意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:奈良 ( 103 ) タグの人気記事

『SOLA』
住所 奈良県奈良市恋の窪2丁目1-8
電話 0742-35-1735
定休日不明
Yahooグルメより。地図あり。

f0134769_2532387.jpg


暗くなる時間が少しずつ遅くなってきて、
朝起きても鼻先が冷たくなくなってきて。

…春ですね!(まだちょっと寒いけど)

かのん春ほどワクワクする季節はありません!
まるで生命のプログラムに組み込まれてるみたいに、
細胞のいっこいっこが春を喜んでいるような気がします。


今年初めて「春のにおい」を嗅いだのはこちら!
カフェ『SOLA(そら)』です!

f0134769_2535219.jpg


またも「恋の窪」、かのんの実家の近くです。(それじゃわからんて;)
近くには「済生会病院」、「奈良県立図書館」があるあたりです。
『Minori Cafe(ミノリカフェ)』も実はこの近く。

昨年四月にオープンしたカフェだとか。
かのん全然気が付いてなかったよ~!近くなのに。


場所は国道24号線ドン・キホーテのある
「柏木町」の交差点を東に曲がって、まっすぐ。
「消防署」、「ゆららの湯」、「済生会病院」を通り過ぎたら、
踏切に差し掛かります。それを手前で左折。
そのまま道なりに進むと、「スーパー中村屋」があるのでその向かい!
「キリン堂」の手前にあるのがカフェです。

ちなみに隣は『WarM(ワーム)』っていうお花屋さん(ここも素敵)。
何気に通りかかった時にかのんの「ステキカフェアンテナ」に
ビビっとヒットしたんです。

駐車場はお店の前に二台ほど。
でもお隣がキリン堂だし心配ないかも?
(帰りには買い物をお忘れなく!)

f0134769_2544146.jpg


これまたお一人様、ちょっと夕方にかかる時間にお店に到着しました。

なんだか暖かみのある店内に夕陽がさしていい感じ。
店内では女性のお一人様が読書、
おじさん二人がのんびりお話し。

カウンターと、四人席が3つ、長テーブルに席が4つ。
お一人様でも入りやすい感じです。

かのんの頼んだスイーツはベイクドチーズケーキとホットコーヒー。
しっとり濃厚で美味しかったです。
抹茶シフォン、黒糖プリンなどケーキは全て手作りだそうです。
この他に蜂蜜トーストやキャラメルトーストなど!w

f0134769_30983.jpg


この日は見られなかったのですが、ランチがなんと850円から!
むむっ、これは是非ともランチに伺わねば!


ほわほわと暖かい夕日の店内、スッゴくかわいいひざ掛けが
用意してあるのに、ちっとも使えないほどの暖かさです。
あー、もう春なんですなあ~…。

お店の方はすごく優しい雰囲気のお姉さんひとり。
かのんも雑貨の雑誌を読みながらかなりゆっくりさせてもらいました。


お一人様でも、友達とご一緒でも、どちらも楽しいほんわかカフェ。
春のドライブに是非来てみてください。
佐保川や図書館が近いので、花の頃には楽しいと思いますよ!

f0134769_2551637.jpg


余談ですがかのん、この辺でもう一軒行ってみたいカフェがあって
それは『KINAKO(きなこ)』って言うんだけど…。
このカフェと住所が一緒なんだけど…。
も、もしかしてですか~…??;;;(滝汗)

2008.3.5 かのん

コメントにも頂きましたが、こちらのカフェは元カフェ『KINAKO』さんだそうです・・・。
(のんママさんありがとうございます!)
とっても行きたかったカフェだけに残念ですが、
こちらの『SOLA』も同じくらいステキです。
『KINAKO』を好きだった皆様も是非来てみてくださいね!

2008.3.6 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-03-06 02:58 | 奈良北部カフェ
『cafe giallo(ジアロ)パン屋うまる』

奈良市右京3-19-24 patio 1F
 TEL 0742-70-5073
詳しくはブログを。

今月25日をもって『ジアロ』『うまる』が閉店しました。



お気に入りのカフェが閉店してしまうのはすごく悲しい。

スタッフさんの意気込みが伝わるようなお店ならなおさらです。



いっぱいいっぱい書きたいことはあるけれど、

感傷的になってしまいそうなので、

それはそっとしまっておくことにします。



チーフしょうこさん、

シェフたつやさん、

小坊主さん、

お疲れ様でした!!

