意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:スイーツ ( 43 ) タグの人気記事

『cafe rhyme(カフェ・ライム)』
奈良県生駒市南田原町1051-23
TEL:0743-71-9222
11:00~19:30 (19:00 LO)
定休日 毎週水曜日、第1・第4火曜日

『relax living』 HP
『スタッフのリラックスブログ』
『cafe☆rhyme』

f0134769_1133159.jpg


寒い寒い冬の日が続いてますね~。
巷ではインフルエンザが流行っているそうですが
皆様の周りは大丈夫ですか??

ところでかのん、
冬のカフェが好きです。

温かい飲み物を飲みながら、
暖かい店内から寒そうな外の景色を見るのが
たまらなく好きです。

そんなかのんの2009年実質的な初アップは
『cafe rhyme(カフェ・ライム)』さんです!

f0134769_114133.jpg


え、そんなカフェって生駒にあったっけ?
あるんです、というか2008年の秋にオープンしたばかり!
インテリアや北欧デザインに聡い人なら知っている
あの『リラックスリビング』のなんと2階に!!

マリメッコやイッタラ、ムーミンに囲まれたアノ空間でカフェ・・・w
うわー、まるで夢のようじゃないですかっ。


お店は奈良からだと「阪奈道路」を「生駒」で降りて、
信号を左。「阪奈病院」を通り過ぎ、「ジャパン」を越えたらもうすぐ。
左手に『relaxliving』のステキな看板が見えると思います。
「業務用スーパー」の交差点まで行くと行き過ぎなので注意。

大阪からだとR163で奈良に入り、R168との交差点で南下。
交差点には出光のGSあり。
そのままずっと走って、ローソンを通り過ぎ
軽い山道を越えて「業務用スーパー」のある
5叉路の交差点を越えたらすぐ右手に見えます。

お店の前が駐車場。ちょっと広めで楽駐車。


この日はmixiコミュ『love奈良cafe』の前・管理人さん、
K骨I男君がなんとはるばる転勤先の広島から帰ってくるというので
こりゃーもうかのんの大好きな「あのカフェ」にお連れするしかないでしょう!!

f0134769_1153360.jpg



1階のスタイリッシュな雑貨とカトラリーのお店を
誘惑に負けないように通り抜けて階段を目指します。
2階もまた魅惑の空間!堪能しながら奥に進むと
そこが『カフェ・ライム』です。


スタイリッシュすぎるカフェは味は二の次、なんて思ってるあなたっ!
それは大きな間違いです。
こちらのカフェは空間も本物なら味も本物なんですってば。


f0134769_117872.jpg


かのんがオーダーしたのは
「RODGROD 北欧風赤い果実の赤ワイン煮ともちもち揚げ生麩」480円。



「赤い果実を煮込んだ北欧のお料理(デザート)RODGROD(ロードグロード)を

rhyme風の大人なアレンジにしました。

デンマークでは、元気の出ない時に食べる 「赤い粥」 とも呼ばれています。

ビタミンもミネラルも豊富に摂れて、自然パワーがいっぱいです。

赤い色は、身も心も元気にしてくれます。

ヘルシーでもっちもちの揚げ生麩との相性も絶品。」(ブログより)

f0134769_1175534.jpg


I男君がオーダーした「生麩と桂花陳酒ゼリーの雅なパフェ」850円も
ちゃっかり撮影。


「上等な生麩をつかい、上品なパフェに仕上げました

贅沢なオトナのための「和」パフェです。

生麩は高たんぱく低カロリーで、日本古来の体に良い食材です

濃密な黒蜜ときな粉も加え

楊貴妃が好んだという桂花陳酒の香りとも相性抜群です

甘みの中にもさっぱりとした後味です」(メニューより)

f0134769_1184377.jpg


美味しいコーヒー(カフェラテ)に二人ともすっかりほっこりムード。
(ちなみにドリンクとスイーツ注文で50円引きです)
冬ドリンクの「きいちごとふわふわソイミルク 380円」も飲みたかったなぁ~w

f0134769_1191685.jpg


ちょっと久しぶりだったライムのスタッフ「むっちゃん」に
すっかり話し込んでしまいました。

この益々もってせちがらい世の中に、まるで逆行するように
「本物」だけを提供していくという難しさ。

これからも彼女の熱い気持ちのまま、このカフェがずっとステキでいてくれますように!


f0134769_120166.jpg


ちゃっかりこっそりと試作品?の「チョコレートムース」を頂いたり・・・。
これがもうトロけるってば!!
C&Sもかわいすぎ!!

