意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:奈良 ( 103 ) タグの人気記事

『cafe rhyme(カフェ・ライム)』
奈良県生駒市南田原町1051-23
TEL:0743-71-9222
11:00~19:30 (19:00 LO)
定休日 毎週水曜日、第1・第4火曜日

『relax living』 HP
『スタッフのリラックスブログ』
『cafe☆rhyme』

f0134769_1133159.jpg


寒い寒い冬の日が続いてますね~。
巷ではインフルエンザが流行っているそうですが
皆様の周りは大丈夫ですか??

ところでかのん、
冬のカフェが好きです。

温かい飲み物を飲みながら、
暖かい店内から寒そうな外の景色を見るのが
たまらなく好きです。

そんなかのんの2009年実質的な初アップは
『cafe rhyme(カフェ・ライム)』さんです!

f0134769_114133.jpg


え、そんなカフェって生駒にあったっけ?
あるんです、というか2008年の秋にオープンしたばかり!
インテリアや北欧デザインに聡い人なら知っている
あの『リラックスリビング』のなんと2階に!!

マリメッコやイッタラ、ムーミンに囲まれたアノ空間でカフェ・・・w
うわー、まるで夢のようじゃないですかっ。


お店は奈良からだと「阪奈道路」を「生駒」で降りて、
信号を左。「阪奈病院」を通り過ぎ、「ジャパン」を越えたらもうすぐ。
左手に『relaxliving』のステキな看板が見えると思います。
「業務用スーパー」の交差点まで行くと行き過ぎなので注意。

大阪からだとR163で奈良に入り、R168との交差点で南下。
交差点には出光のGSあり。
そのままずっと走って、ローソンを通り過ぎ
軽い山道を越えて「業務用スーパー」のある
5叉路の交差点を越えたらすぐ右手に見えます。

お店の前が駐車場。ちょっと広めで楽駐車。


この日はmixiコミュ『love奈良cafe』の前・管理人さん、
K骨I男君がなんとはるばる転勤先の広島から帰ってくるというので
こりゃーもうかのんの大好きな「あのカフェ」にお連れするしかないでしょう!!

f0134769_1153360.jpg



1階のスタイリッシュな雑貨とカトラリーのお店を
誘惑に負けないように通り抜けて階段を目指します。
2階もまた魅惑の空間!堪能しながら奥に進むと
そこが『カフェ・ライム』です。


スタイリッシュすぎるカフェは味は二の次、なんて思ってるあなたっ!
それは大きな間違いです。
こちらのカフェは空間も本物なら味も本物なんですってば。


f0134769_117872.jpg


かのんがオーダーしたのは
「RODGROD 北欧風赤い果実の赤ワイン煮ともちもち揚げ生麩」480円。



「赤い果実を煮込んだ北欧のお料理(デザート)RODGROD(ロードグロード)を

rhyme風の大人なアレンジにしました。

デンマークでは、元気の出ない時に食べる 「赤い粥」 とも呼ばれています。

ビタミンもミネラルも豊富に摂れて、自然パワーがいっぱいです。

赤い色は、身も心も元気にしてくれます。

ヘルシーでもっちもちの揚げ生麩との相性も絶品。」(ブログより)

f0134769_1175534.jpg


I男君がオーダーした「生麩と桂花陳酒ゼリーの雅なパフェ」850円も
ちゃっかり撮影。


「上等な生麩をつかい、上品なパフェに仕上げました

贅沢なオトナのための「和」パフェです。

生麩は高たんぱく低カロリーで、日本古来の体に良い食材です

濃密な黒蜜ときな粉も加え

楊貴妃が好んだという桂花陳酒の香りとも相性抜群です

甘みの中にもさっぱりとした後味です」(メニューより)

f0134769_1184377.jpg


美味しいコーヒー(カフェラテ)に二人ともすっかりほっこりムード。
(ちなみにドリンクとスイーツ注文で50円引きです)
冬ドリンクの「きいちごとふわふわソイミルク 380円」も飲みたかったなぁ~w

f0134769_1191685.jpg


ちょっと久しぶりだったライムのスタッフ「むっちゃん」に
すっかり話し込んでしまいました。

この益々もってせちがらい世の中に、まるで逆行するように
「本物」だけを提供していくという難しさ。

これからも彼女の熱い気持ちのまま、このカフェがずっとステキでいてくれますように!


f0134769_120166.jpg


ちゃっかりこっそりと試作品?の「チョコレートムース」を頂いたり・・・。
これがもうトロけるってば!!
C&Sもかわいすぎ!!

春にはちょっとしたごはんメニューも登場予定だそうですよv

f0134769_1204415.jpg



お一人様でも、男性でも、年配の方でも、カップルでも。
ちょっと駅から離れてるのが難ですが、
ぜひこの大人のリラックス空間を楽しみに
このカフェに行ってみてください。
きっときっと、お気に入りになる事間違いなしですから!

f0134769_12127100.jpg


このときの模様がカフェライムさんのブログにがっつり載ってて
かのんが一人夜中に変な汗を流した・・・のはあくまで余談です。

2009.1.14 かのん
[PR]
by caferepo | 2009-01-15 01:23 | 奈良北部カフェ
『オステリアバッヴォ(osteria ba'vvo)』
奈良っこぐるめより

住所: 奈良市柏木町422ー1 柏木ビル3F
電話番号: 0742-36-8136
営業時間: 11:30~14:00(LO) 18:00~21:00(LO)
定休日: 火曜

駐車場: 55台(他店共有)
席数: テ20
ランチ時にはクレジットカード不可だそうです

f0134769_0205044.jpg


あけましておめでとうございます!!
本年もブログ『カフェレポ!』をよろしくお願いします

お正月はいかがお過ごしですか?
かのんはといえば・・・毎年の事ながら「食い正月」です。

うがああ;そうさ断れない、避けられない、遠慮できないの
悲しい主婦のお正月さ!!
この三日間でかのんの目方はうなぎのぼりっ。

ソーセージ君のようにソファーに横たわりながら
もりっ、とくびれのなくなったオナカにつぶやいてみるのです。
ぽーにょぽーにょぽにょ さかなのこ~♪
まんまっるおなかっの・・・。 

・・・ふぉ~~~;;

ひねくれて~星をにらんだ~♪(タイガーマ○ク)涙。


あああっ、そうです、新年です!!
新しい一年の幕開けですよw
ぽにょはもうおいといて!