美味しいパン、美味しいランチをありがとう。



きっとまたどこかでお会いしましょう。

かのんは『ジアロ』も『うまる』も大好きでした!!

2008.2.26 かのん
f0134769_22141165.jpg


f0134769_22144496.jpg


f0134769_22151817.jpg


f0134769_22153963.jpg

[PR]
by caferepo | 2008-02-21 22:16 | 奈良北部カフェ
『K's Weck』
〒630-8222
奈良市餅飯殿町12番地
定休日は月曜と木曜
10:00~19:00


f0134769_0365244.jpg


去年の春にオープンした「ならまち夢CUBE」にあるパン屋さん
『K's Weck』に行ってきました!

週末の混雑したならまち、案の定カフェにもあぶれ、
パンの香りに誘われてたどり着いたのがこちら。

近鉄奈良駅からずっと商店街を歩いてくるとたどり着けますよ。

琉球硝子やオリジナルアクセサリーのお店を抜けて、一番奥。
かわいい鳥のマークが目印です。

f0134769_0384921.jpg


かのんここに来たら買おうと思ってたパンがあるんですよ!
それはつぶらな黒ゴマの瞳がかわいい「火星人のパン」!
足はちなみにソーセージです。
油断してると抜けちゃうそうです。かわいい。
アタマの中に詰まってるのは脳みそ…ではなく
濃厚なクリームチーズ。

あと「キノコの形のクリームパン」が美味しいらしいよ!
かのんが行ったときには残念ながら売り切れでしたが…。

美味しそうな「カヌレ」と「緑豆のバゲット」、
切らしてた「食パン」を購入。

帰ってから軽く温めて頂きました!
カヌレは外側パリッと、中はモチモチ~♪これは美味しい~!
バゲットもパリッとモチっとのなかに
甘く炊いた豆がいいアクセント!

f0134769_0374650.jpg


ううっ、また美味しいパン屋さんを見つけちゃいましたよ!!!

冬場のご来店は是非ともマメに扉を閉めてあげてくださいね。
冬の発酵温度の管理は大変ですから。

それにしても情報が少ない…。
ブログがあって「国産小麦」にこだわっておられるのは
わかるのですが…。
天然酵母なのかなぁ??

2008.2.10 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-02-17 00:39 | ならまちカフェ
カフェ南果の「プチ楽市」を辞して、ならまちに向かって歩きます。
足元はシャリシャリの雪、
上からは屋根で溶けた雪がまるで雨のように降ってきます。

お昼ご飯どこにする?

あっ、『こっとん』って
ハンバーグがすごく美味しいんだって!

『RAHOTU(らほつ)』でタイ料理とかさ?

あたし今度こそ『カナカナ』でエビカレーが食べたい!

いいねそれ、行こう行こう!


一行は一路『カナカナ』へ。ところが…。








f0134769_23283678.jpg

あっ、かのんちゃん病気でた?



まさかやでこれは。やっちまったなあオイ。




そうなんです、かのんが行きたいな、って言ったお店は
かなりの確率で『定休日』、『臨時休業』、『本日予約のみ』。
果ては『閉店』…。

(えーっと、『カナカナ』に行った方はご存知かと思いますが
2月6日~15日まで「冬休み」です。)

まあまあ!閉店したわけじゃないんだし。気を取り直して歩きます。


『パトリ』で「パトリカレー」を食べようよ!

ならまちを抜けて、「不自然な人だかり」に足止めされながら到着した
『パトリ』は案の定満席。

まあそんなこともあるよね。
お隣の『にこちゃん堂』でランチです。
えへへ、先週も来ちゃったんだけど。
何度来ても飽きない美味しいランチ。スバラシス。

ご馳走さまして、今度は雑貨屋さんでもまわりましょう。


あっ、かのん『エナメル卿』に行きたいデス。






f0134769_2328594.jpg

「なんという事でしょう。(劇的ビフォアアフター調で)」

そこにあったのは「CLOSED」の文字。





なんでなんでっ、こんなのアリ!?えーん!!
悲嘆にくれるかのん、友達が一生懸命慰めてくれました。

じゃあ『うららか屋』に…!



