意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
『パン工房のら』

〒633-2142
奈良県宇陀市大宇陀区田原859-1
電話・FAX 0745-83-0766
*定休日/毎週木曜日と月末の28、29日

下記まで電話かFAXで「パン工房のら」まで直接ご注文下さいとのこと。
全国どこでも発送。
前々日より仕込みのため注文は発送日の二日前までがベターだそうです。

地図です。多分…このへん…。

f0134769_0503741.jpg


吉野の桜の季節になってきましたね~!
花粉症の方にはつらい季節でもあるんですが、
かのんはまだ幸運にも発症していないみたいです。
…うーん、梅雨の時期に咳がヒドくなるのはひょっとして花粉症…?

お出かけの楽しくなるこの季節、
お友達のご実家のある奈良県は吉野郡に行ってきました!
…といっても少し前のことなんですが…;;(苦笑)
梅は咲き始め、人はまばらで、吉野はまるで桃源郷でした。
もうすぐしたら「千本桜」が咲いてたくさんの観光客で賑わうんだろうなあ…。

少し肌寒いけど、ポカポカな春の日差しのなか、
目指すは『パン工房 のら』です。

友達の家から車で10分!(わからんて)
吉野に行くとき、全ての基準になるのが「道の駅」なので、
『大宇陀の道の駅』をご紹介しておきます。


桜井から国道165号線を東に走ります。
キグナスのある「外山」のT字の交差点を右折。
国道166号線に入り、そのままずっと道なり。
トンネルを抜けて、「内原」のこれまたT字の交差点を右折。
すると10分も走らない内に右手に「大宇陀の道の駅」が見えます。

野菜や果物、おばあちゃんのお漬け物なんか、
すごくおいしいから是非立ち寄って下さい。
『のら』さんとは関係ないんですが、
ここで売ってる「黒豆パン」、マジで美味いです。

道の駅を行きすぎると、国道は370号線になります。
5分くらい道なりに走って、県道135号線のT字の交差点を左折。
ちょっと心細くなるくらい走ったったころに
目印のバナナの木が「左の上の方」に見えます。
冬は枯れてるのでお気をつけ。
ご近所さんの出入りに邪魔にならないように車を停めて下さいね。

f0134769_0511223.jpg


と、いうのも『のら』はパン屋さんのお店があるわけではありません。
ご自宅に石窯を据えて、
1日に20個くらいしか「焼くことができない」天然酵母パンを、
普段は希望する方にパンを発送されるか、
「道の駅」に委託販売しておられるのです。
かのんみたいに取りに伺いたい人は
よくよく『のら』さんのご都合を聞いてからお伺いください。

パンは二日前までに予約が必要。
(二日前でも予約でいっぱいの場合もあり)


やっとの思いでたどり着いた『のら』さんは
大きな梅の木が咲き始めで、
お家があって、パンを焼く石窯があって。
そのそばでは奥さまとお友達の陶芸家さんがお茶をしておられて、
なんともあったかで、のどかな風景。
まだホッカホカのパンを受け取って、しばし雑談。

f0134769_0532279.jpg


「夏はパン焼き、スッゴく暑いんじゃないですか?」

なんてお話させていただいたら


「いえいえ、僕なんかが暑いなんて言ったら奥さんに怒られます」とご主人。


奥様はなんと吹き硝子の作家さん!
すごい、ご夫婦で「火」を相手にしていらっしゃる。

お仕事のお邪魔にならないようでしたら、
と少しだけ工房と作品を拝見させて頂きました。
底がぽてっとしたグラスが大好きなかのん、
早速ひとつお買い上げです。

だってすごく素敵なんだもん!

奥さまの作品やお仕事に興味を持たれたら、
こちらも事前にお問い合わせ下さいとのことです。

f0134769_0521123.jpg



帰ってから頂いたパンは、ずっしりと重たくて、
ひとくち食べるとものすごく力強くて、まるで「ごはん」みたい!
酵母と土と火と空気と、全部が集まってその結晶がこのパンです!って感じ。
美味しいです、ホントに。是非また食べたい。



HP等はありませんので、電話がFAXにて注文になります。
2008年3月現在のパンのメニューはこちら。


<おしながき>
*硬いパン
…ライ麦/全粒粉各15% 各350えん
・カンパーニュ
・くるみ&レーズン
・いちじく&ナッツ
・チーズトマト

*リュスティック系パン
…焼くと外はパリっと中はしっとり 各350えん
・いよかんピールとナッツ
・甘夏ピールとナッツ(夏期のみ)
・のらくるみ
・オリーブとチーズとドライトマト
・オリーブとチーズと松の実