春にはちょっとしたごはんメニューも登場予定だそうですよv

f0134769_1204415.jpg



お一人様でも、男性でも、年配の方でも、カップルでも。
ちょっと駅から離れてるのが難ですが、
ぜひこの大人のリラックス空間を楽しみに
このカフェに行ってみてください。
きっときっと、お気に入りになる事間違いなしですから!

f0134769_12127100.jpg


このときの模様がカフェライムさんのブログにがっつり載ってて
かのんが一人夜中に変な汗を流した・・・のはあくまで余談です。

2009.1.14 かのん
[PR]
by caferepo | 2009-01-15 01:23 | 奈良北部カフェ
『Cafe Gic(カフェ・ジック)』
http://www.cafegic.com/
TEL:0774-72-0141
京都府木津川市木津八色77-2
定休日は不定休。

f0134769_13262636.jpg


基本情報は変わらないのですが・・・。

2008年12月8日放送の毎日放送「ちちんぷいぷい」にて
『ジック』のマフィンが紹介されました!!

それを受けて・・・。

『只今ネット注文が殺到しております。
現在「くるみルクキャラメル」
以外の商品は購入していただけなく
なっております。なにとぞご理解の程
よろしくお願い致します。
発送に関しましても現在2ヶ月以上待ちとなっております。

たくさんのメールでのご質問ありがとうございます。
現在お客様よりのご質問が600件を越えており
順番にお答えさせていただいております。
回答までもうしばらくお待ち頂けますよう
お願い致します。』


とのことです。

f0134769_13271145.jpg


なお、営業時間に関しましても、


『現在、テレビ放映後想像以上の反響につき
マフィン製造が間に合っておりません。
しばらくの間、朝11時30分より
前半マフィン完売次第
1度閉店させていただいております。
3時30分より2度目のマフィン販売を
再開しております。
皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございません。

尚、店内飲食につきましても制限されております。
しばらくの間ご了承下さいますようお願い致します。』


『Cafe Gic』HPより。

f0134769_13274611.jpg



日々どんな検索ワードで『カフェレポ!』に来ていただいているのか
トップ10位まではわかるようになっているのですが、
12/8より『ジック』さんの検索が急上昇しました。

おやや?と思っていたところ、TV放映があったとの事です。

f0134769_13282774.jpg


かのんもジックさんのマフィンが大好きです~w
大変込み合っているようですが、
一人でもGicさんのマフィンがお気に入りくださると嬉しいな!!

ぷりぷりの黒豆がびっくりするくらいふんだんに載った
「塩抹茶マフィン」が大好きですw

2008.12.14 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-12-14 13:31 | ニュース!
『gateau・des・bois(ガトー・ド・ボワ)』

奈良市西大寺南町1-19-101
フリーダイヤル 0120-48-4588
営業時間
[5月~10月] 9:00~20:00
[11月~4月] 9:00~19:00
カフェ
[5月~10月] 10:00~19:30(LO19:00)
[11月~4月] 10:00~19:00(LO18:30)

■定休日 年中無休 (臨時休業あり)
近隣の駐車場で割引があるようです。
お支払い時に「駐車券」をご提示くださいとのことです。

f0134769_221409.jpg


ついにこの日がやってきました。
このひねくれ者かのんがこちらのケーキを頂く日が。

思えば「『La Coupe du Monde de la Patisserie
(クープ ドュ モンド パティスリー)』で、
1991年、日本人で史上唯一優勝を勝ち取ったお店!」と聞いてから
かなりの、か~なりの時間がたってます。

というのも、ケーキが、ケーキが…
主婦のお小遣いじゃ買えないんだもん!!

だだだってさ~、ケーキ一個500円以上したら
「たっ、高いですねっ…!」って焦りません!?
かのん正直びびりやさんなので、
入るまでにお財布何度も確かめちゃいました、ふうぅ。


今やJRユーザーのかのん、西大寺なんて通るのも久しぶり。
この日はたまたまご用事があって西大寺に降り立ったのでした。

お店は駅の南側、「奈良ファミリー」とは反対の方に降りてください。
階段を降りたら右に向かって歩いて、
踏切とは逆の交番のある路地に向かって曲がってください。
コンビニの向こうにみえるお店が目指す『ガトードボワ』です。

お店は一見して「かわいい!」という感じではありません。
だけど、「昔から変わらずここでケーキ作ってます」って雰囲気。

f0134769_222672.jpg


店内ではカフェも可能です。
お外からはお母様方が楽しそうにおしゃべり。

いいなあ…。

しかしケーキで500円~600円でしょう、コーヒーやら紅茶で500として…。
ケーキセットが無い限り1000円越えちゃう…?
ああ悲しい貧乏人。テイクアウトが精いっぱいです。

お店に入るととっても優しそうなお姉さんが「いらっしゃいませ!」。


あのすみません、この大会で一位のケーキ(「アンブロワジー」600円)と、
このあかくてかわいいの(「ラ・ヴィオレ」500円)をください。

「はい、合計1100円になります!」

ははぁ~(涙)。

f0134769_2224917.jpg


そう、この美味しいケーキを一人で食べるわけにはいかないの…。
うちには腹をへらせた旦那様が…、ってわけでもないのですが、
やっぱり一個のケーキを半分こってのもねぇ…。

「どうぞ」と持たせてくださったケーキの包みは、
まるで二個とは思えないほど厳重で、
いかに大事に持って帰ってもらいたいかがわかります。
しかも注意書き付き!
曰わく二時間以内に食べるべし、
自転車など縦揺れ厳禁…、などなど。

大事なケーキを美味しく食べてもらいたいって気持ちがよくわかります。
注意書きの通り、大事に大事に持って帰りました。


旦那様の帰ってきたのを待ってスイーツタイム!
つやつやのチョコレートはまるで宝石みたい!
「すごいねえ、すごいねえ」と二人感心しながらひと口。
つやつやのチョコとムースの内側にはムース、下のスポンジといい、
こんなに薫り高いチョコレート菓子を食べたのは初めてです。

f0134769_2231962.jpg


HPによると、
「ムース・ショコラ、ピスターシュのバヴァロワ、
フランボワーズのペパンの絶妙な組み合わせです。」だそうです。

(…すみません、「ピスターシュ」って何ですか…?)