そういいながら新年初アップは
「去年のクリスマス何食べた?」であります。

え、気になりません?他人のクリスマス。

かのんのクリスマスディナーは
『オステリア・バッボ(osteria ba'vvo)』さんでいただきました~w

かのんと旦那様が結婚する遥か以前から
二人で大好きなイタリアンレストランです。
ええとかれこれ7年・・・?
ホントに最初に来たのが旦那様とだったのか冷や汗をかきながら
聞いてみたらどうやらそのようでした。あはは;;

いまではいろんな所に掲載されたり、いろんな雑誌に載っちゃったり
何かといろんなことが書かれてしまうこともあるようですが、

かのんこのお店好きなんです。
味とか雰囲気とか。自分に合うんです。それだけ。


この昨今の不況に逆行すべく・・・というかもう年末から
助走状態に入るべく、とはいえ
「清水の舞台から飛び降りる」キモチでこちらを予約!
25日のクリスマスディナーと相成ったのでした。

f0134769_0225140.jpg


先ずは前菜。自家製ベーコン&ソーセージ、ハムと野菜の盛り合わせ。

f0134769_0242858.jpg


パスタはフォアグラとトリュフの香りを効かせたキノコのオイルパスタ!!
かのんオイルパスタはちょっとニガテだったのですが
これはもうホントに年を越えた今でもはっきりと思い出せるほど
香りが高いの!!

むふぁ~vvv

f0134769_023458.jpg


伊勢海老のトマトソース。
昨年は「手長エビ」だったのですが、もう足の一本も残さず
硬い甲羅までしゃぶりきった記憶があります。

「もう!去年みたいなのだとカッコ悪いよ!かのん!!」

旦那様の心配をよそにむしゃぶりついていたかのんですが、
さすがに伊勢海老の装甲は硬く、
「今日はこれくらいにしといてやるか」ってな感じでかろうじて原形をとどめました。

f0134769_0254282.jpg


いわずと知れた和牛のグリル!

ここで思いがけないサプライズ、というかただの偶然なんですが
「いつか『バッヴォ』で食べたいメニューとか指定して、ディナーとかしてみたいよね~!
あ、そうだ!「リゾット」が食べたいな~w」なんて妄想していたかのん。

リゾット添えじゃないですか!!

おお、リゾット。この時には「添え物」としてのそれでしたが
ぜひ「トマトソースで」、一皿として食べてみたいです。

f0134769_02618100.jpg


自家製デザートの盛り合わせ。
「キャラメルアイス」の下にはさっぱりと「リンゴのシャーベット」。
クレームブリュレはまるで映画『アメリ』の冒頭に出てくる

「ぱりっ」

が楽しめます。(見てない人は是非見て~!!w)


食後にはコーヒー(イリ)か紅茶(マリアージュフレール)かエスプレッソ。

かのんは紅茶、旦那様はエスプレッソをチョイス。
最後の最後まで美味しくってニッコニコのクリスマスディナーでした。

新年に向けて不安な話題は尽きないけど、
これからも美味しいものを食べて、ブログも書いて、
自分自身の体調管理に気をつけながら
家族全員の無病息災を祈りたいと思います。

2009年もよろしくお願いします。

2009.1.3 かのん
[PR]
by caferepo | 2009-01-04 00:27 | 奈良北部カフェ
『パルロワカフェ』
Open : 10:00~18:00(土日祝~19:00)
Close: 毎週火曜日 第3水曜日
住所 :奈良市六条町106-6
TEL/FAX:0742-33-5336
県道9号線西ノ京病院前交差点「→薬師寺駐車場」西へ50M。

f0134769_13161794.jpg


この日は久しぶりに会うお友達とランチすることに!
オサレなお友達、なかなか庶民感覚あふれる我が家に
お連れするのは勇気が要りますよね!

そんなわけでかのんの大好きな『パルロワカフェ』に。

お店はR24、「ドンキホーテ」のある「柏木町」の交差点を西に。
突き当りまで行ったら、左折。(南へ)
少しいくと「西ノ京病院」の手前にガソリンスタンドがあって、
その手前の信号を右折。
橋の手前右手にあります。
お店の前が駐車場。ちょっと狭いけど、仲良く停めたら大丈夫。

f0134769_12443013.jpg


カフェレポでは何度か登場しているのですが、(前レポはこちら!)
いつ行ってもその空気感とか、ひたむきな感じに胸がきゅうっとなって
また来たくなるんです。いいカフェって、こういうことかな?

