が
「いらっしゃいませ!」。

お店は基本的にセルフ方式。
入ったらすぐにカウンターの所にある、金属のお盆をとって
ご飯とカレーをよそって食べる。
おかわり自由がうれしい~vv

f0134769_23375067.jpg


かのんが行った時には「ダール豆カレー」と「じゃがいものカレー」がありました。

壁に貼ってあるあるスリランカの地図を見ながら「もぐもぐ」すると
「じわっ」と汗が!!


うまい~!!
(かのんさん、また独りで行ったんですか?なんてツッコミは無しの方向でお願いします)


かのん実は本気辛いカレーは苦手なんです。
でもこちらのカレーは大丈夫!

f0134769_23381839.jpg


じゃがいものカレーはスパイシー。
ダール豆カレーはマイルドな辛さです。
ナンみたいなやつがまた旨い。

f0134769_23384835.jpg


ちょっとお腹いっぱいかも、なんてかのんの乙女心もリミッター解除。
しかしこれで650円なんて心配になっちゃうよ…。

濃くて旨味たっぷりの紅茶は苦味がちょうどいいかんじ。

f0134769_23392472.jpg


なんでお昼だけなんですか?って聞いたら、
スタッフが揃えば夜も営業したいんですけど…と、ご店主。
「障害者就労支援」に協力するお店で、なかなか遅くまで営業するのは難しいご様子でした。
かのんはお昼はお仕事してるので、夜もやっててくれると嬉しいんだけど。

f0134769_2340552.jpg


お店の名前「サーマヤ」とはシンハラ語で「平和」って意味なんだって!

テイクアウトもしておられますw
ちょっとしたお昼ごはんにもいいかも~!


2009.6.某日 かのん


本日の「プラスワン」・・・。

最近は朝早くに出掛けて、帰るのはかなり遅く。
泥のように疲れていてはワンコと遊ぶのも難しくって。
ごめんね。kuu。
f0134769_23412542.jpg

[PR]
# by caferepo | 2009-06-25 00:10 | 木津カフェ
『たなか家』

営業時間:10:30~14:00まで
定休日 :第1・第3・第5土曜日、日曜日
     但し祝日も休む場合あり。店頭のカレンダーにて掲示してます。
住所 京都府綴喜郡井手町玉ノ井20-1
TEL:非公開
食べログより。地図もあり。

f0134769_1575832.jpg


突然ですが!

かのんとってもバイクが好きであります。


21の頃パパやママに黙って免許をとって乗って以来(良い子は真似しないように!!)、
ずっと二輪に跨ってきた34歳です。
バイクですか~、いいですね~、気持ちいいでしょう?なんて言われますが、
現実そんな事は「ほんの一瞬」だけです。

ヘルメットのせいで髪はくちゃくちゃ、排気ガスを浴びるせいで
どんなにオシャレして乗ってもあっという間に真っ黒!鼻の下も真っ黒!!
走り出せば車には邪魔にされ、
停まれば足の間からエンジンの熱がもわもわ…。


あっついねん!!(怒)



そんなに大変なのになんでバイクに乗り続けるのか。
それはその「ほんの一瞬」がとんでもなくすんばらしいからです。

木津に引っ越してからというもの、バイク友達と連れ立って
ツーリングの機会はめっきり減ってしまい、
もっぱら一人さみしくふらりと出掛けるばかり。
それももちろん楽しいけど、みんなでわいわい、ツーリングが懐かしい…。


そんなかのんに!お声をかけてくださったのが
お店にご夫婦でバイクに乗って来られたお客様。




「美味しいおうどんを食べに行くんですよ、かのんさんも一緒にどうですか?」

もももちろんよろこんで~~~w


f0134769_158522.jpg


そこで連れてって頂いたのがこちら!『たなか家』さんです。

なんでも元々は宇治田原のほうに『田中製麺所』として営業していらっしゃったのだとか。
かのんは知らなかったのですが、口コミグルメではかなりの評判、
遠く県外からもファンの方が駆けつける超人気店だったそうです。
しかし不法駐車や近隣とのトラブルにあえなく閉店。
この度場所を変えて、お店も広くしての再オープンになったのだとか。
おいでの際には少し離れてはいますが、駐車場を利用くださいね。
くれぐれも近隣のかたのご迷惑にならないよう、僭越ながらお願いいたします。

