意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

『たなか家(旧:田中製麺所)』京都綴喜郡井手町伝説のうどん再オープン!

『たなか家』

営業時間:10:30~14:00まで
定休日 :第1・第3・第5土曜日、日曜日
     但し祝日も休む場合あり。店頭のカレンダーにて掲示してます。
住所 京都府綴喜郡井手町玉ノ井20-1
TEL:非公開
食べログより。地図もあり。

f0134769_1575832.jpg


突然ですが!

かのんとってもバイクが好きであります。


21の頃パパやママに黙って免許をとって乗って以来(良い子は真似しないように!!)、
ずっと二輪に跨ってきた34歳です。
バイクですか~、いいですね~、気持ちいいでしょう?なんて言われますが、
現実そんな事は「ほんの一瞬」だけです。

ヘルメットのせいで髪はくちゃくちゃ、排気ガスを浴びるせいで
どんなにオシャレして乗ってもあっという間に真っ黒!鼻の下も真っ黒!!
走り出せば車には邪魔にされ、
停まれば足の間からエンジンの熱がもわもわ…。


あっついねん!!(怒)



そんなに大変なのになんでバイクに乗り続けるのか。
それはその「ほんの一瞬」がとんでもなくすんばらしいからです。

木津に引っ越してからというもの、バイク友達と連れ立って
ツーリングの機会はめっきり減ってしまい、
もっぱら一人さみしくふらりと出掛けるばかり。
それももちろん楽しいけど、みんなでわいわい、ツーリングが懐かしい…。


そんなかのんに!お声をかけてくださったのが
お店にご夫婦でバイクに乗って来られたお客様。




「美味しいおうどんを食べに行くんですよ、かのんさんも一緒にどうですか?」

もももちろんよろこんで~~~w


f0134769_158522.jpg


そこで連れてって頂いたのがこちら!『たなか家』さんです。

なんでも元々は宇治田原のほうに『田中製麺所』として営業していらっしゃったのだとか。
かのんは知らなかったのですが、口コミグルメではかなりの評判、
遠く県外からもファンの方が駆けつける超人気店だったそうです。
しかし不法駐車や近隣とのトラブルにあえなく閉店。
この度場所を変えて、お店も広くしての再オープンになったのだとか。
おいでの際には少し離れてはいますが、駐車場を利用くださいね。
くれぐれも近隣のかたのご迷惑にならないよう、僭越ながらお願いいたします。

JR玉水駅からも歩けるみたいで(328m)、電車の来店もいいかもですね。

お店はR24号線を奈良から向かうと、「玉水橋」という交差点を越えてしばらく、
大きな木とお地蔵様を越えた辺りにある、T字の交差点を右折。
側道に入らず、そのまま真ん中の道を進んでください。
ちょっとした山道を「よいよい」っと進むと、右手に未舗装の『たなか家駐車場』が。
そこに車を停めたら山道を登っていって、ちょい広めのまたもT字路、
左に曲がってすぐに『たなか家』があります。




かのんが連れてってもらったときには
時折小雨のぱらつく微妙なお天気だったにもかかわらず…、すごい長蛇の列です。

お昼より前だったのに!すごい。


お店は讃岐うどんそのままのスタイル。
入ってすぐのメニュー表からオーダーして、並んで進みながらお皿を取り、
トッピングを選んで、サイドメニューをうけとり、おうどんをトレーに載せて最後にお会計。

「かけうどん」の「小」はなんと400円!特大にしても650円。
「きつねうどん」「てんぷらうどん」「あつあつぶっかけ」「釜あげ卵うどん」「冷ぶっかけ」。
おうどんの味をダイレクトに楽しみたい向きには「生うどん」なんてのも。

「あつひや」も「ひやあつ」も選択できます。
(ダシがあったかくって、おうどんが冷たいの、とその逆)
トッピングにてんぷらなんてすごく美味しいの!しょうが天もあったよv

おいなりさんとか、サイドメニューを選んでお会計。


かのんのおうどんは「冷ぶっかけ」と「まいたけのてんぷら」と「なすのてんぷら」。

f0134769_20348.jpg


あ!例によって写真は実は食べかけです;;ほんとはもっとおうどん入ってるのよ~;;

つやつやのおうどん、一口すすれば口の中でうどんが「ぷりぷり」と踊ります!!


おおお~~~!これはまさしく讃岐うどん!!ハラショーw



店内は広々、さっき上った分木津川が見えるくらいの眺望が楽しめるテラス席です。
どうやらお店が満席で列ができてるというよりは、
ひとりひとり麺をゆがいて渡していくので時間がかかっているという感じ。
ご店主のこだわりのカタチなんですなぁ…。

これを書いている今もここのおうどん、食べたくって仕方ありません。
遠方からでもこのうどんを求めてやってくる人の気持ちがわかりますわぁ。


写真はこの日のかのんの相棒。またぜひ、ツーリング誘ってくださいねw

f0134769_21175.jpg


2009.5.某日 かのん
[PR]
by caferepo | 2009-06-13 02:03 | 京都南部カフェ