…あれ…?確かこの辺にあったはずだよねえ…?
うーんと…、お店、無くなってる…?











……………まじでか。





(なんと『うららか屋』さん2008年1月20日にて「閉店」されました…!)


もはや慰めてもらう言葉も虚しくて。

この日ほど自分の奇癖を恨んだことはありません。

えっと皆様、お店に行かれる前にはお電話で確認を!
可能な限り予約を!強くつよくお勧めします。


この日の一言

「かのんちゃんが定休日病だったおかげで
玉木宏君に会えたよ!ありがとう~!!」

そう、「不自然な人だかり」はドラマ「シカオトコ」の撮影だったのです。
かのんも「玉木宏君」を見ましたよ!


…だろ?(涙)あたしのお陰だってば。
(ちがうって)

2008.2.10 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-02-15 23:29 | 日々の泡
『南果-nanka-』 奈良市高畑町1331ー2
TEL&FAX: 0742(24)7466
OPEN 11:00-18:00
火曜定休 臨時休業有り
アクセス方法・・・ 市内循環・中循環『破石町』下車徒歩7分


先週末はすごい雪でしたね~!
お仕事場の窓がみるみる雪景色に変わって、
なかなか楽しい休日出勤でした。(涙)


嘘のように晴れ渡った次の日の日曜日、
カフェ南果さんの3周年記念イベント、
『プチ楽市』に行ってきました!

f0134769_23263715.jpg


長靴のようなブーツを履いて、
まだまだ残ってる雪をシャリシャリ踏みながら。
この日は初めて「JR奈良」からバスに乗って行きました~。
市内循環どこまで行っても180円。先払いなのでお気をつけ。

県庁を通り過ぎ、大仏殿を抜けて、
「破石町(わりいしちょう)」で降ります。

お蕎麦屋「観」を過ぎた次の角を左に曲がって、ずっと奥。
たくさんの雪だるまを数えて歩いて、
飽きた頃やっと『南果』の赤いのぼりが見えます。

雪に埋もれる長屋への道を、一心に雪かきしてくださったお姉さん
ありがとうございます。
お陰様で転けることなくカフェに着けました!


実はカフェでは定期的に「たかばたけ楽市」なる
屋外のイベントを催しておられるのですが、
今回は屋内!たくさん出店していらっしゃるのに一体どんな感じに…?

ドキドキしながら木の引き戸を開けると、
お店の中はすっかりマーケットになっていました。
まさに、「市」です。

こんにちは、今日は晴れて良かったですね!
いらっしゃいませ、ええホントですよね!
なんてお店の方もお客さんも笑顔笑顔!
お店もきゅうきゅう、お客さんもぎゅうぎゅうなのに、
みんなちょっとづつ譲り合いながら楽しんでます。
小さなお子さんもならって楽しそうでしたよ!


かのん、この日どうしても食べたいものがあったんです。
それは『たべものやちきん』さんの「ピタ3ドBOX」!!
リンクもさせて頂いている『ちきん』さん、
絶対お店に行きたくなっちゃうこと請け合いのブログはこちらっ!

もうあのちきんくんの絶品チャーシューの入ったピタと
ふわ卵エビチリのピタでしょう。これはもう買うしかないって。

コミュニティーにも参加下さってるちきん嫁さん、
ご店主のちきんくん、ちょっと涙ぐんじゃうくらい
しっかりお手伝いの長男「カイトくん」、
イラストで参加の「マルちゃん」。
皆様にご挨拶できて嬉しかったです。

f0134769_23291626.jpg


あと、『アッシュ』さんでバゲットとりんごの(ナントカ;)を購入。
二階では『ねこむらとうきてん』さん、『イリイリ』さんの
かわいい動物たちがお出迎え。
しかしながらたっくさんの人がちょっぴり苦手なかのんは
階段を上がったところで断念。ごめんなさいね。

『丙午(ひのえうま)珈琲』さんで「中川鰐珈琲」を頂き、
『菜一輪』さんで根菜のたっぷり入った「かす汁」を頂き。
体も暖まったしホントに野菜の旨味が感じられるお汁でした。
「中川鰐珈琲」に至っては、数日経った今でも
思い出して飲みたくなっちゃうくらい美味しかったです。