「ラ・ヴィオレ」は酸味と甘味が最高のバランスでマリアージュ。

「すみれの香りのカシスのガナッシュ、クレーム・カシスに、
ショコラのムースと生地の組み合わせ。
カシスの甘酸っぱさとショコラのほろ苦さがベストマッチ。
口に入れた瞬間にすみれの香りがふんわりと広がります。(HPより)」

くおぉぉ~~~;;確かにこの値段分あるわ~…。
ケーキに込められた気合いと「愛」が透けて見える気がしました。
これはきっと他のケーキを買ってもすんごく美味しいと思う。

美味しいねえ~、と感動してるうちにケーキは無くなっちゃいました。

f0134769_2234241.jpg


あ、友達によると「ホールのケーキの値段は普通やで」とのこと。
記憶の限りでは3000円台とそうお高くないらしい。
このお店のケーキで誕生日なんて最高ですよね!
(HPの「イベント」ページをご参照ください)

確かに評判だけのことはある美味しいケーキでした。


後で聞いた話によると、「ラ・ギャラクシー」というケーキがあって
こちらも'97年「メートル・ド・パティシエ」世界選手権味覚審査一位、
特別賞受賞なのだそうです。

かのんが行った時にはもうすでに売り切れていたような…?;;

「アールグレイのムース・ショコラの中には、ココナッツのムース、
赤ワインに漬け込んだイチジクのセミドライ。
ベルガモット、ココナッツ、赤ワイン、香りにポイントを置いた
完成度の高い組み合わせをお楽しみください。(HPより)」とのこと。


いつか身の丈が長くなったあかつきには
気の済むまでこちらのケーキを食べてみたいもんです…。はあぁ;;

2008.3 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-03-27 22:06 | 奈良北部カフェ
2008年3月12日、西大寺にある
イタリアンダイニング『piano(ピアーノ)』にて開催されました
『コンフィチュールを使ったデザートバイキング』
に参加してきました!

f0134769_0471960.jpg


コンフィチュール(フランス語で「ジャム」の意味)は
もちろん『コンフィチュール・fumi』のフミさんによるものです。


『ピアーノ』は近鉄西大寺駅北改札を出てすぐ、
真正面にある「三和シティビル」の地下一階にあります。

前回は「ランチコース」だったのですが、
今回はなんと「スイーツバイキング」!!

え、なにこれ好きなだけスイーツ食べていいってこともしかしてっ!!
たまりまへんなぁ~☆

興奮を抑えつつ会場入りすると、
もうすでに色とりどりのスイーツがずらり。
テーブルには4種のコンフィチュールがスタンバイ。
赤色が鮮やかな「リンゴとラズベリー」「ニンジン&はっさく」
「リンゴと生姜」そしてなんと「ミルク」!!

f0134769_0484696.jpg


「ウェルカムドリンクです」と運ばれてきたのは
「伊予柑とマンゴーのコンフィのジンジャーエール割り」!

鮮やかなオレンジ色にびっくりです。
飲んでまた爽やかな甘味にびっくり。
果肉がいっぱい入ってて、ストローでは詰まっちゃうくらい!
(後で聞いたところによるとこのストローはマドラー用だったんだとか。恥)


今回fumiさんとコラボレーションされたのは
『ドゥーネ・ドゥ・ガトー』の神谷先生です。
コンフィチュールを使ったお菓子、
乗せたり挟んだりするのにぴったりのお菓子が
ずらりと並んだ会場はまさに圧巻の一言。
普段は「お菓子教室」が活動の中心なんだそうです。

大興奮の中、デザートバイキングがスタート!

f0134769_0494020.jpg


小さな「タルト」、
キャラメルとフランボワーズの「ギモーヴ」(生マシュマロ)、
いよかんのコンフィを使ったココナッツムースのケーキ、
あすかルビーのコンフィを使ったホワイトチョコのムース
プレーンなスコーン、
パプリカ、バニラ、プレーンのマカロン3種、

ピアノオリジナルレシピによる「セロリのパンナコッタ」。
「エビ」「キノコ」を載せたクラッカー。


書いてるだけでお腹が空いてきたよ…。

f0134769_0503049.jpg


最後のテーブルではフミさん自らがコンフィチュールを作る
実演を兼ねてデザートピザ作り!!
大きな銅鍋で色鮮やかなイチゴを煮詰めて、
ピアノさんご自慢の「石釜」で焼いたプレーンなピザにトッピング。