*パウンドケーキ 無塩バター、キビ砂糖
・ドライフルーツとナッツのケーキ 1300円
・バナナと胡桃のケーキ    1200円
・ごまケーキ    1200円

*ライ麦パン(夏期以外)
・ライ麦50 ライ麦50% キャラウエイ アニスシード 350えん
・ライ麦66 ライ麦66% キャラウエイ アニスシード ひまわり種
パウンド型1本700えん 1/2本350えん

・フロッケンセサム ドライフルーツ、ナッツ入りライ麦パン
パウンド型1本1100えん 1/2本550えん

・五穀パン 350えん
ライ麦、小麦、黒米、もちあわ、もちきび、玄米、そば、オーツ麦

*クリスマスシュトーレン 1500えん(12月)
*そば粉のビスコッティ 300円
*型焼きのパン(夏期以外)
・緑豆あんぱん 各1本700えん 1/2本350えん

*2007年11月22日価格改定
のらさんのお友達さんのHPより。
「シンプルな杉の家」を提案する建築士事務所のHPでもあります。


「焼き」の作業に入ってしまうと
お電話に出られないこともあるそうなので、FAXがベターかも?
5個以上購入ご希望の方はお電話で事前にお問い合わせが無難です。
(一日に焼ける個数が決まっているそうなので)

なんだか普段よりちょっと注意書きが多目ですが、
どうぞお気軽にお問い合わせしてみてください。


あ、余談ですが同じく大宇陀にあった「あんぱん」の有名な『きんぞう』が
閉店してました~~~!!
お店はその後フランスのお菓子のお店になるとかで…。
どこかに移転なんでしょうか;;
食べたかったなぁ~;;

2008.3.某日 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-04-25 00:54 | 奈良南部カフェ
『K's Weck』
〒630-8222
奈良市餅飯殿町12番地
定休日は月曜と木曜
10:00~19:00


f0134769_0365244.jpg


去年の春にオープンした「ならまち夢CUBE」にあるパン屋さん
『K's Weck』に行ってきました!

週末の混雑したならまち、案の定カフェにもあぶれ、
パンの香りに誘われてたどり着いたのがこちら。

近鉄奈良駅からずっと商店街を歩いてくるとたどり着けますよ。

琉球硝子やオリジナルアクセサリーのお店を抜けて、一番奥。
かわいい鳥のマークが目印です。

f0134769_0384921.jpg


かのんここに来たら買おうと思ってたパンがあるんですよ!
それはつぶらな黒ゴマの瞳がかわいい「火星人のパン」!
足はちなみにソーセージです。
油断してると抜けちゃうそうです。かわいい。
アタマの中に詰まってるのは脳みそ…ではなく
濃厚なクリームチーズ。

あと「キノコの形のクリームパン」が美味しいらしいよ!
かのんが行ったときには残念ながら売り切れでしたが…。

美味しそうな「カヌレ」と「緑豆のバゲット」、
切らしてた「食パン」を購入。

帰ってから軽く温めて頂きました!
カヌレは外側パリッと、中はモチモチ~♪これは美味しい~!
バゲットもパリッとモチっとのなかに
甘く炊いた豆がいいアクセント!

f0134769_0374650.jpg


ううっ、また美味しいパン屋さんを見つけちゃいましたよ!!!

冬場のご来店は是非ともマメに扉を閉めてあげてくださいね。
冬の発酵温度の管理は大変ですから。

それにしても情報が少ない…。
ブログがあって「国産小麦」にこだわっておられるのは
わかるのですが…。
天然酵母なのかなぁ??

2008.2.10 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-02-17 00:39 | ならまちカフェ
『Patisserie Les Halles(パティスリー・レ・アール)』
 京都府相楽郡加茂町東2丁目6-6 1F
TEL  0774-76-4816
OPEN 10:00~20:00
定休日  第2火曜(不定)、毎週水曜
駅周辺の口コミサイト「エキテン!」より
f0134769_0555278.jpg


ずっと「ここは美味しいよ!」って聞いてたんですが、
なかなか行けず、うかうかしてる間に
年を越えてしまったケーキ屋さんです;;

この日は年明けのご挨拶もかねて、
『自家焙煎珈琲豆 凛(りん)』に
美味しい珈琲豆を買いに出掛けました!