使い捨てじゃない器やお箸で頂くごはんは、
口当たりもやさしくって、何より環境負荷が少なくて、
自分がなにか一歩踏み出せた気分になりました。ちいさくても、一歩。

ごちそうさま、と器をお返しして、
また土間の靴の海を渡ってお外に出ると、きれいな晴れの日!
さてこれからどうする?時間はまだたっぷりあるよ~?

f0134769_2328016.jpg


ちきんピタはかぶりつきたいのをぐっと我慢して、
この日の晩帰ってきた旦那様と半分こ。
美味しいものは「ジョリイと僕とで半分こ」がうちの不文律。
かぷりとひとくち、あまりの美味しさに二人感動。
しばし無言になってしまいました・・・!

2008.2.15 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-02-13 23:30 | ならまちカフェ
『ならまち知路留』
〒630-8321
奈良市薬師堂町30-1
0742-24-4460
12:00頃~売切れ終了(だいたい15時頃)
電話でのみ予約可能。

営業は金土日月。
臨時休業の場合あり。来られる前にお問い合わせください、とのこと。
ホットペッパーに地図があります。

f0134769_0183798.jpg


最近とみによく「奈良」に来るようになりました。

えっ、奈良なんて庭じゃないんですか?って言われそうですが、
かのんは元々奈良南部人。
地元愛溢れるあまり、実家が奈良に移ったにも関わらず、
独りだけ帰ってきて一軒家で住んでたくらいです。
南部の人はわかるかもですが、
奈良に行くより大阪に行く方が楽だったんです。

奈良なんて二回も乗り換えないといけないし、めんどくさ~い。

そんなかのんが「京都奈良カフェレポ」なんて、
運命ってのはわからないもんです。

f0134769_0202380.jpg


あっ、前置きが長くなってしまいましたが『ならまち知路留』です。

こちらも初めて名前を聞いてから、
随分と時間が経ってるような気がします。
ならまち界隈を歩いてたら必ずと言っていいほど、
「あ、こんな所にあったんだ~」って毎回思うのに、
じゃあお店に案内してよ、って言われると
「ん~、どこだっけ。」ってわからない。

場所は近鉄奈良駅から歩いて20分くらい。
もちいどの商店街を抜けて、鰻の『江戸川』の前の道を渡ります。
『カフェバー界』を通り過ぎ、まだまだまっすぐ。
カフェ『(あっ、名前忘れた;)』がある角を
「奈良町資料館」の方に向かって曲がります。
沢山の赤い「身代わり猿」を見ながらしばらく道なり。
「蚊帳」を商う『吉田蚊帳』を見つけたらそのまま右折。
しばらく歩くと左手に「元興寺塔跡」があるので、
それを通り過ぎた「御霊神社」を左折。

f0134769_0193281.jpg


程なく左手に小さな看板とお店に通じる
ちいさな「路地」が延びてるのが見えます。
そう、道に面しているのはちいさな間口だけ。
あとはどんどんその小さな路地を入っていくんですよ!

これがまた、いい感じに曲がってるのでなかなかお店が見えないの。
「知路留まであと26歩です」なんて看板もあって楽しい。

お店は決して広くはありません。
引き戸を開けると土間があって、
靴を脱いであがると、お座敷になっています。
六人掛けひとつと、四人掛けがふたつ。
混んできたら仲良く相席の場合もありのようです。
予約して行った方がいいかも。

f0134769_021826.jpg


かのん達は予約したのと時間が早かったので、
中庭の見える一等席に座ることができました。

あ、これから奈良に遊びに行こうかなって方にアドバイス。
お昼は早めにとられるのがオススメです。
12時すぐはどこもすんなり入れるんですよ~。
これが昼を回ると、どこにも入れない事がありますから、
お気をつけ下さい。

小さな、それでも緑の綺麗な中庭を眺めながら少し待ちます。
あ~、私もこんなお家に住みたい!
でもあれだよ、冬は寒いんだよ~?
なんて勝手なおしゃべり。

f0134769_0214128.jpg


程なく持って来て下さったのは、
とってもあったか味のあるランチです。
素朴なんだけど、きちんと手間暇かけたお昼ご飯です。

いいよねえ~、こういうのって!
うちでも作ろうと思うんだけど、なかなかなんだよねえ~。
時間がないのを言い訳に、焼くだけ、茹でるだけ。
せっかく美味しいお野菜の土地に暮らしてるのに、もったいないねよえ。