傷んだものや、出荷時期を過ぎた果物を使う通常の「ジャム」とは違って、
生で食べてももちろん美味しい、
フレッシュな果物を使った彼女のコンフィチュールは
最低限の加熱しか行いません。
「フルーツソース」より濃厚で、「ジャム」よりずっとフレッシュ。
「マンゴーと黄パプリカ」「人参とパイン」なんてラインナップも
野菜ソムリエの資格を持つ彼女ならではのコンフィチュールです。

f0134769_0521155.jpg


シックな『piano』の店内、スタッフさんによる
スマートなサービスに会場は終始和やかムード。

これから紫外線のますます強くなってくる季節、
「一日ひとさじのコンフィチュールでビタミン補給と紫外線予防を」
とってもわかりやすく、丁寧に説明してくださり、
美味しいだけでなく美容のためになるバイキングは閉幕しました。


『piano』のスタッフの皆さん、
『Donner du Gateau』の神谷先生、
もちろん『コンフィチュール・fumi』のフミさん、
本当にお疲れ様でした。
ご馳走様でした。


初夏にはまたコンフィチュールを使った
「ランチコース」のイベントも予定されているとか。
次回もぜひ参加してみたいと思います。

f0134769_0511987.jpg


『Ristorante&Cafe Piano(ピアーノ)』
〒631-0821 奈良県奈良市西大寺東町2-1-63 サンワシティービルB1
アクセス 近鉄奈良線大和西大寺駅 徒歩1分 
TEL0742-36-5616
営業時間 11:30~23:00(L.O.22:00)
※サンワ立体駐車場1,500円以上ご利用で1h無料、3,000円以上で2h無料。
pianoスタッフさんによるブログです。
パーティやイベントの様子、がんばってる横顔がステキですよw


『Donner du Gateau』
神谷先生のブログです。
レッスンやイベントの予定もこちらをご参照ください。

『コンフィチュール・fumi』
……under constraction.comming soon!!かな?

彼女のコンフィチュールが購入できるお店は以下の通りです。

奈良市【プリン80】
◆奈良市光明院町10 2F
◆0742-24-8003

西大寺【RISTORANTE CAFEpiano(ピアーノ)】
◆奈良市西大寺東町2-1-63 サンワシティ西大寺ビルB1F
◆0742-36-5616

桜井【buono(ボーノ)】
◆桜井市上之庄716-1
◆0744-43-7807

橿原【Artisan Chateau D'or(アーティザン・シャト・ドール)】(近鉄 八木西口駅前)
◆橿原市八木町1-9-4
◆0744-24-3181

橿原【apricot Cafe(アプリコットカフェ)】
◆橿原市常盤町435-5 2F
◆0744-24-6541

橿原【Lunch&Afternoon tea Hana(ハナ)】
◆橿原市葛本町501-2
◆0744-21-7588
[PR]
by caferepo | 2008-03-24 00:53 | 奈良北部カフェ
『Sweet&Deli Muffin Cafe Gic(カフェ・ジック)』

営業時間10:00~20:00
TEL:0774-72-0141
京都府木津川市木津八色77-2
定休日は不定休。

f0134769_1669.jpg


新聞の折込などでもうご存知の方も多いと思いますが、
『3rd Place Cafe(サードプレイスカフェ)』
「noriさん」がプロデュースされるマフィン専門店が

なんと木津にオープンします!!


場所は旧『ノスタルジックカフェ』、現在の『八色茶房』のある場所です。

いきなりカフェが真っ黒になっててびっくりした皆様、
あれはニューオープンの準備のためだったんです。

カフェが閉店するわけではなく、どうやら『八色茶房』が『Gic』として
リニューアルオープンするような感じ。


オープンの日時は3月15日の土曜日AM10:00より。

15日のオープンから17日まで、
なんとマフィンが全品100円セールです!!


食事にあうような「デリマフィン」、
ケーキ感覚の「ガトー・ドゥ・マフィン」、
気軽な「プティマフィン」。

どれもほんとにおいしそう!
詳細はHPにアップされてますので、ぜひご覧くださいv
なお、15日よりネット販売もスタートされます!

一体どんなお店になるんでしょう~w
かのん今からとっても楽しみ!!
是非ともこのオープンには行ってみたいと思います!!

2008.3.12 かのん

f0134769_163581.jpg


2008年12月8日放送の毎日放送「ちちんぷいぷい」にて
『ジック』のマフィンが紹介されました!!