自慢じゃありませんが、かのんち木津にありながら、
加茂駅までに引っかかる信号は一個だけです。ビバ田舎。

こちらは『凛』ご店主のオススメのお店でもあります。

「ケーキももちろん美味しいけど、パンが美味しいんですよ!」


そう言われては行かない訳にはいきませんよね。
お店はJR加茂駅、広いロータリーのある東口の方の階段を降りたら、
ロータリーの向こうに伸びる道があって、お店が見えてます。

f0134769_0563677.jpg


赤い、かわいいお店構え。向かいもパン屋さんだから気をつけて。
表の看板には「ガレット・デ・ロワ」。
パイの中に小さな陶器の人形が入ってて、
それに当たった人にはかわいい金の冠と、
その年一年のラッキーが約束されるそうです。
その時々のお祭りのケーキなんて、すごく素敵ですよね!

お店にはもちろん季節のフルーツを使ったケーキや、
ロールケーキ、プレゼントに良さそうな焼き菓子が
目の前に所狭しと並んでいます。

マカロンもありましたよ!一つ百円。なんて良心的。

ああっ、だけど今日の目的はパンなのよっ。
「このケーキ端から全部~!」なんて
緩みそうになる心を引き締めて、パンを。

カウンターの上と、レジの向こうにもありますので、見落とさないように!

f0134769_0572963.jpg


どうやら日によって焼いてるパンが違うようです。
「キノコのグラタンパン」に、「かぼちゃ」「玉ねぎ」「ごぼう」
「小松菜」のリュスティックというパン。

リュスティックとは「フランスパンの一種で、 水分量が多く、
成形するのが難しいため、生地を分割したそのままの形で
二次発酵させ、焼成するパン。」なのだそうです。

なんですかこの美味しそうなラインナップ!
「全部!」と言いたいところを主婦我慢して、
「かぼちゃのリュスティック」「フレンチトースト」
「クロワッサン」をチョイス。

悩んでる間にお店の方が「ご試食どうぞ」、とくださったパンは
軽く二口分はあってびっくり。
頂いたフレンチトーストがフワフワのモチモチでこれまたびっくり。
快くお写真も撮らせて頂いて、帰り際、

「あっ、これバレンタイン用にいま作ってるジャムなんです。ご試食どうぞ。」


喜んで~!


頂いたのは「フランボワーズ(木苺)とチョコレートのジャム」。
うっとり甘くて、ほろ苦い…。美味しかったです。
自家製な所も素敵。

f0134769_0581145.jpg


冬の山道、ドライブ気分で帰り道、
どーしても我慢できなくなって「カボチャの」を一口かぷり。
もーごろんごろんかぼちゃ入ってて、
生地がもう「もちーっ」としてて、夢中になって食べちゃいました!

大阪でもどこでも「美味しいパン」と言われるものには
必ず入ってるものがあって、
それはそのお店の「気合い」というか「心意気」というか、
「背骨」とかなんだと思うのですが、
このパンにもきっちりそれらが入ってました!


あ、こちらのお店では
店内でイートンもできるスペースがあります。
焼きたてのパン(もちろんケーキも)をその場で食べられるなんて、
こんな贅沢ないですよね。
余談ながらこちらのご店主、
神戸の超有名店『トゥーストゥース』で
いらっしゃった方だそうです。

これはホントパン好きを自称する方なら
はっきり言って是非味わってみてほしい…。

またひとつ、加茂に来る楽しみを発見した1日でした。

2008.1.19 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-01-22 00:58 | 木津カフェ
『Le Sucre-Coeur(ル・シュクレ・クール)』
〒564-0001 大阪府吹田市岸部北5丁目20-3
Tel/Fax 06-6384-7901
営業時間 午前8時~午後7時
定休日 水・木曜日

地図です。

f0134769_1433269.jpg


え、木津・奈良の情報じゃないんですか!?
ここだけを見た人はびっくりデスよね;
今回は番外編って事で…w

かのんが普段勤めてる、大阪は吹田にあるパン屋さんのレポです。
えっと、かのんが住んでるのは京都の木津。
ええ、毎朝一時間半の電車旅行です。
帰りもまた一時間半。
1日24時間の間の三時間が電車なわけで…。切ない。

とはいえ利点がないわけではなく、
この時間を利用して「カフェレポ!」の原稿書いてるんですよね~。
そんな事より早く帰りたいよ、トホホ。

こちらには仕事の休憩にたまに行って、
「ここのパン美味しいなあ~」なんて
ぼんやり考えてたパン屋さん。
ところが実は最近よくでる「美味しいパン屋」の本には
『ブランジェリータケウチ』と並んで必ず載ってる、
実力派のパン屋さんだったんです。あらびっくり。

いつも職場から自転車こいでるから「口ナビ」も働かずです。
ごめんなさい。駐車場も無いしなあ…。
お店は住宅街ではなく結構くるま通りのある国道沿い。

赤い、かわいい正面はまるでフランスのパン屋さん!
入るとショーケースがあって、ケーキみたいに
店員さんがパンを取ってくださいます。

最近増えてきたこの形式、かのんはちょっと苦手です。
なんだか店員さんの無言のプレッシャーに

「あわわ、あのあの、これとこれとこれくださいっ」
なんて意味なく焦って、帰ってから
「あっ、こんなの買ったっけ?あれも欲しかったのに~!」
ってなるから!