JR玉水駅からも歩けるみたいで(328m)、電車の来店もいいかもですね。

お店はR24号線を奈良から向かうと、「玉水橋」という交差点を越えてしばらく、
大きな木とお地蔵様を越えた辺りにある、T字の交差点を右折。
側道に入らず、そのまま真ん中の道を進んでください。
ちょっとした山道を「よいよい」っと進むと、右手に未舗装の『たなか家駐車場』が。
そこに車を停めたら山道を登っていって、ちょい広めのまたもT字路、
左に曲がってすぐに『たなか家』があります。




かのんが連れてってもらったときには
時折小雨のぱらつく微妙なお天気だったにもかかわらず…、すごい長蛇の列です。

お昼より前だったのに!すごい。


お店は讃岐うどんそのままのスタイル。
入ってすぐのメニュー表からオーダーして、並んで進みながらお皿を取り、
トッピングを選んで、サイドメニューをうけとり、おうどんをトレーに載せて最後にお会計。

「かけうどん」の「小」はなんと400円!特大にしても650円。
「きつねうどん」「てんぷらうどん」「あつあつぶっかけ」「釜あげ卵うどん」「冷ぶっかけ」。
おうどんの味をダイレクトに楽しみたい向きには「生うどん」なんてのも。

「あつひや」も「ひやあつ」も選択できます。
(ダシがあったかくって、おうどんが冷たいの、とその逆)
トッピングにてんぷらなんてすごく美味しいの!しょうが天もあったよv

おいなりさんとか、サイドメニューを選んでお会計。


かのんのおうどんは「冷ぶっかけ」と「まいたけのてんぷら」と「なすのてんぷら」。

f0134769_20348.jpg


あ!例によって写真は実は食べかけです;;ほんとはもっとおうどん入ってるのよ~;;

つやつやのおうどん、一口すすれば口の中でうどんが「ぷりぷり」と踊ります!!


おおお~~~!これはまさしく讃岐うどん!!ハラショーw



店内は広々、さっき上った分木津川が見えるくらいの眺望が楽しめるテラス席です。
どうやらお店が満席で列ができてるというよりは、
ひとりひとり麺をゆがいて渡していくので時間がかかっているという感じ。
ご店主のこだわりのカタチなんですなぁ…。

これを書いている今もここのおうどん、食べたくって仕方ありません。
遠方からでもこのうどんを求めてやってくる人の気持ちがわかりますわぁ。


写真はこの日のかのんの相棒。またぜひ、ツーリング誘ってくださいねw

f0134769_21175.jpg


2009.5.某日 かのん
[PR]
# by caferepo | 2009-06-13 02:03 | 京都南部カフェ
『たべものや ちきん』

奈良市神殿町577-5
0742-62-8635
水曜休
11:00~14:00
17:00~22:00
大人数で行かれる時には予約必要。当日でも、「行こうかな」と思ったときには。
ちきんさんに心の準備をさせてあげてください。

f0134769_17474857.jpg


言おうかな、と思いながらどうしても言えない事があるんです。
それはお店で「ブログに載せたいので写真撮ってもいいですか?」と聞くとき、
「ブログのアドレスは~です。見に来てくださいね」という一言。

お断りが壁に貼ってあるとき以外、
きちんとお伺いしてお断りされる事はまずないのですが、
じゃあといって「ブログのタイトルは?アドレスは?」なんて
聞かれることもまず無いのです。

なんとなく気後れがして、「これって個人的なただの備忘録だから」と
自分に都合のいい言い訳なんかをしてみたりして、そっと帰ってきてしまうのです。

f0134769_17555493.jpg


4月某日、ずっと行きたくて、ブログもこっそりリンクなんかしちゃって、
恋焦がれていたあのお店についに行ってきました!