それを受けて・・・。

『只今ネット注文が殺到しております。
現在「くるみルクキャラメル」
以外の商品は購入していただけなく
なっております。なにとぞご理解の程
よろしくお願い致します。
発送に関しましても現在2ヶ月以上待ちとなっております。

たくさんのメールでのご質問ありがとうございます。
現在お客様よりのご質問が600件を越えており
順番にお答えさせていただいております。
回答までもうしばらくお待ち頂けますよう
お願い致します。』


とのことです。

f0134769_13271145.jpg


なお、営業時間に関しましても、


『現在、テレビ放映後想像以上の反響につき
マフィン製造が間に合っておりません。
しばらくの間、朝11時30分より
前半マフィン完売次第
1度閉店させていただいております。
3時30分より2度目のマフィン販売を
再開しております。
皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございません。

尚、店内飲食につきましても制限されております。
しばらくの間ご了承下さいますようお願い致します。』


『Cafe Gic』HPより。

f0134769_13274611.jpg



日々どんな検索ワードで『カフェレポ!』に来ていただいているのか
トップ10位まではわかるようになっているのですが、
12/8より『ジック』さんの検索が急上昇しました。

おやや?と思っていたところ、TV放映があったとの事です。

f0134769_13282774.jpg


かのんもジックさんのマフィンが大好きです~w
大変込み合っているようですが、
一人でもGicさんのマフィンがお気に入りくださると嬉しいな!!

ぷりぷりの黒豆がびっくりするくらいふんだんに載った
「塩抹茶マフィン」が大好きですw

2008.12.14 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-03-15 02:32 | 木津カフェ
『apa apa cafe』
奈良市椿井町51藤本ビル2F
tel&fax 0742-26-3408
営業時間12:00~0:00(LO,23:00)
月曜定休
HPができました~w

こんなカフェがあったらいいのにな、って思うことがあります。

それはいろんなタイプがあるんだけど、
夜遅くまで開いてて、珈琲がおいしくって、
スイーツも美味しくって、お腹が空いたらごはんもあって。
ちょっと隠れ家っぽいといい。

そんなカフェあるの?と聞かれたら、あるんですよこれが。

レポは実は三本目になります『apa apa cafe(アパアパカフェ)』です。
以前の記事はこちらこちら

f0134769_20311780.jpg


お店は三条通り、映画館の角のモスをまがって真っ直ぐ。
懐かしい理髪店のある角っこで上を向いてください。
理髪店の二階がカフェです。
階段は少し回り込んだところ。バイクが目印です。
螺旋階段は暗くて狭くて怖いので、
踏み外さないように気をつけて上がって下さい。

お店の名前の由来は「だいじょうぶ、どうってことないよ」
って意味の「Tidak apaapa(ティダ・アパアパ)」という言葉から。
不思議な響き!どこの言葉なんでしょう~??w


この日は総勢5人で押し掛けたにも関わらず、
わざわざお席を作ってくださいました。ありがとうございます。
二人席が5つ、あとはカウンターの小さなカフェ。
でもなんかお店は暖かくって、明るいボサノバがかかってて、
以前に来たときと変わらず素敵でした。
少し変わってたのはスイーツのメニューが増えたこと!

f0134769_20335897.jpg


どれもすんごく美味しそうでしたよ~w
迷いに迷った末に「ベーグルのフレンチトースト」とカフェオレに。
ちなみにブレンド珈琲は400円。その他ケーキは400円から。
「抹茶パウンドケーキ黒胡麻アイス添え」
「キャラメルチーズケーキ」
「りんごのタルト」
(HPと若干メニューが違う場合もあり)

f0134769_20323246.jpg


もともとこちらでは「日替わりランチ(800円)」や
「ベーグルを使ったランチ(900円)」がすごく人気なのですが、
スイーツで頂くのはどんな感じかなあ…?

珈琲は一杯づつ落としてくださるので、とってもいい香り!
チャイを頼んだお友達は「スパイシー」。


待ってる間にもいろんなお客様が来られてました。
ビジネスマンが遅い昼食、女性のお一人様が雑誌を見ながらまったり、
友達同士で進路相談。
みんな思い思いの時間を過ごしておられるようです。

もってきて下さった「ベーグルフレンチトースト」
甘い蜜とアイスクリームを絡めて食べたら思わず笑顔。
すんごく美味しくって、しかも結構なボリュームに大満足です。
他の友達のも少しずつ頂きましたが、どれも美味しかったです。
カフェで手作りなのかなあ。

f0134769_2033914.jpg


たくさんお喋りしてたくさん笑って。
今のことこれからのこと、昼間に会った「玉木宏君」のこと。

外はとっぷり日が暮れて、主婦はそろそろ帰る時間になりました。
カフェはちなみに24時まで。
オーダーストップはもう少し早いかな?店内ではタバコの販売もあり。
禁煙ではないみたいです。
夜カフェに珈琲もスイーツも可能。


ランチにもカフェにもバーにも使える『apaapacafe』、
ぜひ自分なりの時間を楽しみに来てみてください。

f0134769_20344060.jpg


2008.2.10 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-02-17 20:37 | ならまちカフェ
『ロカシカカフェ』『sisi』
住所:奈良市川之上突抜町18
OPEN:10:00~18:00
(カフェオーダーストップ:17:30)
水曜定休日です
電話/FAX:0742-24-0116
f0134769_23144224.jpg


ならまち界隈ではもうすでにとっても有名な
ケーキとカフェの『ロカシカ』、
そしてバリの雑貨と布バッグの『sisi』が
一緒になったお店であります。

えっ、ケーキとバッグ屋さんが一緒になってるの?