もちろんランチ(こちらでは「デジュネ」っていう)も美味しい。
スイーツも、店内売りのベーグルもすっごく美味しい。

f0134769_12432430.jpg


「冬野菜のあったかスープ」

当日にもかかわらず予約に応じていただき、
ご用意くださった席はかのんの大好きな「お寺の見える席」。
薬師寺の向こうに愛しの唐招提寺がちょこっと見える・・・。
冬には冬の、雨の日には雨の、その時々の景色が楽しめます。

f0134769_12433967.jpg


「十穀米入りハンバーグ ブラウンソース グラタンドフィノワ添え」
「自家製パン」

この自家製パンがたまらないの~!あつあつ~w

f0134769_12434895.jpg


「自家製デザート、コーヒーor紅茶」
週代わりのこちらのランチは1200円。

この日ご一緒してくれたのはMixiコミュ「Love奈良Cafe」のうちもちゃん、
そしてブログ「コンフィチュールな日々」でリンク頂いている
『confiture-fumi(コンフィチュール・フミ)』のフミさん!!
いつお会いしても楽しいお友達二人ですw

f0134769_12441981.jpg


お店にはかわいい雑貨もいっぱい!
フランスや北欧に直接買い付けにいらっしゃってるみたいです。
オンナノコのハートを鷲掴みですがな。

この日はちょっと曇り空だったせいか静かな午後・・・。
ご年配のご夫婦が仲良くランチにいらっしゃってました。
こんな風にみんなに愛されるカフェは幸せですねぇ・・・。


2008年12月22日(月)より25日(木)まで「クリスマスランチ」がスタート!
1日限定20食、1800円。23日は営業されてます。
26~28日は「冬休み」ですのでお気をつけください。

気になるのは31日に「年越しパーティー&ライブ'08-'09」があること!! 
20:00open(~25:00くらいまで)
チャージ¥2000(プチギフト&1ドリンク付)
トロンボーンライブ、ジャズライブなど盛りだくさん!だそうです。
そのまま薬師寺(この日は無料)にお参りに行くのも楽しいよね・・・。

f0134769_1244211.jpg


この日の失敗写真・・・。あえて晒しとこう;;
もうやだ、デジカメに持ち替えよう・・・涙。

2008.12.19 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-12-19 13:40 | 奈良北部カフェ
『KEBUN(クブン)』

奈良県生駒市北田原町2486-1
電話 : 0743-78-1128
営業時間 : 7:00~17:00頃(LO)
19時までという情報もありますが・・・。
休日 : 火曜日
禁煙スタイルβより
地図です


f0134769_1341451.jpg


たまに通るR163でずっと気になってたお店があります。
かわいいカフェのような・・・、ガーデニングのお店のような・・・。
あ、でも「コーヒー」ってノボリがあがってるし、やっぱカフェ・・・?

「気になるのに入れない」をずっと繰り返していたかのんですが、
ライターのAさんとの遠足をきっかけにやっと入れることにv

場所は国道163号線を大阪向きに。
「高山大橋」の交差点を通り過ぎ、ファミリーマートや「白庭台食堂」のある
交差点の手前、左手にあります。

お店の前が駐車場になってて結構広いw

f0134769_13421018.jpg


お店の中はバリ風リゾート!!
とても国道前とは思えないリラックス空間です。
おおきな窓から見えるのは「イモ山公園」の緑。
オープンテラスにも何個か席があって、こちらも気持ちよさそう!
(テラス席はワンコOKだそうです。)

「かっちり」したお店だと、なんか肩がこりそうですが
そうならないのはお母さんと娘さんのお人柄のせいでしょうか。
とっても気さくな雰囲気です。

f0134769_13422275.jpg


空間がバリ風ならランチもエスニック・・・。
1350円でコーヒー、デザートつき!「チキンのカシューナッツ炒め」。
このキッシュが・・・、キッシュがおいしいの!!
ごはんにお味噌汁ってのがなんかいい・・・。
この力の抜け具合が許容範囲の広さを生み出してる気がします。

f0134769_134233100.jpg


デザートも自家製でうまうまでしたw

店内のあちこちに不思議なオブジェが見られます。
二番目の画像に写っている白い花のようなものが見えますかねぇ・・・?

それはなんと「野菜の飾り切り」!!なんです。
かのんはほんとにお花かと思ってました。
こちらはお母さんの作品なのだそうです。

f0134769_13424641.jpg


国道沿いで、駐車場も広くって、
朝早くから開いてるのも魅力(焼きたてパンが食べられるそうな)。
家族でも、お仕事中にちょっと一息でも、ワンコでも楽しめる
ステキなカフェでしたw

2008.5.某日 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-12-16 14:15 | 奈良北部カフェ
2009.8.某日

『宇宙茶廊sora』さんは2009.10.31をもって「宙(そら)に帰る」のだそうです。

まだかのん美味しいランチを食べてないよ!!(涙)

それまでに絶対に行こう;;


f0134769_12504459.jpg


『宇宙茶廊 sora(そら)』

〒639-2141 奈良県葛城市弁之庄319
TEL 0745-69-7624 FAX 0745-69-7624
■カフェオープン・・・12:00pm~18:00pm 
■火・水 定休

宿題レポ消化第一弾はこの夏にお邪魔した『sora』さんです。
夏くらいに文章だけを作ったものなので、
若干時間差が感じられますが…。

書き直しません。(ゴメンナサイ)

こんな感じでボツボツとまたアップしていきますので、
地味にお楽しみ(?)くださいませ~w



ご無沙汰しています!!
なんかもう嵐のような毎日を過ごしている間に
更新がすっかりになってしまいました。

皆様お元気ですか?ドキドキ。

嵐と言えば、先だっての台風は皆様無事にお過ごしでしたでしょうか。(強引)
かのんその日お届け物をいくつかしないといけなくって、
奈良南部までお出かけしてました。

何でこんな嵐の日に?っていうか
奈良人にとって天災ってすごく意識が薄いよね?
それはかのんだけ!?