お献立は、

ほうれん草のおひたし
若ねぎと豚肉の煮もの
キクラゲとじゃがいもの炒めもの
セロリの中華風味漬け
揚げ出汁豆腐

プチプチの雑穀入り十穀米ごはん
白菜と薄揚げのお味噌汁

メインに選べるのは「マグロのハンバーグ」か「鶏肉の八幡巻き」。

f0134769_023374.jpg


食後にはなんと「とろりんwわらび餅」。
これがモチモチで甘さ控えめで、美味しいの!
メニューは週代わり。1500円。

美味しいお昼ご飯の献立はぜひ上記のブログを
チェックしてお出かけくださいw

時間も忘れてのんびりしてしまいそうですが、
やはりならまちは週末の賑わい。
満席になってきたので早々においとまです。
ですがお店に急かされることは一切なく、
お席についたからにはゆっくりしていってください、って感じ。

床にはホットカーペット、ひざ掛けもあってぬくぬくでしたよ。

是非ならまち歩いて、路地を抜けて、
ほっこりぬくぬくしに来てみて下さい。

2008.1.27 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-02-06 00:25 | ならまちカフェ
『je et nous』
奈良市西城戸町24貝本ビル4F
tel&fax0742-26-1868
【営業時間】火金 11:30〜15:00)土日 11:30〜18:30)
(買い付けにより臨時休業する場合があります)
*HPにて臨時休業などのお知らせあり。
f0134769_1834163.jpg


南果にて琉球音楽のライブに行く途中立ち寄ったお店です。
実はお友達と「ここに行こう!」と思ったわけでも
なんでもなく、てくてく歩いてて、
「え、何このかわいい看板~!!?」って
偶然見つけて入ったお店だったりします。

JR奈良から三条通りを一つ目の信号まで歩いて、
そのままわたらずに右に曲がります。
角にあるのはカフェ『shima-shima(しましま)』。
(ここも行きたいカフェのひとつなんだよね~!)
ずっと歩いて率川神社を通り過ぎたらもう少し!
足元を見ながら歩いていると、
すんごくかわいらしい看板があります。
サイズもかわいらしいから気をつけて!
f0134769_1843425.jpg

最初見たとき「??お店はどこ…?」と見回しちゃいました。
お店は看板のすぐそばの雑居ビルの4階です。
古い、小さなビル、ドキドキしながら階段を登ります。

しかしこの心細いかんじどこかで…?
あっ、そや、『3rd place cafe』や~。
(noriさん見てますか)

あちらも大層急な階段を登るのですが、こちらも劣らない。
踊場に「もう少しですよ、頑張って」的な看板があるので、
頑張って登って下さい。
f0134769_185087.jpg

三階を過ぎたら、なんだか急に明るくなる感じがして、
顔を上げるとお店が見えました。

アンティークの小棚、小瓶、そして多分手作りの編み小物たち。

きいっ、と扉を開けると
もっとかわいい空間が広がってます。
その中でも目立ってるのは「鹿アイテム」!

おお、鹿。

最近は「シカオトコ」がテレビで流れてますが、
大変申し訳ないことにかのんは見てません。
あっ、奈良全域に鹿がいると思ってるあなた!
それは大きく間違いですので改めてください。
奈良公園と春日の山の中にしかいませんからねっ。

それはさておき、お店の中で
かのんのハートをがっちり鷲掴みにしたのは
「木でできた鹿形の鍋敷き」でした。

f0134769_1854767.jpg


ううっ、欲しいっ、でも最近買い物続きで
旦那さんに怒られ気味なので残念ながら我慢。
店内にある手作りのものは
お店にいらっしゃったご店主の手作りだとか。
全部そうなのかな…?
中には見てるだけで気が遠くなりそうな「編み物」がありましたよ!