最初見たときにはちょっとびっくりですが、
入ってみると不思議に違和感がなくて、
ケーキを待つ間に雑貨が見られるのが楽しみだったりします。


お店はならまち界隈でも結構外れの方。
もちいどの商店街を抜けて、カレーの『楽』
(すんごく昔に一度行ったきりだけど、
とっても美味しかったんだよね~、また行きたい!)、
うなぎの『江戸川』を通り過ぎ、通りを渡ったら一本東の路地、
つまりは向かって左にずれた路地に入ると行きやすいかな。

そこからはひたすらまっすぐ!『黄花』、
『カナカナ』の誘惑に負けずに歩いてください。
『まるすらぱん』を通り過ぎて玄米カレーとグルテンフライの『あしゅーら』の隣!
同じく町屋のつくり、かわいい「シカ」の看板があるのが
目指す『ロカシカ』です。

f0134769_23151892.jpg


からからっと引き戸を開けると土間があって、
ケーキのショーケースがあります。

奈良の地酒、「春鹿」を使った「酒粕チーズケーキ」、
「季節の果物のロールケーキ」、「ホワイトチョコのチーズケーキ」。
季節のものを使ったスタンダードなものから、
「柿」なんてのもあったり。
いつ行っても楽しいケーキに飽きることがありません。
この美味しそうな感じは是非ホームページをチェックしてください。

横手の障子の向こうはカフェスペース!
靴を脱いであがると、かわいいバリの座卓が並んでます。
二人席がひとつ、四人席が三つ。
どのお席もちょっと「女の子サイズ」。
男性のお客様には狭く感じるかも…?

f0134769_23155095.jpg


例にもれず、ケーキを注文してから『sisi』にて雑貨拝見です。
バリ島で直接買い付けて来られる雑貨はどれも素敵で、
バティックを使った赤ちゃんのだっこ紐(ベビースリング)、
布だけで作られたお母さんが抱っこしながら持ち歩けるカバンなど。
足元を見ると小さい子の木のおもちゃが転がってたり。

そう、こちらは「お母さん歓迎」の雑貨屋さんなのです。
もちろん『ロカシカ』でもそうなんだと思います。
なかなかないですよね~!こういうのって。


そうしている間にケーキが到着。

かのんがこの日食べたのは「ゆずのロールケーキ」と
「モンブランショコラ」っていう「紅茶」。
紅茶なのにすごく不思議な、「モンブラン」の香りなんですよ!
もちろん丁寧に淹れられてて最後まで美味しい。
珈琲もご自慢だとか。いいなあ。

f0134769_23163166.jpg


一緒に行った雪ころちゃんは「りんごのロールケーキ」
チャッピーちゃんは「チョコレートケーキ」。
みんなグルグルして食べたけど、どれも美味しかったよ!!
雪ちゃんはこちらのケーキがかなりお気に入りの模様。
クリスマスケーキもここで注文したそうです。

美味しいケーキと紅茶、格子戸越しに見える街並みとバリの雑貨に、
なんだかちょっと現在地を混乱気味。

かなり駅からは遠いし、お店の駐車場があるわけでもない。
だけどここまでの道のりも楽しんで来られる『ロカシカ』。
是非この美味しいケーキを食べに来て下さい。

2008.2.10 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-02-09 23:19 | ならまちカフェ
『にこちゃん堂』
〒630-8343
奈良市椿井町45<椿井小学校前>
Tel * Fax0742-26-2614
定休日/火曜日
AM11:00~15:00(金・土のみ夜ご飯も営業17:30~21:00)

f0134769_1811433.jpg


カフェ『南果』さんでの琉球ライブまでの道草第二弾。

てくてくたくさん歩く前に、ランチにしましょうと。
どこがいい?と聞かれては
「かのんの行ったことが無いところ~!」
だってせっかく奈良界隈に詳しい友達と歩いてるんだから!
でも『パトリ』で「パトリカレー」も捨てがたいなあ…。

「あ、じゃあ『にこちゃん堂』にしようよ!」

ナイスアイディア。

お店は以前にレポした『パトリ』のすぐちかく。
三条通り、映画館のある「モスバーガー」の角を
南に曲がります。程なく花屋さんの角を左に入ると、
椿井小学校の裏になります。
うなぎの美味しい『二鶴(にかく)』の手前(だったかな?)、
不思議な「ぞうさん」の看板が『にこちゃん堂』です。

f0134769_1814255.jpg


お店は古い商家を改装したものだそうです。
しかも自分たちの手で。この模様はwebで公開中。

入ってみると意外に広い店内。
天井が高いなあ~、と思っていると

「いらっしゃいませ、よろしければお二階のお席にどうぞ。」

へ?二階?回り込むと確かに小さな階段が!