なんとなく時間があいてしまって、うーんと考える。

この際だからずっと行きたかった所に行きたいな!



「あっ、『sora』に行ってみよ。」

f0134769_12553796.jpg


そうもうホントにここはかのんの定休日病の賜物!
ホントに行くたんび定休日と臨時休業!!
なかなか縁がなかったのですが…。
よしいっちょ、行ってみっか。


高田バイパスに乗ってひたすら西へ、
南阪奈道路になる手前を側道に降りて二つ目(間隔狭い)の信号を左に。
突き当たりのT字を左折。狭い集落に入る手前、
右手に駐車場があります。
ちなみにお店は左手、車をおいてちょっとだけ歩きます。

山麓線と呼ばれる当麻の道の駅がある広い道路を南下。
南阪奈道路が上を通る「大田南」の交差点を通り過ぎ、
「セブンイレブン」のある「中戸鈴原」の交差点を
左に曲がっても行けます。

f0134769_125643100.jpg


折しもざあざあ降りの雨のなか、傘を差してトボトボ歩きます。
このあたりは古い集落で、古民家が多く残る地域でもあります。

集落を囲むのは雨に揺れる一面の稲穂。
二上山も近く、まさにちょっとしたひとり旅気分。
なんて浮かれてる間にも雨はざあざあ。

…これひょっとして

「あっ、今日は台風なのでもうおしまいですよ。
何でこんな日に来たんですか?」

なんてことに…なるかも…。



黒々とした立派な民家の前に立てば「open」の文字。
一人無言で小躍りのかのん。不審人物です。

f0134769_12575082.jpg


こんにちは~…、と引き戸をそっと開けると、
「はーいっ」と人の声。
すみません、まだお店、閉めたりしませんよね?
ドキドキかのんに「あっ、大丈夫ですよどうぞ~!」


よかったあ~(涙)


店内は土間があって、一段あがって見世屋の部分にカフェスペース。
ホントにずいぶんと立派な民家で、かなり広く感じます。
作家さんの器や雑貨もたくさんありました。

f0134769_1301328.jpg


照明を落とした店内にお客さんはかのんひとり。
格子の向こうには雨に濡れる通りや庭先の緑色。
ジャズのゆっくり流れるこの空間を独り占めなんて…台風万歳。


かのんがいただいたのは珈琲だけでしたが、
お昼はランチもしておられます。
これがまたヘルシーでオイシーらしい。
かなりの人気店なので予約必至。

f0134769_1258496.jpg


くるみの木同様、ご飯の予約はできてもお席の予約はできないので、
お昼より早めに行く方がいいですよ、とのなーさんアドバイス。

その時は移動雑貨屋『Basket m's zakka mart』さんが

「多肉植物、サボテン&アルミ、ブリキの古道具」展をしておられました。

2階にはアンティークのギャラリーがあったり、
そこここに作家さんの器が飾ってあったり、
奥では雑貨や服の販売もされていたり、
見ても楽しいところが所がいっぱいありましたよ。

f0134769_131156.jpg


お外に出れば雨はすっかり小やみになって、いい時間。
やっぱり雨の日にカフェはいいなあ、なんて思う
お一人様上級者(さぶっ)のかのんでした。




ちなみに2008年10月のランチメニュー(1260円)です。
すっごくすっごくおいしそうじゃない!?

さつまいものボタージュ シナモン風味
自家製がんもどき みぞれあんかけ
ごぼうの洋風炊き込みごはん
さといもの黄金焼き
ルッコラの白和え
切り干し大根のアラビアータ
なすびのマリネ
麦入りミネストローネ山椒風味
豆乳ゼリー バシルシード添え
珈琲or紅茶付き

今度こそ「友達と」!友達と行きたいです!!


2008.9某日 かのん

f0134769_1315763.jpg

[PR]
by caferepo | 2008-11-04 13:03 | 奈良南部カフェ
f0134769_026146.jpg


■「丸太工房」&「カフェ月うさぎ」

〒633-2423 奈良県東吉野村小栗栖125-1
TEL/FAX 050-5004-6194
HPはこちら
お店のブログです
ご予約とお問い合わせにより、お昼も夜もご用意できます、との事です。


皆さんお元気ですか?かのんは元気です。

えっと、ラストアップから1ヶ月…?

すんませんすんません、新しい仕事が忙しくて楽しくて!
なんて言ってる間に宿題は山積み、今にも埋もれそう。ふひ~!
ちょっとづつ、消化していきたいと思います。


実は『のら』さんと同時に行ってきたのがこちら、
『月うさぎ』さんです。

場所はこれまた東吉野!今すごく新緑がきれいだと思いますよ!
「大宇陀の道の駅」から阿騎野のゴルフクラブの方向へ。
道は途中狭いので、気をつけて走行してください。
不安になったらお店に電話!
お父さんが丁寧にていねいに解説してくださいます。


深い緑のトンネルを抜けて、
練習中のウグイスの声を聞きながら、
車はひたすら奥へ奥へ。

お店は予約制。
だいたいの時間と人数だけは
前日までにお電話してあげて下さい。
駐車場では心配したお父さんが待っててくださいました。

f0134769_0282951.jpg


この日はホントにいいお天気で、山の緑は綺麗で、
吸い込む空気は春の緑のにおいで。
このワクワク感は遠足みたいじゃない!?