しかもここ、パンの名前フランス語で書いてあるの…。
となりにカタカナがありますが、加えて名前が長いこと、
(「アンパン」とかじゃないんだよう)
パンの素材がオリジナリティ溢れるものであるため、
見た目から名前が連想できないことがそれに拍車をかけます。

「あのこれ…」「はい、パン・オ・ナントカカントカですね?」
「えっ、あっ、はい多分。」多分って何だよをい。

パンは甘いのもそうでないのも大体ハード系が主かな。
ドライフルーツやナッツをたくさん使ったもの。
どれも生地がしっかりしてて、食べごたえがあります。
生地がもっっちりしてて、噛みしめるほどに味が深くなるんです。

f0134769_145652.jpg


こちらのお店で強く感じるのは働いてるみんながパンを愛してること。
「美味しくて安心できるものを責任持って届けたい」って気合い。

パンを買ったらいつも入れてくれる「フリーペーパー」の
『シュクレ通信』には新作のパンの情報とともに、
いま、世界で何が起きているのか、
そしてそれがパンにいかに影響があるのか、
店長さんが熱く語られています。
そしてその熱意は確実にパンにも入ってます。

どんなに美味しいパンはもう食べ尽くした、って人がいても、
こちらのパンは唸ると思う。
若干…普段食べるにはお値段高めですが。

店内ではイートンも可能。コーヒーは250円でおかわり自由。

かのんが行ったのは雨の日だったせいか、一杯づつ落としてくださいました。
一緒にシュークリームをお願いしようと思ったら



「売り切れです」



あわわ、えっとじゃあこのサンドイッチ…、
「ナントカカントカサンドですか?」
ああ、ええ多分それです。

シュクレを楽しむにはもっと大人の女性の余裕が必要のようです…。
あっ、店員さんちっとも悪い人じゃないんですよ!
かのんがサンドを食べてたら

「こちらのお席は寒いですから、奥を使ってください」とか

「この11月にお隣にケーキ屋さんをオープンさせましたから、
そちらなら『エクレア』がありますよ」なんて
優しく声をかけてくださいました。

そっかあ、じゃあ次のレポはそこだね!

f0134769_1454419.jpg


この日に買ったのは甘栗とオレンジピールが生地に練り込んである
「マンダリン・マロン」。赤い糖粉が鮮やかな(そんなところがフランス)
「ブリオッシュ・プラリネ・パリ」。
棒パンくらいのバゲットにバタークリームを挟んだ「クレーム・オ・ブール」。

いや美味い。どれも旨い。

県外からわざわざお客さんが押し寄せるのも納得のブランジェリー、
『ル・シュクレ・クール』。
是非行ってみてください。

2007.12.23 かのん
[PR]
by caferepo | 2007-12-23 01:42 | 大阪カフェ
『field note(フィールド・ノート)』

tel:0742-36-7227
奈良市四条大路2丁目2-77
営業時間11:00-18:00 

定休日毎週月曜日
HPは未作成の模様。
地図です

f0134769_1153037.jpg


皆様のお家はもうクリスマスの飾り付けはされてますか?
ツリーを飾るお家、お庭のイルミネーションがにぎやかなお家、
みんないろんな形でクリスマスを楽しんでますよね!

え、かのんちですか?何にもありませんとも。(きっぱり)
あ、いやいや、したいことがあるんだけど、
それがもう少し時間がかかるもんだから。
綺麗に出来たら報告しますね。

カフェレポ検索トップ10に必ず入ってくる
『フィールド・ノート』に行ってきました。

大阪からの帰り道、かのんの実家にほど近くにお店があるので、
うきうき寄り道です。
国道24号線京都に向かう高架を上らずに、
大阪方面に向かって側道に入ると、
すぐ「ゴルフのナントカ」のある交差点を左折。
すぐに左手にお店が見えると思います。

五時半を過ぎたばかりだというのにもうとっぷりと日が暮れて、
なんだか寒さに鼻の奥がつんと痛くって。

・・・冬ですねえ。

お店の暖かいオレンジ色のライトアップを見たときには、
なんだか心底ほっとした気分になりました。
ヤマボウシやヒメシャラは
もうすっかり枝だけなのにとってもいい雰囲気。
これってクリスマスプレゼントを探しに行くには
ぴったりの時期じゃない!?