今日は階段の日だね~、なんていいながら
急な階段をそろそろ上がります。

f0134769_18142355.jpg


あがってみると、なんと「小枝不動産」もびっくりの
「かわいらしい」中二階です!
すぐそばにある立派なむき出しの梁に
ちょいと身の危険を感じながらテーブルに付くと、

「あ~、なんかこの狭さがちょうどいい~」


週末のランチはお肉かお魚かどちらかをチョイスする定食的なもの。
かのんは「サバの味噌煮」友達は「(…何だっけ;;)」。
大根の炊いたの(かぶ?)、お芋とイカのの炊いたの、白菜の甘酢あえ、
メイン、かぼちゃの炊いたの、ブロッコリーの和え物
パスタとお野菜の付け合せ、お漬け物、お汁、黒米入りご飯で1,000円。

f0134769_18144121.jpg


どれも美味しかったよ~!
ちゃんと手間暇かけた、きちんとした味がしました。

平日はなんと850円で、日替り1品おかず 野菜おかずいろいろ
黒米ごはん・みそ汁 +150yenでドリンク付 、+200yenでデザート付。
お昼ごはん時間は11時から15時までだそうです。
HPを拝見すると、
「5名様以上のご来店は、Tel下さい。スペシャルサービス致します。」
何でしょう、5名以上で行ってみたい気がしますよw

金曜・土曜には夜ご飯もやっておられます。
\1,200で「おまかせごはん」。
日替りおすすめおかず、野菜おかずいろいろ、黒米ごはん・みそ汁。
17:30から21:00ぐらいまで。

f0134769_1815130.jpg


かわいらしいメニューを拝見すると
スイーツやドリンクもかなり充実。
カフェとして使うのにもいいと思う!


すんごくすんごくコーヒーと
こだわりの手作りケーキが食べたかったけど、
ダメダメ、後で南果に行くんだから。我慢です。

ホント最近正月太りが止まらなくって…。
もうどうしましょう。


ゴチソウサマしてお店を出る前、
そういえばお店の看板にもなってる
不思議な象の絵はだれかの作品なんですか?と、お聞きすると、

「違うんですよ~、このお店を作るとき、
天井裏から昔使われてた箱や棚にこのマークがたくさんあって。
すんごくかわいいから、お店の看板にさせてもらったんです。」

よくよく見てみると象の横にあるのはなんとピラミッド!
ヤシの木まで入ってます。
昔の人が思い描いたアフリカってこんな感じだったんだろうなあ~。

f0134769_18154613.jpg


こちらのお店も女性ふたりで切り盛りされてるとか。
お忙しいとは思いますが、体に気をつけて、
これからも美味しいごはんを作り続けてくださいね。

2008.1.23 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-02-03 18:16 | ならまちカフェ
『Patisserie Les Halles(パティスリー・レ・アール)』
 京都府相楽郡加茂町東2丁目6-6 1F
TEL  0774-76-4816
OPEN 10:00~20:00
定休日  第2火曜(不定)、毎週水曜
駅周辺の口コミサイト「エキテン!」より
f0134769_0555278.jpg


ずっと「ここは美味しいよ!」って聞いてたんですが、
なかなか行けず、うかうかしてる間に
年を越えてしまったケーキ屋さんです;;

この日は年明けのご挨拶もかねて、
『自家焙煎珈琲豆 凛(りん)』に
美味しい珈琲豆を買いに出掛けました!


自慢じゃありませんが、かのんち木津にありながら、
加茂駅までに引っかかる信号は一個だけです。ビバ田舎。

こちらは『凛』ご店主のオススメのお店でもあります。

「ケーキももちろん美味しいけど、パンが美味しいんですよ!」


そう言われては行かない訳にはいきませんよね。
お店はJR加茂駅、広いロータリーのある東口の方の階段を降りたら、
ロータリーの向こうに伸びる道があって、お店が見えてます。

f0134769_0563677.jpg


赤い、かわいいお店構え。向かいもパン屋さんだから気をつけて。
表の看板には「ガレット・デ・ロワ」。
パイの中に小さな陶器の人形が入ってて、
それに当たった人にはかわいい金の冠と、
その年一年のラッキーが約束されるそうです。
その時々のお祭りのケーキなんて、すごく素敵ですよね!

お店にはもちろん季節のフルーツを使ったケーキや、
ロールケーキ、プレゼントに良さそうな焼き菓子が
目の前に所狭しと並んでいます。

マカロンもありましたよ!一つ百円。なんて良心的。

ああっ、だけど今日の目的はパンなのよっ。
「このケーキ端から全部~!」なんて
緩みそうになる心を引き締めて、パンを。

カウンターの上と、レジの向こうにもありますので、見落とさないように!

f0134769_0572963.jpg


どうやら日によって焼いてるパンが違うようです。
「キノコのグラタンパン」に、「かぼちゃ」「玉ねぎ」「ごぼう」
「小松菜」のリュスティックというパン。

リュスティックとは「フランスパンの一種で、 水分量が多く、
成形するのが難しいため、生地を分割したそのままの形で
二次発酵させ、焼成するパン。」なのだそうです。

なんですかこの美味しそうなラインナップ!
「全部!」と言いたいところを主婦我慢して、
「かぼちゃのリュスティック」「フレンチトースト」
「クロワッサン」をチョイス。

悩んでる間にお店の方が「ご試食どうぞ」、とくださったパンは
軽く二口分はあってびっくり。
頂いたフレンチトーストがフワフワのモチモチでこれまたびっくり。
快くお写真も撮らせて頂いて、帰り際、

「あっ、これバレンタイン用にいま作ってるジャムなんです。ご試食どうぞ。」


喜んで~!