『たべものや ちきん』さんです!

じつは行くのは2度目。
一度目は群馬県に嫁いでいった友達が帰ってくるというので
こちらにお伺いしたのでした。

f0134769_1750593.jpg


お店の名前にある「ちきん」はご店主の幼少の頃のニックネームなのだそうです。
お店のメニューは中華が中心の無国籍料理。
行くのが4人だったので早速お電話。
「あの、4人で伺いたいのですけど…」とお伝えすると、
「ちょっとお料理が遅くなるかもしれませんが、
ご了承いただけるなら」とのこと。

もちろんそんなの気にしませんとも!

f0134769_17505957.jpg



お店はJR奈良駅の前を通り、「ジャスコ」のある旧24号線を南下、
和食の「さと」を通り過ぎ、交差点「神殿(こどの)」を左折。
角に「ハナテン」があるのが目印。

駐車場はお店の前に3台。
すぐにいっぱいになってしまうので、臨時駐車場が手前の左手にあります。



団体さんもおられてチョー忙しいにもかかわらず
笑顔で迎えてくださった「ちきん君&ちきん嫁」さん…。
ありがとうございました。

f0134769_1854538.jpg


・揚げじゃこと大根のサラダ
・超絶品エビマヨ
・もちろん羽根つき餃子
・気まぐれチャーハン
・長芋と明太子のふわふわ天津飯
・タンタン「飯」!

f0134769_17523217.jpg


おなかが空いていたのでご飯物3つの暴挙。
でもね~、これがまたタマラン美味しさなのよ。
あっ、しまった、このシフォンパフェなんて名前だっけ…!?

かのんたちが頼んだのは単品のお料理ばかりでしたが、
予約するとディナーコースも楽しめます。

f0134769_17532597.jpg


この日はディナータイムにお邪魔したのですが、
ランチもこれまたリーズナブル。(2009年現在)

日替わりランチ780円限定15食(メイン・一品・ごはん・サラダ)
四つ葉ランチ980円(かぼちゃのマーボ・二品・ごはんorパン・サラダ・ミニデザート)
ちきんランチ880円(からあげ・一品・ごはん・サラダ)
酢豚ランチ880円、
気まぐれチャーハンランチ850円
お子様ランチ400円、
あと、土日限定ランチ780円(限定5食)なんてのも。

f0134769_17543750.jpg


中華ってお腹が疲れちゃう印象があるけど、こちらのは一切そんな事なし。
最後まで美味しく(奪い合うように)頂いて、お腹はすっきり。
翌日だってもちろんさっぱり。

それでまた、食べたくなるんだなぁ~…。
今度はディナーコースが食べたいです!

2009年5月某日 かのん


今日のプラスワン…。

f0134769_17593636.jpg


ご飯を作っているときには足元で「伏せ」で待つkuu。
でもあんまり長いとついうとうと…。
[PR]
# by caferepo | 2009-05-27 18:10 | 奈良北部カフェ
『cafe restaurant Rabelais(カフェ・レストラン ラブレー)』
奈良県橿原市内膳町5-5-16
TEL:0744-23-2323
定休日:月曜日(祝日はopenあり)
営業時間:lunch 11:00-15:00 dinner 17:00-22:30
 cafe  all time
Pあり。4台

f0134769_15263916.jpg


「ふるさとは遠きにありて思ふもの」とは室生犀星の詩だったかな・・・。

京都は木津に引っ越して5年、もはや実家すら奈良市に移動して、
かのんの生まれ育った場所には縁もゆかりもなくなってしまいました。
かのんの「ふるさと」は奈良南部、大和高田市というところです。

いつも「どこか遠くに行きたい」と身がちぎれるほど思いながら、
同じくらいの強さで生まれ育った場所を愛している事に気がついたのは
ついにその家を出る事になってからのことでした。

