人気ブログランキング |

意外と穴場の京都奈良の県境、実は素敵なカフェがたくさんあるんですよ。


by caferepo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お蕎麦とうどんではどちらがお好きですか?
かのんはうどんです。(きっぱり)

第一蕎麦はお高い。
値段もそうだし、なんだか蘊蓄が長そうだし。
(要するにひねくれ者なんですか?)
「うちはツナギ少ないから」なんて言われて、
バサバサのボロボロの蕎麦、
ツユは甘すぎたり辛すぎたり。

これで1,000円も取られた日には
「冷凍うどんの方が美味しいよ~!」なんて
心の中で叫んじゃう訳ですよ。

こんなかのんにでも分かるくらい美味しいお蕎麦は実は存在します。

以前レポさせて頂いた大和高田にある「そば小舎」さんがそうです。
お高くない所もまたステキ。(ザル一枚650円。)


えっとこれまた前置き長くてすみません、
かのんの「目からウロコ蕎麦屋」が
もう一軒見つかったお話でございます。
f0134769_22305566.jpg

お店はなんと木津。24号線から
JR木津駅の方に向かって交差点を曲がります。
駅の前を左に通り過ぎ、そのまままっすぐ。
踏切を渡ってドン突きの信号を右折。
今度は線路をくぐって
(ここだけちょっと道幅せまいので気をつけて)
「御陵神社」の前を通り過ぎてまっすぐ。
「高石リース」の看板を過ぎると
もう閉店したレストランが実は第二駐車場!

これを過ぎると程なく左手に『漉(ろく)』という看板と
「そば」ののぼりが見えるはずです。
ちなみにお店の横にも駐車スペースが三台ありますが、
お昼時は早くに埋まってしまうので注意。

明るい店内にはジャズが流れてて、とってもいいかんじ。
四人掛けの席が二つと八人掛けの大きなテーブルがひとつ。
どうしても行きたい時には予約が賢明かな。
f0134769_22313985.jpg

ランチ的なお膳は1380円の「漉御膳」のみですが、
もちろん蕎麦の単品も頼めます。
盛り蕎麦750円。ざる850円、天ざる1500円。
スタンダードなものが数種のシンプルなメニューですが、
「イイ焼酎」が結構種類があって、
「蕎麦で一杯」なんて粋なこともできそうです。

かのんはお昼時に実家の母と行ってきました!
二人で「漉御膳」。(何食か限定だったと思う)
母は温かいお蕎麦、かのんは冷たいのを注文。

「茨城県産の蕎麦を使用しました」と
持ってきてくださいましたお蕎麦、

ツルリと一口「美味しい!」

キリッと締まったお蕎麦は本当にシコシコで、
ダシもこれまたいい塩梅。
一緒に付いてる小鉢も味付けがとっても上品です。
この日は「出し巻き卵」と「小芋の湯葉あんかけ」でした。
f0134769_22321946.jpg

蕎麦は誰にも愛される二八。
季節や気候によって使用するそば粉を
変えておられるようです。

食べ終われば「蕎麦湯」を出してくださいます。

あれってかのんいつも迷うんだけど、
ダシに入れてのんだらいいのかな?
それとも白湯みたいにしてそのまま?
蕎麦通の方のお返事お待ちしてま~す。

意外や意外、木津にある蕎麦の名店『漉(ろく)』
蕎麦好きの方もそうでもないって方も、
これは一食の価値ありですよ!


『手打ち蕎麦 漉(ろく)』
〒619-0214
京都府木津川市宮の裏95-19-1
0774-73-1766
営業時間 11:00~14:00
17:00~20:00(LO19:30)
定休日 火曜日
(月曜日の午後の営業はお休みです)

食べログの地図より
by caferepo | 2007-10-19 22:33 | 木津カフェ
おうどんとお蕎麦ではどちらがお好きですか?
かのん断然うどんのほうが好きです。
しかも好きなのは「カ○キチの冷凍うどん(5食入り)」です!

そんな事はさておき、蕎麦です。

旦那様が蕎麦好きなので食べる機会は多いのですが、
「美味いと評判の蕎麦屋」に行っては、なんだか蕎麦が口の中で
がさがさボソボソぶつぶつ、つゆは甘いわ辛いわで、
ちっともいい思いのないかのんです。

先だっての長野行きの時も、旦那様のおばあちゃんが
「オレ蕎麦なんかボロ食ってるみてェで好きじゃねェだ。
ラーメンのほうがうンと好きだ。」
と仰っておられて、なるほど!と思いました。

ですが、そんなかのんの目のウロコを
ぺりりと剥がす蕎麦屋が現れましたよ!
f0134769_2113297.jpg


またも地元奈良県は大和高田市『そば小舎』です。
最近地元愛なんじゃないの、かのんさん?
いやいやほんと、かのんだけじゃなく
一緒に行ったチャッピーちゃんもお墨付き。
実は津々浦々「美味い蕎麦」を食べ歩いている彼女が、
「あたしいろんなところで蕎麦食べたけど、地元でこれ
食べられるんなら、他所に行く必要なんて無いと思うわー。」
と賞賛するお店です。

商店街近くの小さなお店、大きなテーブルが一つだけ。
お父さん一人で蕎麦から接客までこなしています。

まだちょっと「ざる」の美味い季節には早い初夏、時間も早かったせいか、
お客はかのんとチャッピーちゃんの二人だけののんびりとした店内です。
ざる蕎麦650円を注文。
大盛りは1,000円(この大盛り、きっちり量が2人前)。
挽きたて、打ちたて、ゆがきたての3たてのお蕎麦、
出てくるまでにはちょっと時間がかかりますが、
そう急く用事も無いのでのんびり待ちます。
f0134769_2115491.jpg


お待たせしました、と持って来て下さったお蕎麦は
つぶつぶがありながらも細くって、なんと半透明です。
ほー、これが~、と「つゆ」をつけずに一口つるり。
すごーい、きりっと締まったお蕎麦はつるつるのしこしこ!
美味しい水と、蕎麦の味がします。

わー、これおいしい!
「蕎麦は口にあわねぇ」と思ってたかのんだけに、
蕎麦を誉める言葉が見当たりません。

こんなにのど越しがいいのに、「つなぎ」はほとんど使っていないのだとか。
つゆもまた美味しい!甘くも無く、
もちろん辛くも無く、口の中に変な味が残りません。
薬味は葱、大根オロシ、山葵。テーブルの「ゴマ」はかけ放題です。
食べ終わった後にあんまり美味しくって、
蕎麦湯も入れずに「つゆ」まで飲んじゃいましたよ!

二人で美味しいおいしいとおおはしゃぎするも、
お父さんは薀蓄を披露する訳でもなく
お店の端っこでニコニコするばかりです。

そうこうしているうちにお客さんが2人1人と入ってきて、
あっというまに大忙しでした。
f0134769_2121852.jpg

奈良に美味い蕎麦は無いと嘆く前に、一度食べに来てみてくださいな。
かのんにとっては目から鱗のお蕎麦屋さんでしたよ。
あっ、写真の蕎麦はかのんがかなり食べてます。
これで一人前じゃないですよ~!!

付近に駐車場はありません。高田サティに停めるか、
近鉄南大阪線「高田市駅」から歩いて5分といったところです。
HPの地図をご参照ください。

『そば小舎』
奈良県大和高田市片塩町14番5号
TEL:0745-52-5755
木曜日定休
AM11:00~PM6:00
by caferepo | 2007-05-13 21:03 | 奈良南部カフェ