実はこの日、「旦那様のプレゼントを買いに」なんて
かわいらしいことは全く考えておらず、
「ただ寄ってみただけ~」のかのん。

あっ、そういえば『パン・ドゥ・キュイソン』のパン、
ここで食べられるよね!なんて
色気より食い気全開です。

お店にはオープンすぐに来たきり。
遅い時間ともあって人はまばらで、
その時とはうって変わってゆっくり雑貨を眺めることが出来ました。

オープン時と違ったのは一番奥の一角が
カフェスペースからイベントスペースになってたこと。

この日はトルコの伝統的な織物、「キリム」を販売しておられました。
やわらかい光に照らされて見る
たくさんのキリムはそりゃあ美しかったです。
f0134769_1162629.jpg


ため息をついて振り返ると、『キュイソン』のパンが。

仕舞いまえともあって、パンは少なかったのですが、
そこにはなんと、かのんがずっと食べたかった

「フォンダン・ショコラ」が!!


すっ、すいませんっ、これって中のチョコがトロッと温かいやつですよね!?

「そうですよ~、レンジで少し温めるだけで美味しく食べられますよ。」

えっ、あのっ、お家でも美味しく食べられるんですよねっ!?

「こちらでお召し上がりもできますよ。ご用意しましょうか?」

是非ともお願いします!

一緒にオーダーしたのはカフェオレ。
窓際の席に腰掛けて待つことしばし。
店内に静かに流れるクリスマスソング、窓の外には冬の庭。
ああ、やっぱり冬はいいなあ。

程なく持ってきて下さった「フォンダンショコラ」、
かわいい木のプレートにこれまた素敵なカップに入ったカフェオレ。

f0134769_1201998.jpg


かのん、ずっとずっとこの温かいデザートが食べたくって探してたんです!
メニューにあるカフェはあったけど、
かのんの食べたい「ふわっ、トロッ」には遠いものばかり。

期待を込めてひとくち。


…どうしよう、これめちゃくちゃ美味しい!!

ひとりニンマリのかのん。
熱いカフェオレがすごくあう。
このひとくちごとに広がる濃厚なカカオの香りと
甘さをどうお伝えしましょうか!
ああもう、幸せ。

お店のひとに「これスッゴく美味しいです!びっくりしちゃいました」って
お伝えしたら、「でしょう~?私も大好きなんですよ!」と満開の笑顔。
いやほんと、これはわかる~!

こんな美味しいチョコレートのデザートが楽しめるのも冬ならでは。
是非クリスマスプレゼントを選んだら、
雑貨を眺めながらここで食べてみて下さい。

f0134769_1183290.jpg

2007.12.14 かのん


ファイブスタイル ブログランキング

[PR]
by caferepo | 2007-12-15 01:21 | 奈良北部カフェ
郡山で劇団「カムカムミニキーナ」のお芝居を見た帰り、
JR郡山駅前の『パンデキュイソン』に行ってきました!

f0134769_0381978.jpg


お店はJR郡山の西口前。
ホントにキョロキョロする間もなく見つけられると思います。
どうぞ電車に乗って来てみてくださいね。
駐車場はお店に向かって右側にあるそうです。

こちらのパン屋さん、どちらにあるかは知らない方でも、
パンを食べたことがある人はたくさんいるかもですね!

そう、移転した『FIELD NOTE(フィールド・ノート)』の
カフェスペースで食べられるのはこちらのパンなんです!

f0134769_0385237.jpg


大きなお店かと思いきや、すんごくちっさい可愛いお店。
入ったときには夕刻を回ってましたので、
残念がらパン少な目…。
それだけ人気のパン屋さんってことですねえ~。
パンのネームカードを見る限りハード系のパンが美味しそう!
そして特筆なのはなんと「キッシュ」~~~!!

「ほうれん草と卵のキッシュ」
「ベーコンとチーズのキッシュ」
「玉ねぎのキッシュ」がありました。
すんごく迷った末に「玉ねぎ」を外す事に。
どれも食べたかったなあ~。
(2つも買ったんかいな)
f0134769_041914.jpg

奥では明日のパンの仕込み。外はとっぷり夕闇。

お芝居は楽しかったし、美味しいパンは買えたし、
素敵な休日だったなあ~…。

翌日あっためたキッシュはすんごくふんわり!
うーん、なんと表現したらいいのこれは!?
ふわふわのホクホク☆とでも言いましょうか。

f0134769_0394898.jpg

(残念ながらピンボケ;;)
食べたい人はぜひ『フィールドノート』か
こちらのお店に来てみてください。
かのんはまた好きなパン屋さんが増えましたよう♪


『パン・ドゥ・キュイソン(PAIN DE CUISSON)』
TEL 0743-54-9109
住所 大和郡山市高田町1-1
こちらが地図 http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=34.38.38.994&lon=135.47.32.554&sc=2&mode=map&type=scroll
月曜日が定休日!!お気をつけください。
このほかにも臨時休業の場合もあるそうです。
食べログより

ファイブスタイル ブログランキング

[PR]
by caferepo | 2007-11-30 00:41 | 奈良北部カフェ
f0134769_2319419.jpg

某日、郡山に八嶋智人さんも出演の
『カムカムミニキーナ』のお芝居に行ってきました!