その角を曲がればあの猫がいて、
お魚屋さんはあそこ。
いつも耳の遠いおばあちゃんが座る和物やさん。
太鼓を鳴らしながら飴売りのおじいちゃん。
朝早くからリヤカーを引いてお野菜を売りに来るおじちゃん。
家の前を流れるドブ川はいつも染色工場の色水が流れてて、
大雨が降るといつも溢れちゃう。

どこに何があるかさっぱり分からない、新しい場所に暮らすということの不便が
さらに思いに拍車をかけるのかもしれません。

f0134769_15275038.jpg


この日は久しぶりに南部にご用事!
「コンフィチュールfumi」のフミさんと、仲良しコミュ管理人のうちもちゃんと
ランチに出かけましょうということに。

丁度位置がいいので大和八木周辺でごはんを考えていたら、
チャッピーちゃんのオススメのカフェがあったことを思い出しましたw

f0134769_15261027.jpg


『Rabelais(ラブレー)』です。

R24号線を(バイパスができたので「旧」ということになるのかな?)ずっと南下。
「モスバーガー」、「びっくりドンキー」、「セブンイレブン」を通り過ぎ、
「新賀北」という交差点を右に曲がります。
「コナミスポーツ」の角を左に曲がると、
角地にすぐにお店が見えます。
回り込んだ位置に駐車場。



緑が多く飾ってあって、テラス席もあって、小さいながらも
すごくステキなカフェです。
お店には「お一人様」な女の子、ビジネスマン風の男性が一人でランチしておられたり
なんというか、そう、「居心地が良い」感じなんです。

f0134769_15302256.jpg


この日のランチは
・季節の野菜蒸しと蒸し鶏の中国だれ
・雑穀ごはん
・エビとポテトの熱々グラタン
・色々な野菜のスープ
・豆腐と湯葉アボガドのサラダ
・小さなデザート
・ドリンク
月変わりで1365円。いろんな味が楽しめておなかも満足のランチでしたw

f0134769_15293657.jpg


他にはパスタランチやグラタンランチ、サンドイッチのランチがありました。
「丼ランチ」が気になる!

他のランチについてくるパンは全て自家製の天然酵母パンだそうです。
食べたかったな~;
販売は予約のみ受け付けておられます。

「カフェであってもきちんと食べられる」お店を目指していらっしゃるそうで
スイーツもドリンクも、ディナーまで対応の懐の深さです。
メニューがいちいちツボなんですよ~;;
ぜひぜひHPをチェックしてみてください。

f0134769_15321483.jpg


そういえばこの近くには『カフェ・アンジュ・エスト』がありましたよね。
残念ながら移転されたそうです。
築ン年の古民家でのカフェだったのですが、
建物自体の老朽化に伴い、この時には「八木西口」にお店が移った後だったのです。

2009年4月28日より近鉄飛鳥駅前に『Coccolo Cafe(コッコロカフェ)』として再オープン!

高市郡明日香村御園137-1
0744-54-3039
水曜日定休 AM11:00-PM8:59

こちらでは「お茶とおやつと小麦粉料理」のカフェだそうです。


ステキなカフェがたくさんできたり、お店が増えたり、
どんどん変わっていく景色。
南部に来る用事があると嬉しい中、いつもほんのり切なくなるんですよね~。



          ふるさとは遠きにありて思ふもの
          そして悲しくうたふもの
          よしや
          うらぶれて異土の乞食となるとても
          帰るところにあるまじや
          ひとり都のゆふぐれに
          ふるさとおもひ涙ぐむ
          そのこころもて
          遠きみやこにかへらばや
          遠きみやこにかへらばや

              室生犀星 小景異情ーその二より抜粋

2009.5.某日 かのん


今日のプラスワン・・・。


『+dog』さんにてトリミング。
やっとモジャ山モジャ夫さんから「プードルちゃん」に大変身。

f0134769_1535337.jpg

[PR]
# by caferepo | 2009-05-15 15:35 | 奈良南部カフェ