吉野在住のお友達も「初めて来たわ~、いいねえ~!」


目の前にはどーんと大きな民家。
土間に入るとヒンヤリ涼しい。
開け放しのお部屋の区切りは「のれん」しかなくて、
大きな梁や柱が見渡せます。

大工仕事に興味のある旦那様と、これからリノベーションを考えてる友達は
興味津々のご様子でした。


どうぞ、とお膳で運んでくださったお料理は、
上品な味付けでありながら、素朴な、
素材の味がしっかり感じられる小品がたくさんついた和の御膳。

この日夜、消化に悪いこってり料理を食べてる体に染み渡りましたよ…。

f0134769_029424.jpg


おいしい美味しいと食べてる間にも、
芸術家の方、この吉野でムーブメントを興そうとしている方々が、
どんどん集まって、楽しく話し合っておられました。

think global,act localy ですな。
こちらでお会いした皆さんの楽しい企みについては
HPのなかの「森の月びと」の項をぜひ見てみてくださいw

やれることはたくさんある、
まずは目の前の小さな事から。
山の男達の熱い心意気に、なんだか私も何かしないと、なんて
前向きな気分になりました。


お店のことブログに載せてもいいですか、ってお聞きしたら
「いいですよ!どうぞ!」と、お店の前で仁王立ちのお父さん。
なんだかその真っ直ぐさが素敵で、シャッターを切ってしまいました。

山と空気と、お店のひとの心に癒される空間でした。
是非頑張って行ってみて下さいね。

大宇陀には温泉もあるし、パン屋さんや
すんげえリストランテ「ロアジ」もあるし、
なかなか楽しい所ですよ!

2008.3.某日 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-05-12 00:30 | 奈良南部カフェ
『パン工房のら』

〒633-2142
奈良県宇陀市大宇陀区田原859-1
電話・FAX 0745-83-0766
*定休日/毎週木曜日と月末の28、29日

下記まで電話かFAXで「パン工房のら」まで直接ご注文下さいとのこと。
全国どこでも発送。
前々日より仕込みのため注文は発送日の二日前までがベターだそうです。

地図です。多分…このへん…。

f0134769_0503741.jpg


吉野の桜の季節になってきましたね~!
花粉症の方にはつらい季節でもあるんですが、
かのんはまだ幸運にも発症していないみたいです。
…うーん、梅雨の時期に咳がヒドくなるのはひょっとして花粉症…?

お出かけの楽しくなるこの季節、
お友達のご実家のある奈良県は吉野郡に行ってきました!
…といっても少し前のことなんですが…;;(苦笑)
梅は咲き始め、人はまばらで、吉野はまるで桃源郷でした。
もうすぐしたら「千本桜」が咲いてたくさんの観光客で賑わうんだろうなあ…。

少し肌寒いけど、ポカポカな春の日差しのなか、
目指すは『パン工房 のら』です。

友達の家から車で10分!(わからんて)
吉野に行くとき、全ての基準になるのが「道の駅」なので、
『大宇陀の道の駅』をご紹介しておきます。


桜井から国道165号線を東に走ります。
キグナスのある「外山」のT字の交差点を右折。
国道166号線に入り、そのままずっと道なり。
トンネルを抜けて、「内原」のこれまたT字の交差点を右折。
すると10分も走らない内に右手に「大宇陀の道の駅」が見えます。

野菜や果物、おばあちゃんのお漬け物なんか、
すごくおいしいから是非立ち寄って下さい。
『のら』さんとは関係ないんですが、
ここで売ってる「黒豆パン」、マジで美味いです。

道の駅を行きすぎると、国道は370号線になります。
5分くらい道なりに走って、県道135号線のT字の交差点を左折。
ちょっと心細くなるくらい走ったったころに
目印のバナナの木が「左の上の方」に見えます。
冬は枯れてるのでお気をつけ。
ご近所さんの出入りに邪魔にならないように車を停めて下さいね。

f0134769_0511223.jpg


と、いうのも『のら』はパン屋さんのお店があるわけではありません。
ご自宅に石窯を据えて、
1日に20個くらいしか「焼くことができない」天然酵母パンを、
普段は希望する方にパンを発送されるか、
「道の駅」に委託販売しておられるのです。
かのんみたいに取りに伺いたい人は
よくよく『のら』さんのご都合を聞いてからお伺いください。

パンは二日前までに予約が必要。
(二日前でも予約でいっぱいの場合もあり)


やっとの思いでたどり着いた『のら』さんは
大きな梅の木が咲き始めで、
お家があって、パンを焼く石窯があって。
そのそばでは奥さまとお友達の陶芸家さんがお茶をしておられて、
なんともあったかで、のどかな風景。
まだホッカホカのパンを受け取って、しばし雑談。

f0134769_0532279.jpg


「夏はパン焼き、スッゴく暑いんじゃないですか?」

なんてお話させていただいたら


「いえいえ、僕なんかが暑いなんて言ったら奥さんに怒られます」とご主人。


奥様はなんと吹き硝子の作家さん!
すごい、ご夫婦で「火」を相手にしていらっしゃる。

お仕事のお邪魔にならないようでしたら、
と少しだけ工房と作品を拝見させて頂きました。
底がぽてっとしたグラスが大好きなかのん、
早速ひとつお買い上げです。

だってすごく素敵なんだもん!