本来なら東京をメインに活動する劇団なのですが、
八嶋さん、そして代表さんの故郷である奈良に、
年一度くらいの里帰り公演をされてるようです。

お芝居はもちろん面白かったし、笑いっぱなしの二時間でした。
でもやっぱり笑いのツボは東京のノリやね。
セリフを重ねて重ねて、その間にオチがある。
「間」で笑わせる大阪とは違うけど、
それはそれで興味深かったです。


開演までにかなり早い時間に待ち合わせして、
『アポロ』に行ってきました!

もうレポは三個目かな。一つ目二つ目はこちら!
でも行く度に新しいパンや、発見があって、また行きたくなる、
かのんにとってそんなお店です。

この日にいつもと違ったのはお店の中でパンを食べたこと。
小さいながらもイートインスペースがあって、
コーヒーやチャイと一緒に焼きたてのパンが食べられるんです!
むはっ、なんちゅうしやわせ。

ひよこ豆のカレーパンもローズマリーのフォカッチャも捨てがたかったけど、
いちぢくとクリームチーズのデニッシュ、
定番の大好きなクリームパン、
くるみのシナモンロールをお買い上げ。
飲み物はホットチャイで頂きました。

もうどれもこれもうめーことったら!
あんまり美味しすぎて、隣の友達が何食べてたか覚えてないし!
なーさんごめん!

ああもうお腹いっぱい、そろそろ行こうか、と
立ち上がったかのんの目に飛び込んできたのは。

「ブロッコリーのクリームグラタンパン」。

なんですかそれ!?美味しそうにもホドがありますってば。
しかし主婦かのん、ここは涙を飲んで我慢であります。
「帰りに寄ってみて、まだあったら買う」なんて
奇跡にも等しい賭けをしつつ、パン屋を後にしたのでした…。

そしてお芝居を見た帰り道、
八嶋さんと握手したホカホカのドキドキで、
ちゃっかり『アポロ』に立ち寄り、

「パン食べたくって帰って来ちゃいました。あはっ☆」なんて
アキエさんを呆れさせつつ、
念願のシチューパンを買って帰ることが出来たのでした。


かのんの大好きな写真家さん「星野道夫」さんが、

「学校で授業を聞いていても、友達と遊んでいても、
いまこの瞬間にアラスカではヒグマが獲物を求めて歩いている、
そう考えるとひどく安心するんです」

と書いた一文があります。

かのんが笑ってても、しょげてても、今この瞬間に
アポロではあの美味しいパンが焼けてるんだ、って考えると、
小さいことはどうでもよくなってしまう。
明日もまた笑おうぜ、って気分になってくる。
かのんにとって、『アポロ』ってそんなお店なんですよね。

あっ、今思い返したら、以前もそんなこと書いてたなあ。えへへ。


『豆パン屋 アポロ』
639-1132 奈良県大和郡山市高田口町40-4
電話 0743-52-8106
営業 8時から18時?
定休日 毎週水曜日と第1・3日曜日


ファイブスタイル ブログランキング

[PR]
by caferepo | 2007-11-28 23:19 | 奈良北部カフェ
昨冬「無期休業」に大きな衝撃をうけた
高の原のカフェレストラン『アリヤマ』さんですが、
営業再開されてました!

かのんずーっとずーっと行きたかったのに、
なかなかタイミングがあわず。

その日の朝友達が、
「美味しいパンが食べたいわあ~」とメール。
うっしじゃあ行ってみましょう!

f0134769_2243292.jpg


お店はイオンの前、高の原駅の下を通る
大きな道路を走って、左にある高架にのぼってください。
信号を右折し、そのまま直進。
(イオン方向に曲がっちゃダメですよ!)
すぐに左手に黄色いかわいい建物が見えます。

お店の前が駐車場。5・6台は置けるかな。
ですがこの駐車場が難関!
道路と歩道の勾配が結構急なので、
「えーい!」と入ると確実に車は下をこすります…。
かのんは初めて来たとき車の顎をすりました。(涙)
ダウンサスでもないのに…。
落ち着いて、ゆっくり入るとサスペンションが沈まないので
大丈夫!!
旧『コルマール』があった場所には『うまる』さんっていう
パン屋さんが入ってます。
かのんのお目当ては今日はここのパン!

f0134769_22434048.jpg


『うまる』さんの奥がカフェレストラン
『アリヤマ』さんにつながってます。
ランチもなかなかいい感じに充実してて、
今度は是非こっちにも来てみたい~!!