えっと、今回お店の中の写真が無いのは
かのんがお買い物していないからです。
ええ、小心者なのでレジを通してもらうときに

「すみません、ブログに載せたいので
写真撮ってもいいですか?」とお聞きしてますので。

このかわいらしさは是非是非、実際に行って確かめてみてください。

かのんの中の「カワイイ」メーターは一瞬にして振り切りました。
あっ、ぼんやりしてると階段踏み外すから気をつけてね!!


2008.1.20 かのん

f0134769_1863731.jpg

[PR]
by caferepo | 2008-02-03 18:07 | ならまちカフェ
南果-nanka-
奈良市高畑町1331ー2
TEL&FAX: 0742(24)7466
OPEN 11:00-18:00
火曜定休 臨時休業有り

アクセス方法・・・ 市内循環・中循環『破石町』下車徒歩7分

2008年1月20日。
『カフェ南果』さんにて開催されました、
コウサカワタルさんのカフェライブ
『沖縄(うちなぁ~)のかけら 琉球印度』に行って来ました。
コウサカワタルさんのブログ
琉球の息づかいが感じられる試聴はこちら

f0134769_1755510.jpg


今年はカフェのイベントにいっぱい行ってみたいんです!
今回はその第一弾って事でv

当日は残念ながら雨模様。
んっ!?かのん最近何をするにも雨じゃない?あれっ??

お昼にJR奈良駅からお友達のお家に寄って、そこから歩いて歩いてあるいて。
ライブは三時からだったので、寄り道しまくりの道行きでした。
かわいい鹿のモチーフの雑貨、アンティークの『je et nous(ジュエヌ)』、
ランチに『にこちゃん堂』、
上質なミッドセンチュリーアンティークの『MLP shop』、
これまた北欧雑貨とアンティークの『DEAR DEER(ディアディア)』、
お隣のアンティークアクセサリー『満月アンティーク』。
すっごい、宿題いっぺんに貯まっちまいましたよ。
ちびちび頑張ります。

雨もあって人通りの少ないもちいどを抜けて、ならまちを歩いて、高畑町へ。
ここまで歩くとさらに閑散とした通り、
わざわざ歩いてるのなんて近所のおばあちゃんだけですよ。
時間が近くなってきたので『満月アンティーク』を辞して
カフェまでまた歩きます。

有名なお蕎麦屋さん『観』を南に行き過ぎたすぐの曲がり角を左折。
住宅街に入って、どんどん進みます。
あれ?まだ着かないの?と、不安になった頃
『南果』の赤い「のぼり」が見えます。
なんだか懐かしい長家の並び、一番奥が目指すカフェ。

こんにちは~、と引き戸を「からからっ」と開けると、
すでにアーティストさんを中心に皆さん和気藹々と歓談。
いいねえ、なんか近くって。まるでご近所の寄り合いみたい。

始まる前にとっても沖縄なお料理とドリンクをご注文。
かのんは「オリオンビール」と「ラフテー(豚の角煮)」
友達は同じく「オリオンビール」と「冬瓜スープ」。
テリっ、プリっとした角煮はもう絶品!脂身がモチモチなんです!
ビールも最高!
ホントはメニューの泡盛飲みたかったなあ~、飲めればだけど。
かのんはアルコール、実はとっても弱いんです。
缶ビールなんか一本で「たいへんゴキゲン」な状態になるので。

f0134769_1755466.jpg


少し小ぶりのギターで始まった演奏、
インドの弦楽器「サロード」を交えながらゆるり琉球音楽。
真冬の長家は寒い寒い!
真ん中で灯油ストーブがちんちんと冬瓜スープを温めます。
にもかかわらず、音が呼び覚ますのは「南のくにの風」。
あの湿った空気と、明るい太陽と青い海。
ホントに沖縄に来たかのような時間が流れていました。

幕間にちょっとした雑談をされるのですが、
これまたいいかんじにユルユル。
かのんも結構な時間お話しするチャンスに恵まれました。

「奈良はね、不変な感じがする。
みんなが奈良を好きな気持ち、わかります」

沖縄の空気をそのまま連れて来たような語り口で仰っておられました。

f0134769_17562717.jpg


演奏が終わって気が付くと外はすっかりまっくら!
いくら手足をこすってもさっぱり暖かくならない悲しい冷え性ふたり。
手袋を片っぽづつして帰りました。
コウサカさんは雪が降ったらいいのに…、って言ってたけど、
ホントに寒かったんだから!