奥さまの作品やお仕事に興味を持たれたら、
こちらも事前にお問い合わせ下さいとのことです。

f0134769_0521123.jpg



帰ってから頂いたパンは、ずっしりと重たくて、
ひとくち食べるとものすごく力強くて、まるで「ごはん」みたい!
酵母と土と火と空気と、全部が集まってその結晶がこのパンです!って感じ。
美味しいです、ホントに。是非また食べたい。



HP等はありませんので、電話がFAXにて注文になります。
2008年3月現在のパンのメニューはこちら。


<おしながき>
*硬いパン
…ライ麦/全粒粉各15% 各350えん
・カンパーニュ
・くるみ&レーズン
・いちじく&ナッツ
・チーズトマト

*リュスティック系パン
…焼くと外はパリっと中はしっとり 各350えん
・いよかんピールとナッツ
・甘夏ピールとナッツ(夏期のみ)
・のらくるみ
・オリーブとチーズとドライトマト
・オリーブとチーズと松の実

*パウンドケーキ 無塩バター、キビ砂糖
・ドライフルーツとナッツのケーキ 1300円
・バナナと胡桃のケーキ    1200円
・ごまケーキ    1200円

*ライ麦パン(夏期以外)
・ライ麦50 ライ麦50% キャラウエイ アニスシード 350えん
・ライ麦66 ライ麦66% キャラウエイ アニスシード ひまわり種
パウンド型1本700えん 1/2本350えん

・フロッケンセサム ドライフルーツ、ナッツ入りライ麦パン
パウンド型1本1100えん 1/2本550えん

・五穀パン 350えん
ライ麦、小麦、黒米、もちあわ、もちきび、玄米、そば、オーツ麦

*クリスマスシュトーレン 1500えん(12月)
*そば粉のビスコッティ 300円
*型焼きのパン(夏期以外)
・緑豆あんぱん 各1本700えん 1/2本350えん

*2007年11月22日価格改定
のらさんのお友達さんのHPより。
「シンプルな杉の家」を提案する建築士事務所のHPでもあります。


「焼き」の作業に入ってしまうと
お電話に出られないこともあるそうなので、FAXがベターかも?
5個以上購入ご希望の方はお電話で事前にお問い合わせが無難です。
(一日に焼ける個数が決まっているそうなので)

なんだか普段よりちょっと注意書きが多目ですが、
どうぞお気軽にお問い合わせしてみてください。


あ、余談ですが同じく大宇陀にあった「あんぱん」の有名な『きんぞう』が
閉店してました~~~!!
お店はその後フランスのお菓子のお店になるとかで…。
どこかに移転なんでしょうか;;
食べたかったなぁ~;;

2008.3.某日 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-04-25 00:54 | 奈良南部カフェ
『台湾料理 福』

電話番号:0742-63-5898
住所: 奈良県奈良市古市町1307-1-2
11:30-14:00、17:30-24:00 
年中無休
地図です。(gooタウンページより)
なんだか地図では国道169号線から奥まって書いてありますが
お店は国道沿いです。


奈良は夜が早い。
9時になんてなろうもんなら、どこもかしこもラストオーダー。
遅く帰った日には一体どうすりゃいいのよう!
そんなかのんが見つけちゃいましたよ。
夜遅くまで開いてて、美味しくって、
お財布もそんなに痛まなくって、
車で行けて、気遣いの必要なしのお店!!

f0134769_041252.jpg


かのんさん、疲れてるんですか?
ええ、疲れてます。癒されたいです。

4月から始めた新しいお仕事は
すっごく大変で、でも楽しくって、やりがいのあるお仕事。
かのんは(32歳にして)新入社員なので毎日ニコニコですが
他の(かのんより年下の)先輩社員さんは
毎日あくせくとがんばっておられます。

…とはいえなんだか体力を使うわけでもないのに
お家に帰ってご飯を食べては「ごめん、おやすみ…」と
野比のび太並みの寝つき。
新しい環境ってそれだけで体力使っちゃうんですね;;

ついに「ごめん今日晩御飯無理…」と
ぶっ倒れかのんが思いついたのがこちら。

『台湾料理 福』です!

f0134769_0402757.jpg


奈良県庁のある「県庁東」の交差点を天理方面へ。
169号線をひたすら南下。
紀寺、奈良病院を通り過ぎて、
マクドナルドを「かくかくっと」通り抜け、
まだ南下。
古市の辺りまで来ると黄色い、大きな看板がきっと見えるはず。
「台湾料理」の大きな看板。
広々駐車場にもひと安心。

まるで大衆食堂と侮るなかれ、
ほんまもんの台湾の兄ちゃんとおかあちゃんが作る
ホンマもんの台湾料理なんです。

それでいてリーズナブル。
なんと「台湾ラーメン」570円。

「坦々麺」「台湾チャーハン」、
そしてお店のおかあさんがオススメだと言う「酢豚」を注文。

かのんが食べた「台湾ラーメン」はナンプラーがきいてて
すっごく味わい深い。なおかつ、全然冷めないの!!(猫舌注意)
「坦々麺」は胡麻ダレの濃厚な事ったら。
お母さんオススメの「酢豚」は豚がとってもやわらかくって、
(パイナポーが入ってたけど)お勧めだけのことはあるな!って感じ。
「チャーハン」も疲れたかのんの舌には丁度いい濃さ。
(味の薄い「油メシ」みたいなやつは苦手なんです;;)

二人して無我夢中で食べちゃいました。

f0134769_042368.jpg


店内で飛び交うのは中国語のような不思議な外国語。
そういえばおかあさんもちょっと片言。
台湾語っていうのがあるのかと思っていたら、
台湾の公用語は「北京語」なんだって。

おかあさんに
「台湾で『おいしいです』ってなんて言うんですか?」
って聞いたら、「はお・すー」って教えてくれました。
「ハオ・チー」ではなくって「ハオ・スー」なのね。