厨房に嵌った大きなガラスから中が見えるのですが、
パンの釜と、それから「竈(かまど)」が見えます!
そうここはパンも売ってるけど
おにぎりも自慢なんだそうですよ!!
お漬物にいたるまで手作りの
お弁当販売もあるそうです。

f0134769_2244922.jpg


朝から焼きたての「石釜食パン」を販売中!
切ってもらうとホカホカの湯気がまだ出てくる状態!!

すげ~!

この日は「菓子パン祭り」だそうで、
キャラクターパンが沢山並んでました。

かのんいつものように
「ブログに載せたいので写真を撮ってもいいですか?」って
お聞きすると、
「いいですよ!どんなブログですか?」
あ、そんなたいしたのじゃないんですよ、
行ったカフェなんかを…。

「かのんさんですかっ!?」

ぶひっ!?はっ、はいそうです…。
ありゃ~、バレてら…;

お声をかけてくださったのは
ブログではお馴染みの「小坊主さん」!
たくさん写真撮らせてもらいました。
ありがとうございますw

f0134769_22444430.jpg


焼きたてのパンをたくさん買って車に乗ろうとしたら、
あっ、あれっ?
「かのんさんですかあ?」
なななんと「チーフしょうこ」さん!
後ほど「シェフ達也」さんも加わり、
楽しいことになってしまいました~。

この日はカフェの前でプチ祭り!
子供達が輪投げで遊べるようになってました。

でもしょうこさん、「グルミットのTシャツ」は
子供向け賞品じゃないよね…。
焼きたてパンは車の中でふかふかいい匂い!
友達にも好評でした。今度はカフェに行きたいな!

f0134769_22452637.jpg



『パンおむすびデリカ うまる』
(カフェレストランアリヤマ)

奈良市右京3-19-24 patio 1F
 TEL 0742-70-5071
(カフェはTEL 0742-70-5073)

営業時間/7:30~19:00 (カフェは9:00~)
定休日/火曜日

ブログ版「カフェレポ!」からもリンクさせて頂いてますw
カフェにパンにデリに毎日奮闘する
楽しいスタッフさんたちのブログです!
[PR]
by caferepo | 2007-08-09 22:47 | 高の原カフェ
f0134769_1437100.jpg


6月7日、「くるみの木フィールディズ店」に併設されていた雑貨店、
『フィールド・ノート』が場所を移してリニューアルオープンしました!

場所は24号線京都向き、旧「フィールドノート」を過ぎて、
阪奈道路をまたぐ高架を乗らずに側道に入ったところ。
「ゴルフのアイテムショップ?」が角にある交差点を左に曲がって
(ちょっと小さいので気をつけて)、わりとすぐのところです。
駐車場も広め。
当日はオープンの日とあって警備員の方が出ておられました。

緑の芝生に白を基調にした建物がとっても綺麗です。
いくぶん旧店より小さいかな?
二階建てになってて一階は主に服や小物。
もちろんアウトドアのアパレルも。
センスのいい、丈夫で永く着られそうなモノばかり~。
あと子供服が増えてた!どれもすごくかわいかったです。

f0134769_153713.jpg


2階はかのんの大好きなキッチン用品やバス用品。
でも売り場がちょっと小さいの~;;
柳宗理のカトラリーや器など。
切らしてたグレープフルーツの石鹸をお買い上げ。

特筆すべきは奥にパン屋さんが併設されたこと!!
結構混み合ってたのでパンの種類は見られませんでしたが、
ベーグルやサンドなどがありました。
あと美味しそうなジャムや輸入の調味料なんかが。
パンどこで焼いてるのかなぁ…?
お店で焼いてるのではなさそう??

f0134769_163283.jpg


カウンターでパンとコーヒーや紅茶を買って、
店内のカフェスペースで食べられるスタイル。
キッチンらしきものは見当たらなかったので、
本格的なカフェにはならなさそうです。

でもまあ、お買い物のついでに
ちょっとなんか食べようかなってのには良いかもね!