このあとお友達オススメのお店を目指したんですが…。
「大丈夫!閉まってるとこ見たことないから!」
と行ったお店は


「20日のみ臨時休業させて頂きます」



…まじ号泣のかのんに空から白い贈り物。
この日はホントに寒かったんですよ。

2008.1.20 かのん

あ、そうそう、2008年2月9日(土)~11日(月)11:00~16:00
南果さんにて『南果3周年記念 プチ楽市@南果1F2F』が開かれます!
マイバッグ、マイ風呂敷、マイタッパ、
マイカップ持参でご参加ください、とのこと。
美味しいものを食べて、素敵なものに囲まれながら
これからのこと、自分のこと、地球のことを
考えられるといいですね。
[PR]
by caferepo | 2008-02-03 17:57 | ならまちカフェ
f0134769_2038405.jpg

『relax living(リラックスリビング)』
〒630-0135 奈良県生駒市南田原町1051-23
TEL:0743-71-9222 FAX:0743-71-9223
営業時間 11:00~20:00 
水曜、第1・第4火曜 定休


最近は北欧雑貨や家具、すごく流行りですね!
色鮮やかな配色、機能的でありながら斬新なデザインに、
いつも目が覚めるような気持ちにさせてくれます。

この日はお友達を連れて「木津雑貨巡りの旅」。

お昼からフィンランド雑貨の『aurinko』、
アンティーク家具や小物が所狭しと並ぶ
Charlie's collection(チャーリーズコレクション)』、
和雑貨の『Lier幡』、
アンティーク雑貨とアクセサリーの『アルカイックカフェ』。
ちょっと喉が乾いたので『人と木』でお茶。

全部車で20分圏内ですよ!
木津遊びもなかなか楽しいじゃないですか?

奈良南部のお友達だったので、せっかく北部まで来たんだし、と
生駒まで足を延ばすことに。

かねてから行きたかった『リラックスリビング』へ。

こちらは北欧ブランドを中心とした雑貨屋さんです。
『aurinko』とマリメッコやイッタラはかぶるかな。

お店は木津からだと163号線を走って国道168号線を生駒方面に曲がり、
うねうね道を抜けて、「ザ・シューズ」、「業務用スーパー」の見える
大きな交差点を直進!したらすぐに右手、反対車線側にお店が見えます。
対向車に気をつけて曲がってください。
お店の前が駐車場。
近鉄生駒駅からバスも出てます。


もうお店の外観が見えた辺りからテンションは針振り切っちゃいます。
だっておっきな窓からキュートで
カラフルでポップな雑貨が見えてるんだもん!
f0134769_20393861.jpg

わぁ~何これめっさ素敵!しかも二階建てですよ。二階まで雑貨ですよ。

柳宗理の調理器具、ゴミを捨てたくなくなっちゃうゴミ箱、
油を直接触っても平気なミトン、
シンプルなのに存在感のある椅子や照明たち。

あっ、冬限定のムーミンマグ「スノウ・ランタン」もあったよ!

しかも冬バージョンの雑貨は(それに限らないけど)今セール中!!
興味のある人は急いで。

f0134769_20401869.jpg

もう本当に、全部ください…。このお店ごと全部…。(涙)


そんな気持ちをグッとこらえて、
欲しかった「柳宗理のフライパン」を購入。
4000円とリーズナブル。

雑貨の好きな人は是非来てみて欲しいです。
友達のプレゼントに悩んだらここに来てみるといいかも!
センスのいい、素敵なプレゼントができること請け合いです。
f0134769_2040543.jpg

2008.1.19 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-01-19 20:41 | 奈良北部カフェ
f0134769_2353811.jpg

『秋篠の森 食の円居(まどい)なず菜』
〒631-0012 奈良市中山町1534

営業時間
昼 11:00~12:30 (2940円/3990円のコース)
13:00~14:30 (2940円/3990円のコース)
夜 19:00~21:00 (3990円/5775円/7350円のコース)

お食事のご予約はこちら。
(受付時間 9:30-11:00/15:00-18:00)
TEL:0742-52-8560
FAX:0742-52-8561まで。

※完全予約制(予約は前日まで。)
※火曜・第3水曜定休(月曜日の夕食はお休み。)
f0134769_2363614.jpg


あけましておめでとうございます。
今年も『カフェレポ!』をよろしくお願いします。

さて年明け最初のレポは
かのんがずーっと、すんご~く行きたかった
『秋篠の森 食の円居(まどい)なず菜』です!