ニコニコお母さんにオナカもココロも満腹になって、
大満足で家路に着きました。
イメージ的には夜中までやってる「中華料理屋さん」みたいな
気軽さで楽しめる、『台湾料理 福』。
ぜひ一度行ってみてください。

2008.4.10 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-04-18 00:38 | 奈良北部カフェ
『gateau・des・bois(ガトー・ド・ボワ)』

奈良市西大寺南町1-19-101
フリーダイヤル 0120-48-4588
営業時間
[5月~10月] 9:00~20:00
[11月~4月] 9:00~19:00
カフェ
[5月~10月] 10:00~19:30(LO19:00)
[11月~4月] 10:00~19:00(LO18:30)

■定休日 年中無休 (臨時休業あり)
近隣の駐車場で割引があるようです。
お支払い時に「駐車券」をご提示くださいとのことです。

f0134769_221409.jpg


ついにこの日がやってきました。
このひねくれ者かのんがこちらのケーキを頂く日が。

思えば「『La Coupe du Monde de la Patisserie
(クープ ドュ モンド パティスリー)』で、
1991年、日本人で史上唯一優勝を勝ち取ったお店!」と聞いてから
かなりの、か~なりの時間がたってます。

というのも、ケーキが、ケーキが…
主婦のお小遣いじゃ買えないんだもん!!

だだだってさ~、ケーキ一個500円以上したら
「たっ、高いですねっ…!」って焦りません!?
かのん正直びびりやさんなので、
入るまでにお財布何度も確かめちゃいました、ふうぅ。


今やJRユーザーのかのん、西大寺なんて通るのも久しぶり。
この日はたまたまご用事があって西大寺に降り立ったのでした。

お店は駅の南側、「奈良ファミリー」とは反対の方に降りてください。
階段を降りたら右に向かって歩いて、
踏切とは逆の交番のある路地に向かって曲がってください。
コンビニの向こうにみえるお店が目指す『ガトードボワ』です。

お店は一見して「かわいい!」という感じではありません。
だけど、「昔から変わらずここでケーキ作ってます」って雰囲気。

f0134769_222672.jpg


店内ではカフェも可能です。
お外からはお母様方が楽しそうにおしゃべり。

いいなあ…。

しかしケーキで500円~600円でしょう、コーヒーやら紅茶で500として…。
ケーキセットが無い限り1000円越えちゃう…?
ああ悲しい貧乏人。テイクアウトが精いっぱいです。

お店に入るととっても優しそうなお姉さんが「いらっしゃいませ!」。


あのすみません、この大会で一位のケーキ(「アンブロワジー」600円)と、
このあかくてかわいいの(「ラ・ヴィオレ」500円)をください。

「はい、合計1100円になります!」

ははぁ~(涙)。

f0134769_2224917.jpg


そう、この美味しいケーキを一人で食べるわけにはいかないの…。
うちには腹をへらせた旦那様が…、ってわけでもないのですが、
やっぱり一個のケーキを半分こってのもねぇ…。

「どうぞ」と持たせてくださったケーキの包みは、
まるで二個とは思えないほど厳重で、
いかに大事に持って帰ってもらいたいかがわかります。
しかも注意書き付き!
曰わく二時間以内に食べるべし、
自転車など縦揺れ厳禁…、などなど。

大事なケーキを美味しく食べてもらいたいって気持ちがよくわかります。
注意書きの通り、大事に大事に持って帰りました。


旦那様の帰ってきたのを待ってスイーツタイム!
つやつやのチョコレートはまるで宝石みたい!
「すごいねえ、すごいねえ」と二人感心しながらひと口。
つやつやのチョコとムースの内側にはムース、下のスポンジといい、
こんなに薫り高いチョコレート菓子を食べたのは初めてです。

f0134769_2231962.jpg


HPによると、
「ムース・ショコラ、ピスターシュのバヴァロワ、
フランボワーズのペパンの絶妙な組み合わせです。」だそうです。

(…すみません、「ピスターシュ」って何ですか…?)

「ラ・ヴィオレ」は酸味と甘味が最高のバランスでマリアージュ。

「すみれの香りのカシスのガナッシュ、クレーム・カシスに、
ショコラのムースと生地の組み合わせ。
カシスの甘酸っぱさとショコラのほろ苦さがベストマッチ。
口に入れた瞬間にすみれの香りがふんわりと広がります。(HPより)」

くおぉぉ~~~;;確かにこの値段分あるわ~…。
ケーキに込められた気合いと「愛」が透けて見える気がしました。
これはきっと他のケーキを買ってもすんごく美味しいと思う。

美味しいねえ~、と感動してるうちにケーキは無くなっちゃいました。

f0134769_2234241.jpg


あ、友達によると「ホールのケーキの値段は普通やで」とのこと。
記憶の限りでは3000円台とそうお高くないらしい。
このお店のケーキで誕生日なんて最高ですよね!
(HPの「イベント」ページをご参照ください)

確かに評判だけのことはある美味しいケーキでした。


後で聞いた話によると、「ラ・ギャラクシー」というケーキがあって
こちらも'97年「メートル・ド・パティシエ」世界選手権味覚審査一位、
特別賞受賞なのだそうです。

かのんが行った時にはもうすでに売り切れていたような…?;;

「アールグレイのムース・ショコラの中には、ココナッツのムース、
赤ワインに漬け込んだイチジクのセミドライ。
ベルガモット、ココナッツ、赤ワイン、香りにポイントを置いた
完成度の高い組み合わせをお楽しみください。(HPより)」とのこと。


いつか身の丈が長くなったあかつきには
気の済むまでこちらのケーキを食べてみたいもんです…。はあぁ;;

2008.3 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-03-27 22:06 | 奈良北部カフェ
2008年3月12日、西大寺にある
イタリアンダイニング『piano(ピアーノ)』にて開催されました
『コンフィチュールを使ったデザートバイキング』
に参加してきました!

f0134769_0471960.jpg


コンフィチュール(フランス語で「ジャム」の意味)は
もちろん『コンフィチュール・fumi』のフミさんによるものです。


『ピアーノ』は近鉄西大寺駅北改札を出てすぐ、
真正面にある「三和シティビル」の地下一階にあります。

前回は「ランチコース」だったのですが、
今回はなんと「スイーツバイキング」!!