奈良ではなかなか貴重な車で行ける単独の雑貨店、
また遊びに行きたいと思います。

『fieldnote(フィールドノート)』

tel:0742-36-7227
奈良市四条大路2丁目2-77
営業時間11:00-18:00 

定休日毎週月曜日
HPは未作成の模様。
[PR]
by caferepo | 2007-06-09 01:07 | 奈良北部カフェ
今までなんとなく横目で見ていて、
行きたいけど行けなかった所。

ここのパンを熱狂的に好きな人がいっぱいいて、
並ばないと買えなくって、
ミクシでもコミュニティがあったりして…。
かのん逆にそういうお店は避けて通りたい人です。
(ただのへそ曲がりなんでは…。)

でも金曜日のお昼休み時間になんとなくHPを見て、
急に行きたくなっちゃったんです。
すぐさま「パンの好きそうなお友達」にメール!
行くからには絶対買いたい!番号札一番取っちゃうぞ、
ってなわけでかのんに捕まったかわいそうな友達二人と、
朝から待ち合わせて『MIA’S BREAD』に行ってきました!!

f0134769_20494043.jpg


お店は平城旧跡の裏手、西大寺駅の北口から
奈良ファミリーの前を通り過ぎ、
道の真ん中に「お堂」のある奇妙な交差点を通り過ぎてから、
一つ目の信号を左折。
そのままちょい細い道をちょっと行くと、
『Ban』っていうリフォーム屋さんが右手角に見えるので、
(見逃さないように)そこを右折。
またちょっと行くと、左手にバナナの木と看板が見えて、
そこがお店です。

駐車場は5台。結構入れ替わりはあるので
停められる確率は高いですが、
お友達とは是非乗り合わせて行って下さい。
かのんは家からマイチャリ「ぱわふりゃ1号」を
20分こいで行きました。はぁはぁ。

f0134769_20502133.jpg


ネットの更新はとっても早いので、
その日に並ぶ予定のパンや「売り切れ情報」がわかります。
是非行かれる前にチェックしてみてください。

「9時に並ぶ人も居ます」との情報から9時集合だったのですが、
余裕の1番乗り。
も、もうちょっと遅くっても良かったかな?てへっ。

なんでもAM10:30から番号札配布、
AM11:30開店だそうです。

お店の前には開店まで待つためのベンチや
ちょっとしたカフェスペース
(ここで買ったパンを食べることもできます。
コーヒースタンドもあり。)があって、バナナの木があって、
なんだかいい感じにとぼけた看板があって、いいお天気で。
なんでしょうここは、ハワイイ?

f0134769_2051544.jpg


おしゃべりしながら待つこと1時間20分、
1,2,3番を見事ゲット。
数人のお客さんががぱらぱらと来ておられましたが、
大半はどうやら配布時間になってから来られてるみたい。
ちなみに番号札は「一人ひとつづつ」です。
グループで1つ取っても、
実はお店が「2人しか入れない」ぐらい小さいので!!
気をつけましょう。

番号札をもらってから1時間、
『八色茶房』にモーニングに行ってきたりして、
これまた楽しかったです。

帰ってきて丁度オープン直前!
番号札を持って店内へいざ。入ると…っていうか
3人目は厳しい!
これまたちいさな店内に、焼きたてのパンが
次から次へと運ばれてきます。
3人とも大興奮!!すごーい!いいにおい!美味しそう!!

「表情のあるパンを作りたくて」始められたという
『MIA’S BREAD』。
確かにどのパンもニコニコ、キラキラしてますよ!!
気が付けばトレイはてんこ盛り、
レジ横の「ピタサンド」もゲットして
しめて2000円なり。どれも大体2個づつ袋に入ってて、
250円~かな?主婦には痛いが悔いなし!!

青い空、緑の綺麗な平城京跡で、
3人で焼きたてパンをぱくぱく。
これを至福の時間と言わずして何でしょう!!

f0134769_20512750.jpg


かのんの食べたのは「ピタ」だったので、
「偶然」通りかかったかのんの職場の人に(びっくり)
パンの感想を頂きました
(ヨモギアンパンを差し上げたのさっ)。

「パンはもちもちで、あんこは豆の味がして
すっごく美味しかった。このパンのために
朝から並ぶ気持ちはわかる!」だそうです。

午後からの予定のため3人思い思いのパンを手に解散。
かのんはまたお家までチャリンコ。
カバンはパンでパンパン。
なんだかステキな土曜日の始まりなのでしたw

『MIA'S BREAD(ミアズ・ブレッド)』

住所 奈良市佐紀町2406-1(平城宮跡の北側)
TEL・FAX 0742-36-1298

来店 AM11:00~PM6:30(注文来店7時まで)

定休日 日・月・祝(臨時休業はカレンダーにて)
[PR]
by caferepo | 2007-06-03 20:58 | 奈良北部カフェ