頂いたのは「フランボワーズ(木苺)とチョコレートのジャム」。
うっとり甘くて、ほろ苦い…。美味しかったです。
自家製な所も素敵。

f0134769_0581145.jpg


冬の山道、ドライブ気分で帰り道、
どーしても我慢できなくなって「カボチャの」を一口かぷり。
もーごろんごろんかぼちゃ入ってて、
生地がもう「もちーっ」としてて、夢中になって食べちゃいました!

大阪でもどこでも「美味しいパン」と言われるものには
必ず入ってるものがあって、
それはそのお店の「気合い」というか「心意気」というか、
「背骨」とかなんだと思うのですが、
このパンにもきっちりそれらが入ってました!


あ、こちらのお店では
店内でイートンもできるスペースがあります。
焼きたてのパン(もちろんケーキも)をその場で食べられるなんて、
こんな贅沢ないですよね。
余談ながらこちらのご店主、
神戸の超有名店『トゥーストゥース』で
いらっしゃった方だそうです。

これはホントパン好きを自称する方なら
はっきり言って是非味わってみてほしい…。

またひとつ、加茂に来る楽しみを発見した1日でした。

2008.1.19 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-01-22 00:58 | 木津カフェ
『MINORI CAFE(ミノリカフェ)』

奈良市恋の窪1丁目5の5
tel/fax 0742-36-7336
10:30~17:00(Lo)
ランチは11:30からなくなり次第終了。
お電話でのランチのお取り置きあり。
ただ席の予約は不可ですのでお気をつけ。
日曜・祝日 定休

地図です

12/26~1/3までお休みなのでお気をつけください。

f0134769_0401662.jpg


かのんの実家のすぐ近く、大通りからは少し離れた場所に
『minori cafe』があります。

近くにあるのにな、と思いながらなかなか行けなかったカフェ。

やっと行けたこの日は実は
優しかったかのんおばあちゃんの法事の日でした。

折しも朝からずっと雨。
たくさんの知らない人に囲まれて、
気を遣うのにも疲れてしまって。
一人でおばあちゃんの事を考えたくて、抜け出してしまったのでした。

お店は奈良の100年会館に向かう通り、
「BMW」と「萬春堂」のある交差点を
「萬春堂」の方へ曲がります。
曲がった先がY字にまた分かれてるけど、左を選択してください。
そんなに広くもない道、少し行くと信号があるのでそれを右折。
坂を下って、左手にあるのがカフェです。
ちなみに向かいは「スーパー万代」。
お店の角を曲がると駐車場があります。
少し広いから、複数台置けそう。

姪っ子が貸してくれた
ミッフィーちゃんの傘をさして店内に逃げ込みます。
いらっしゃいませ、と全身黒ずくめのかのんに
びっくりされた様子もなくお迎えくださいました。
暖かい店内。お客さんはかのんだけ。
重たい黒をやっと脱いで一息。

カフェオレと本日のオススメって書いてあった
「フルーツロールケーキ」をお願いしました。

お店の中はやっぱりすごく素敵。と、いうのも噂では
元『くるみの木』にいらっしゃった方が開いたカフェなんだとか。
確かにこのひとつひとつのオーナメントを
丁寧に配置されてる感じは似てるのかも。

かのんの後ろからは「カシャカシャ」と
わざわざ牛乳を泡立てて下ってる音がします。

暖かいカフェオレと、
フルーツのたくさん入った手作りのロールケーキ。


外は冷たい冷たい雨。みんなは「涙雨やなあ」なんて言ってたけど、
ホントにそうなのかなあ…?
こんなに冷たい雨がたくさん降ったら、
きっとおばあちゃんも寒くて嫌に違いないと思うのに。

少し前まで、誰かが亡くなってしまうことが悲しくて仕方なかったのに、
最近は鈍感です。受け止めて、受け入れられるようになった…のかな?
急な別れに心が着いていっていないだけ?


静かなクリスマスソングの流れる店内、
最後まで他のお客さんが来ることはありませんでした。

ケーキ、すごく美味しかったです、
ずっと来たかったカフェだったので、
今日来られて良かったです。ってお伝えしたら

「是非またいらしてください、お待ちしてます。」って、
やさしく返してくださいました。

また来ます、と外に出ると外は相変わらずの雨。

自分に考える時間をくれたこれはやっぱり優しい雨だったのかも。
少しだけ軽くなった気持ちと、コートでお店を後にしたかのんでした。
あっ、写真とるの忘れてた!

まあ、たまにはいいかあ…。


2007.12.22 かのん
[PR]
by caferepo | 2007-12-27 00:40 | 奈良北部カフェ