え、なにこれ好きなだけスイーツ食べていいってこともしかしてっ!!
たまりまへんなぁ~☆

興奮を抑えつつ会場入りすると、
もうすでに色とりどりのスイーツがずらり。
テーブルには4種のコンフィチュールがスタンバイ。
赤色が鮮やかな「リンゴとラズベリー」「ニンジン&はっさく」
「リンゴと生姜」そしてなんと「ミルク」!!

f0134769_0484696.jpg


「ウェルカムドリンクです」と運ばれてきたのは
「伊予柑とマンゴーのコンフィのジンジャーエール割り」!

鮮やかなオレンジ色にびっくりです。
飲んでまた爽やかな甘味にびっくり。
果肉がいっぱい入ってて、ストローでは詰まっちゃうくらい!
(後で聞いたところによるとこのストローはマドラー用だったんだとか。恥)


今回fumiさんとコラボレーションされたのは
『ドゥーネ・ドゥ・ガトー』の神谷先生です。
コンフィチュールを使ったお菓子、
乗せたり挟んだりするのにぴったりのお菓子が
ずらりと並んだ会場はまさに圧巻の一言。
普段は「お菓子教室」が活動の中心なんだそうです。

大興奮の中、デザートバイキングがスタート!

f0134769_0494020.jpg


小さな「タルト」、
キャラメルとフランボワーズの「ギモーヴ」(生マシュマロ)、
いよかんのコンフィを使ったココナッツムースのケーキ、
あすかルビーのコンフィを使ったホワイトチョコのムース
プレーンなスコーン、
パプリカ、バニラ、プレーンのマカロン3種、

ピアノオリジナルレシピによる「セロリのパンナコッタ」。
「エビ」「キノコ」を載せたクラッカー。


書いてるだけでお腹が空いてきたよ…。

f0134769_0503049.jpg


最後のテーブルではフミさん自らがコンフィチュールを作る
実演を兼ねてデザートピザ作り!!
大きな銅鍋で色鮮やかなイチゴを煮詰めて、
ピアノさんご自慢の「石釜」で焼いたプレーンなピザにトッピング。


傷んだものや、出荷時期を過ぎた果物を使う通常の「ジャム」とは違って、
生で食べてももちろん美味しい、
フレッシュな果物を使った彼女のコンフィチュールは
最低限の加熱しか行いません。
「フルーツソース」より濃厚で、「ジャム」よりずっとフレッシュ。
「マンゴーと黄パプリカ」「人参とパイン」なんてラインナップも
野菜ソムリエの資格を持つ彼女ならではのコンフィチュールです。

f0134769_0521155.jpg


シックな『piano』の店内、スタッフさんによる
スマートなサービスに会場は終始和やかムード。

これから紫外線のますます強くなってくる季節、
「一日ひとさじのコンフィチュールでビタミン補給と紫外線予防を」
とってもわかりやすく、丁寧に説明してくださり、
美味しいだけでなく美容のためになるバイキングは閉幕しました。


『piano』のスタッフの皆さん、
『Donner du Gateau』の神谷先生、
もちろん『コンフィチュール・fumi』のフミさん、
本当にお疲れ様でした。
ご馳走様でした。


初夏にはまたコンフィチュールを使った
「ランチコース」のイベントも予定されているとか。
次回もぜひ参加してみたいと思います。

f0134769_0511987.jpg


『Ristorante&Cafe Piano(ピアーノ)』
〒631-0821 奈良県奈良市西大寺東町2-1-63 サンワシティービルB1
アクセス 近鉄奈良線大和西大寺駅 徒歩1分 
TEL0742-36-5616
営業時間 11:30~23:00(L.O.22:00)
※サンワ立体駐車場1,500円以上ご利用で1h無料、3,000円以上で2h無料。
pianoスタッフさんによるブログです。
パーティやイベントの様子、がんばってる横顔がステキですよw


『Donner du Gateau』
神谷先生のブログです。
レッスンやイベントの予定もこちらをご参照ください。

『コンフィチュール・fumi』
……under constraction.comming soon!!かな?

彼女のコンフィチュールが購入できるお店は以下の通りです。

奈良市【プリン80】
◆奈良市光明院町10 2F
◆0742-24-8003

西大寺【RISTORANTE CAFEpiano(ピアーノ)】
◆奈良市西大寺東町2-1-63 サンワシティ西大寺ビルB1F
◆0742-36-5616

桜井【buono(ボーノ)】
◆桜井市上之庄716-1
◆0744-43-7807

橿原【Artisan Chateau D'or(アーティザン・シャト・ドール)】(近鉄 八木西口駅前)
◆橿原市八木町1-9-4
◆0744-24-3181

橿原【apricot Cafe(アプリコットカフェ)】
◆橿原市常盤町435-5 2F
◆0744-24-6541

橿原【Lunch&Afternoon tea Hana(ハナ)】
◆橿原市葛本町501-2
◆0744-21-7588
[PR]
by caferepo | 2008-03-24 00:53 | 奈良北部カフェ