しかもこの日は旦那氏と!!うひょほ~い、何ヶ月ぶりですかっ。
土日が休みのかのんと、平日が休みの旦那氏は
お休みが合うことなんてめったにないんです。
脱お一人様!


お店はならやま大通り、「押熊」の交差点を南下、
『PAO』『Shanti』『DAY BY DAYⅡ』を通り過ぎ、
T字の交差点を近鉄西大寺駅に向かって左折。
するとすぐ左手に橋が見えるので、
見落とさずに左折して渡ってください。
突き当たりのこんもりとした森が『秋篠の森』です。

看板もとっても小さいので気をつけて。
右手にあるのが第二駐車場。
上にあがる第一駐車場への道は見つけられず。ごめんなさい。
でもその正面にあるのが『なず菜』に近い入り口なので、
これはこれでよいのかも?

f0134769_2335913.jpg

とっても趣のある、まるで雑木林の公園に来たみたいな
木の階段を上がったらお店です。

こちらは奈良ではカリスマ的とも言えるカフェ、
『くるみの木』を作った石田由起子さんがプロデュースされた空間です。

1日二組限定のゲストハウス『ノワ・ラスール』、
季節のもの、地のものを美味しく頂くことにこだわったレストラン『なず菜』、
雑貨や服、素敵な家具もある『月草(つきくさ)』。

これらを囲むのは静かな雑木林。

かのんが行った日は雨だったので、
なおさら冬の静かなお庭を堪能することができました。
お店を、その周りの空間ごと創るなんてホントにすごい。
何かの折りがあれば是非宿泊してみたいです。
f0134769_237314.jpg


『なず菜』は予約制。2940円と3990円のコースの二種。
しかも11:00もしくは13:00スタートのランチどちらかです。

うーん、すごいっ。

お昼は少し軽めに…って思ってたので
2940円のコースを13時からお願いしました。

少し早めに着いて、『月草』でお買い物して、時間には『なづ菜』へ。
年配のグループさんから若いお友達同士まで幅広い客層。
ほぼ満席です。

靴を脱いで、ふかふかのルームシューズにはきかえると
暖かい本物の暖炉のあるお部屋、
大きな窓からは冬の風景がまるで借景のように広がっています。
f0134769_2384360.jpg


この日のメニューは

・かぶら餅のあんかけ 早春の野菜添え
・菜の花の辛子和えと鯛の子煮
・数の子と大和真菜の葛うどんパスタ
・焼き帆立と青海苔のジュレ
・田つくり、芹、牛蒡のかき揚げ
・海老芋の梅じそ揚げ
・太刀魚の梅肉巻き揚げ
・雪ノ下
・ごはん 浅井農園「ひのひかり」
・味噌汁 なめこ茸 三つ葉
・香の物 紅芯大根 長芋 胡瓜
・干し柿の寒天自家製白玉添え
f0134769_23101633.jpg

f0134769_23112649.jpg

f0134769_23115975.jpg
f0134769_23123336.jpg

f0134769_2313162.jpg

f0134769_23141086.jpg
f0134769_23152128.jpg

f0134769_23155331.jpg

f0134769_23163216.jpg
f0134769_2317473.jpg

す、すみません;タグとか使えなくって・・・;;

どれも素材の本来もってる旨味とか、甘味とか、
時には苦味もちゃんと味わえるお料理で、
しかもちゃんと意外性や趣向を凝らしたものでした。
なおかつ、お腹いっぱい~!!


美味しかったです、ご馳走さまでした。と、お外に出ると
ふいに雨と土の匂い。
枝だけの冬枯れの林はいかにも寒そう!
だけど枝の先にはしっかりと新芽の準備。
f0134769_23181456.jpg


早く春にならないかな!
冬は大好きな季節だけど、
冬にあっては春を思うかのんなのでした。

あっ、余談ですがこの日はかのん3年目の結婚記念日でした。

2007.1.12 かのん
[PR]
by caferepo | 2008-01-17 23:24 | 奈良北部カフェ